659件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

で、例えば本市におきましては、今、オガーレにつきましても株式会社おがに指定管理をさせてございますが、そこであがった収入につきましては、すべて会社収入であります。で、それと同様、この体育施設につきましても、市の体育協会、指定管理者である市の体協に指定管理をさせて、なおかつ利用料金制をとってございます。

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

ことしはオープンだったので、7月・8月はいろいろな形でかかわったと思いますが、今後も株式会社おがに対して、市は支援し、かかわっていくのでしょうか。もしそうだとすれば、どのようなかかわり方をしていくのでしょうか。  以上、1回目の質問といたします。よろしくお願いいたします。 ○議長(吉田清孝君) 答弁を求めます。

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

あと、調理方法を教える人につきましては、魚関係であれば出品者の漁師さんが店頭に立ってご説明をしている場面等も見かけておりますし、一部掲示されている部分も改善されておりますが、まだまだ不足していると思いますので、この点については株式会社おがの方と打ち合わせしてまいりたいと思います。  

男鹿市議会 2018-06-11 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号

専決処分について  議案第56号 平成30年度男鹿市一般会計補正予算(第2号)について  議案第57号 平成30年度男鹿市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について  報告第2号 平成29年度男鹿市一般会計継続費繰越計算書について  報告第3号 平成29年度男鹿市一般会計繰越明許費繰越計算書について  報告第4号 平成29年度男鹿市下水道事業会計予算繰越計算書について  報告第5号 平成29年度株式会社

男鹿市議会 2018-05-02 男鹿市議会 会議録 平成30年  5月 臨時会-05月02日−01号

5款株式等譲渡所得割交付金1項株式等譲渡所得割交付金は、40万7,000円の減額であります。  6款地方消費税交付金1項地方消費税交付金は、2,842万1,000円の追加であります。  7款ゴルフ場利用税交付金1項ゴルフ場利用税交付金は、3万円の減額であります。  8款自動車取得税交付金、次のページをお願いいたします。1項自動車取得税交付金は、749万6,000円の追加であります。  

男鹿市議会 2018-03-01 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号

また、7月にオープンする複合観光施設「オガーレ」においては、地元男鹿産の豊富な農水産物の販売や、地域で製造・加工された加工品の販売などを行うこととしており、現在、施設を運営する株式会社おがでは、出品者の募集を行っているところであります。施設で販売する新鮮・安心・安全な食材が、観光客に加えて地元の皆さんにも購入されることで、地産地消のさらなる拡大につながるものと考えられます。  

男鹿市議会 2017-12-18 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号

本議案は、男鹿市複合観光施設指定管理者として、「株式会社おが」を指定するものであります。  本案について、委員より、複合観光施設道の駅への登録を目指しているが、その申請準備等の状況について質疑があり、当局より、2月の申請に向け、現在、国土交通省への説明等を行う中で、事前に資料の確認をしていただきながら申請準備をしているところである。

男鹿市議会 2017-12-08 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号

指定管理者となる団体の名称は、男鹿市船川港船川字新浜町1番地19、株式会社おが、代表取締役中田正好であります。  指定の期間は、平成30年4月1日から平成35年3月31日までであります。  指定管理者の選定につきましては、当該施設の運営を予定し、市も出資して設立された会社であることから、男鹿市公の施設に係る指定管理者の指定手続に関する条例第5条の規定に基づき、公募によらず選定しております。  

男鹿市議会 2017-12-07 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号

前には県の分析科学センターであったんですけれども、八橋に、それが今調べたら、ことしの春に行ったら株式会社になって民間になっています。借りるとしたらどの程度だと言ったら3万いくらかかかるし、操作の仕方もわからないということであります。とてもじゃないけれども被害者は、お金を出してまでやってデシベルが足らないと私は耐えれないということであきらめました。

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

例えばこの前、連携協定した株式会社ドリーリンクは、自分の店にそういう漁業のね、漁港のそういう写真を貼ったり、そういう魚の獲り方とか、そういうことを説明したり、何とか漁師になる人を募集したいとか、そういうことも考えたりしますから、いろんな切り口があるんじゃないかと思っています。  

男鹿市議会 2017-12-04 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月04日−01号

まず、株式会社ドリーリンクとの「パートナー市町村連携協定」の締結についてであります。  今月1日、秋田県庁内において、本市の農水産物などの取扱いや観光文化、イベント等の情報を発信し、本市の地域活性化を図ることを目的として、株式会社ドリーリンクとの間で「パートナー市町村連携協定」の締結式を行いました。  

男鹿市議会 2017-11-02 男鹿市議会 会議録 平成29年 11月 臨時会-11月02日−01号

先月23日に、市と「株式会社おが」と市民で構成される複合観光施設愛称選定委員会により選考を行った結果、施設の愛称が「オガーレ」に決まりました。  愛称募集には全国から303件の応募があり、男鹿の観光拠点として多くの人々が集い、笑顔と活気があふれる施設に成長してほしいという思いから、男鹿市の“オガ”と成長する“オガル”を掛け合わせた「オガーレ」が選定されました。  

北秋田市議会 2017-10-10 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号

当該施設は、平成28年度より鷹巣観光物産開発株式会社が指定管理しておりますが、業務開始前の指差呼称など安全点検の徹底による再発防止に努めるよう指導するとともに、各指定管理施設事故防止指導を徹底してまいります。  以上であります。 ○議長(松尾秀一)   ただいまの出席議員数が定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。           

能代市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号

次の2款から11款までは収入率が100%で、それぞれの収入済額は2款地方譲与税は2億7338万5555円、3款利子割交付金は741万7000円、4款配当割交付金は920万7000円、5款株式等譲渡所得割交付金は487万9000円、6款地方消費税交付金は10億747万7000円、7款ゴルフ場利用税交付金は3万6534円、8款自動車取得税交付金は3959万6000円、9款地方特例交付金は1623万2000

由利本荘市議会 2017-09-19 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月19日−04号

次に、契約締結の案件でありますが、議案第141号同報系防災行政無線設備屋外拡声子局増設工事請負契約締結については、鳥海、矢島及び西目地域への屋外拡声子局の増設工事について、株式会社有電社秋田営業所と1億8,576万円で契約締結するに当たり議会議決を得ようとするものでありますが、提案の趣旨を了とし、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  

能代市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号

次に、(仮称)イオン新能代ショッピングセンターの出店影響予測についてのうち、出店容認の判断に至った真意は、シミュレーションの信憑性についてでありますが、市では平成18年11月30日付イオン株式会社から提出された出店予定地に係る農業振興地域整備計画の農用地区域についての除外申出書を受け、法に定められた手続の中で、各種団体市民の皆様などの御意見を伺うとともに、市民意識調査や影響予測のシミュレーション

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

また8月28日にイオンモール株式会社より、同ショッピングセンター出店に係る開発行為許可申請書が提出されたとのことであり、今後、必要な事務手続を経て進んでいくものと考えております。そこでお伺いをいたします。  1、イオン出店は、本市にとってメリットがあると判断した理由は何か、改めてお伺いします。  

北秋田市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会-09月12日−01号

東京都大田区羽田旭町11番1号、荏原環境プラント株式会社東日本営業部、部長、酒井浩昭。  平成29年9月12日提出。北秋田市長 津谷永光。  提案理由。  本業務請負契約締結については、北秋田市議会議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会議決を経る必要があるため、提案するものであります。  次のページをごらんください。