31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

北秋田市議会 2016-06-21 平成28年  6月 定例会-06月21日−03号

東日本大震災では、マグニチュード9の東北地方太平洋地震による地殻変動の影響が、県の北部、二ツ井と阿仁銀山付近、森吉山麓、それから県南部、刈和野から角館周辺に及び、北部では震度5弱を最大とする誘発地震が活発に起きて、現在も続いているということであります。  何を言いたいかといいますと、阿仁を震源地とする地震が、この間、東日本大震災以後も何度か起きました。

鹿角市議会 2015-09-28 平成27年第6回定例会(第4号 9月28日)

まず、議案第73号あっせんの申立てについてでありますが、本案は東北地方太平洋地震に伴う東京電力株式会社福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所の事故により、平成23年度に生じた損害の賠償請求に係る和解のあっせんを行うものであります。  本案の審査に当たり、本件の申し立ては鹿角市が単独で行うのか、それとも他の自治体と共同で申し立てをするのかただしております。  

鹿角市議会 2015-09-04 平成27年第6回定例会(第1号 9月 4日)

あっせん申し立ての内容は、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋地震に伴う東京電力株式会社福島第一・第二原子力発電所の事故による風評被害払拭等の対策事業に要した経費について、損害賠償請求を行いましたが、意見の隔たりが大きいことから、和解のあっせんを申し立てるものでございます。  以上で説明を終わります。 ○議長(田村富男君) 提案理由の説明を終わります。  これより質疑を受けます。

由利本荘市議会 2013-09-25 由利本荘市議会 会議録 平成25年  9月 定例会-09月25日−04号

歳出につきましては、2款総務費では、ともしび元気プログラム事業の審査会に係る経費の追加、9款消防費では、災害対策費において、被災地交流支援事業に対する補助金として、東北地方太平洋地震対策費を追加しようとするものであります。  以上、御報告いたしました6件の一般会計及び特別会計の補正予算につきましては、いずれも提案の趣旨を了とし、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  

男鹿市議会 2013-03-01 男鹿市議会 会議録 平成25年  3月 定例会-03月01日−03号

さきの東北地方太平洋地震での津波被害の福島の原子力発電所が倒壊し、放射線汚染で甚大な被害をもたらしており、原子力エネルギーの見直しが迫られております。今後、原子力、さらには石油エネルギーから自然エネルギーに大きく変革していくことが予想されます。  こうした中、本市においても風力発電、太陽光発電が次々に計画され、男鹿市の新自然エネルギーが注目されていると考えられます。

由利本荘市議会 2012-02-22 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-02月22日−01号

商工業の振興につきましては、地域経済・産業の活性化を図るため、商工会運営費への助成や中小企業融資斡旋制度における保証料等の補助、昨年の東北地方太平洋地震復旧支援資金への利子補給を行うほか、地元企業の技術向上や経営革新の支援として、工業振興アドバイザー制度、販路拡大に向けた社員の語学研修助成を継続して実施してまいります。  

由利本荘市議会 2011-12-16 由利本荘市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月16日−04号

次に、陳情第9号原子力発電所の廃止・再生可能エネルギーによる発電の推進を国に求める意見書提出についての陳情についてでありますが、これは、東北地方太平洋地震により発生した福島第一原子力発電所の事故を契機に、国内の原子力発電所は期限を切って廃止し、再生可能なエネルギーによる発電の推進を国に求める意見書提出についての陳情であります。  

男鹿市議会 2011-12-09 男鹿市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月09日−03号

また、損害額については、9月定例会の一般質問に、「調査はしておりませんが秋田県の東北地方太平洋地震復旧支援資金の申込金額が損害額に相当するものとした場合、ホテル等旅館業の申込金額は1億円である。」とお答えしておりましたが、融資額は約7千万円となっております。  次に、地震・津波への防災訓練などについてであります。  

鹿角市議会 2011-09-22 平成23年第5回定例会(第4号 9月22日)

これに対し、震災が原因で県の東北地方太平洋地震復旧支援資金を利用した事業者に対し、鹿角市がその利子相当分を助成する制度であり、7月15日現在で市内の事業者に209件融資をしているが、県の融資制度に対する需要が増加しており、利用枠が拡大したことに伴い、鹿角市としても利用者を支援するため今回利子助成金を増額補正するものであり、県内でもいろいろな取り組みがなされているが、鹿角市では助成対象となる償還期間

由利本荘市議会 2011-09-21 由利本荘市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月21日−04号

9款消防費は、6月24日の豪雨に伴う水防費、被災者受入支援チームの期間延長に伴う経費など東北地方太平洋地震対策費を増額するほか、防災無線等移設業務委託料の請差による減額が主なものであります。  また、地方債補正は、臨時財政対策債の限度額を変更しようとするものであります。  

男鹿市議会 2011-09-08 男鹿市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月08日−03号

震災や風評被害による損害については、市独自の調査は行っておりませんが、県で行っている東北地方太平洋地震復旧支援資金の金融機関への申し込み金額が損害額に相当するものとした場合で申し上げますと、主なものとしては、建設業が約4億7千200万円、小売業が約2億4千600万円、製造業が約1億7千600万円、ホテル業・旅館業は約1億円と伺っております。  

北秋田市議会 2011-06-21 平成23年  6月 定例会-06月21日−03号

また、県では地震被害について、物的な損害のみならずインフラや流通網の混乱等により経営に支障を来している県内中小企業者に対して、東北地方太平洋地震復旧支援資金を行っております。これは罹災を受けた方だけでなく、地震の影響で売り上げが著しく減少するなど、事業継続に支障を来している方が対象で、金利1.5%と大変有利な貸し付けを受けることができます。

北秋田市議会 2011-06-20 平成23年  6月 定例会-06月20日−02号

3月11日の東北地方太平洋地震に際しては、大規模な停電が発生し、防災無線による広報が不可能となったため、市内全域において広報車による対応となりました。議員がご指摘のように、1,152.5平方キロメートルもの広大な面積を有している北秋田市でありますから、やはり一斉放送による情報伝達が一番早く効率的であるとは認識はしておりますが、整備に要する期間、財源等の課題により、いまだ検討段階にあります。  

男鹿市議会 2011-06-16 男鹿市議会 会議録 平成23年  6月 定例会-06月16日−02号

市では、中小企業の経営安定と雇用の継続を維持していただくため、東北地方太平洋地震復旧支援資金の利用者に対し、利子補給を行うための関連予算を本定例会に提案いたしております。  また、先ほどお答えしておりますように、公共工事の前倒し等による景気対策を講じ、雇用につなげてまいりたいと存じます。  次に、農業法人や漁業の加工などを含めた人材育成、職場の確保についてであります。  

男鹿市議会 2011-06-14 男鹿市議会 会議録 平成23年  6月 定例会-06月14日−01号

本補正予算は、住宅リフォーム助成事業費補助金、子育て住宅リフォーム助成事業費補助金、男鹿東中学校屋内運動場改築工事及び校舎棟耐震補強・大規模改造工事実施設計業務委託料、船越児童クラブ分館設置事業費のほか、団体旅行誘致助成事業補助金、個人旅行助成事業補助金、緊急雇用創出臨時対策基金事業費、ふるさと雇用再生臨時対策基金事業費、防災用備品等整備事業費、東北地方太平洋地震復旧支援資金利子補給金、男鹿なまはげ

  • 1
  • 2