124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2020-03-11 03月11日-04号

当局の担当も御承知だと思いますが、東京板橋区では訪問型産後ケア事業ということでやっている事例もあります。ぜひ先進事例参考にしながら今後の方向性も検討しながら進めていただきたいというふうに思っておりますので、その点についてお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。 ○議長渡辺優子君) 市民福祉部長。 ◎市民福祉部長石川佳英君) 御質問にお答えいたします。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

契約相手方は、鹿角花輪字寺ノ後7番地、株式会社板橋建設代表取締役社長小板橋広吉であります。  あわせて議案資料の1ページをごらんいただきたいと思います。  工事概要でありますが、入札日平成30年6月5日で、仮契約を6月7日に行っております。工期平成30年6月27日から平成31年10月31日までとしております。  

北秋田市議会 2017-03-09 03月09日-04号

また、一昨年から板橋区民祭りへの出店依頼など、北秋田商品を持っていき販売している経緯もあり、ステップアップできるのではないか、伸び代があるのではないかと考えている。ただ、とれたて村の商店内には、きれいに北秋田市の分ということで陳列されているわけではないので、これについて今後の検討課題とし、村の経営者と再考の余地がないか検討していきたいとの答弁がありました。 

北秋田市議会 2017-02-23 02月23日-01号

ただ、人件費かけてやっている割にはその効果がなかなかPRするためだけの効果はまだ上がってきていないのかなと、だけれども、あそこでやることによって、板橋の方々含めてそういうつながりはできておりますので、これからやはりアンテナショップという形としていくとすれば、もうちょっとアンテナショップらしいやり方、例えば板橋区のほうにも働きかけをしながら、例えばそういうものを、今までもやっていますけれども、さらにそれを

能代市議会 2016-12-12 12月12日-02号

セミナーでは、東京大学地震研究所教授の平田氏による地震災害の正しい知識と備えと題したレクチャーのほか、板橋区や世田谷区にて小学校校長を歴任された矢崎氏による学校における効果的な地震防災教育の実践について講義がなされました。中でも、防災教育の第一人者として活躍している矢崎氏におかれましては、従来の避難訓練を見直し、より実践的な訓練必要性を訴え、教育現場での御自身の実体験を中心に話が進みました。

北秋田市議会 2016-03-11 03月11日-03号

そういうこともありますので、この制度は特別、市の新たな出費がふえるわけでもないし、先ほど言ったとおり、単に技術的な問題ですので、私も全国の動向を詳しく調べたわけではありませんが、新聞等々で報道されているだけを見ても、例えば青森市、新潟市、板橋区、栃木県の日光市、こういうところでは、私が今質問した内容に沿って入学前にもう既に支給していますので、そういうところも参考に、ぜひ前向きに検討していただければありがたいと

鹿角市議会 2015-05-29 平成27年第4回定例会(第1号 5月29日)

契約相手方は、鹿角花輪字寺ノ後7番地、株式会社板橋建設代表取締役社長小板橋広吉であります。  議案資料をごらんいただきたいと思います。  八幡平市民センター改築工事建築主体工事)の概要であります。  工事場所は、鹿角八幡平字小豆沢碇の現八幡平体育館敷地内であります。  入札日は、平成27年5月19日で、市内一般建築A級3社により入札を行っております。  仮契約日は5月21日。  

北秋田市議会 2014-09-18 09月18日-03号

加工業者販売業者への支援や6次製品の販売支援につきましては、商工観光課が所管をしております「北秋田提案公募型特産品活性化推進事業」により商品開発等の助成を行っておりますし、東京板橋ハッピーロード大山商店街振興会「とれたて村」での物産販売のほか、首都圏等での各種物産イベント開催情報提供などを行っております。 次に、大きな項目の2です。 

鹿角市議会 2014-09-17 平成26年第5回定例会(第3号 9月17日)

契約相手方株式会社板橋建設代表取締役小板橋広吉であります。  議案資料のほうをごらんいただきたいと思います。鹿角アメニティパーク武道場建設工事概要であります。  工期でありますが、平成26年10月1日から平成27年8月31日を予定しております。  構造規模はそれぞれ鉄筋コンクリート造2階建て、建築面積361.92平米、延べ床面積664.08平米であります。

北秋田市議会 2013-06-20 06月20日-02号

当市においては、現在、友好都市締結をしている自治体こそありませんが、旧鷹巣町のホークスサミット交流事業が縁となっている三鷹市の物産展への出展や、大山商店街とれたて村への出店による板橋区、さらには昨年、災害時の相互援助協定締結した富山県小矢部市との関係を初め、水害サミット縄文サミットどぶろくサミットなど、友好都市締結という手続ではないものの、あらゆるきっかけもとにした連携を行っているところであります

北秋田市議会 2012-03-06 03月06日-03号

こうした動きの中で会社としては仙台、東京あるいは台湾などを訪問しての営業活動を展開しておりますし、市といたしましても板橋区や三鷹市など首都圏イベントでは内陸線を積極的にPRをしているところであります。 昨年、私は台湾と韓国を訪問をさせていただきましたが、その際のプレゼンテーションにおいても市の観光資源の目玉の一つとして内陸線を紹介し、現地語のパンフレットを持参してPRにも努めてまいりました。

北秋田市議会 2012-03-05 03月05日-02号

また、東京板橋区にありますハッピーロード大山商店街のとれたて村のアンテナショップと提携し、売れ筋などのデータを共有することにより、新たな特産品開発に一役を担うことができるのではないでしょうか。 最初の施設は立派でなくても、再生利用が可能な仮設的な建築物でも十分だと思います。リスクを少なくする意味で、結果を見ながら段階を踏んで整備してもよいと思います。市長の考えをお聞かせください。 

仙北市議会 2011-11-30 11月30日-01号

秋田発子ども双方向交流プロジェクトでは、中川小学校5年生14名が11月1日から2日までの2日間、東京板橋区上板橋第四小学校訪問して交流を行いました。 また、アンテナショップ「とれたて村」でお米の販売実習を行いました。販売したお米は、地域皆様の応援のもと子供たちが田植えから収穫、袋詰めまでの一連の作業を行ったもので、「みんなニコニコ米」と名づけられ、200パックを完売しました。

仙北市議会 2011-09-13 09月13日-03号

東京都の板橋区からもお話をいただいております。葛飾区からもいただいております。 今、お話した場所はすべて行くという話をしているところであります。そのようにして、とにかく産品を持って、皆さんのできるだけ目の触れるところに出て行って、アピールしていきたいと、それも1つの手法かなというふうに考えております。 以上であります。 ○議長佐藤峯夫君) 太田観光商工部長