892件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

今後は、さらなる誘客促進を図るため、着地型旅行商品の造成を進め、本市の歴史文化象徴する花輪ばやしや大日堂舞楽などの世界文化遺産等を満喫するかづのプレミアムツアーを展開していくほか、国立公園満喫プロジェクトにおける十和田八幡平国立公園エリア内の整備が進むことにより、観光客の受け入れ態勢もより一層充実することから、引き続き自然や温泉等を有効に活用した事業を継続して実施していくことで、観光産業確立計画

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

地域の実情や校舎の老朽化、多人数による多様な教育環境子供たちに提供することを考慮しますと、小中一貫校への転換、さらには保育園や高齢者施設も含めた整備も有効な方法と思いますが、こちらに対するお考えをお聞かせください。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) お答えをいたします。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

今後につきましても、生産基盤である農地の確保と有効利用の促進や遊休農地の発生防止に向け、引き続き意向を確認しながら農地利用の最適化に努めてまいります。 ○議長(宮野和秀君) 黒澤一夫君。 ○18番(黒澤一夫君) わかりました。  次に、農地の貸し借り、それからその情報の集積について、今後生産者が生産活動を効率的に行うにはこの集積の対応が大変大事であると思います。

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

これにさらに、例えば住民票などの支払いがポイントと交換できたり、市内のほとんどのお店で使えるなどポイントの利活用の幅と電子マネー機能と、地域でお金を回す地域通貨の考えを落とし込むとハミングカードが最も有効ではないかと考えます。  また、同カード事業を運営している協同組合では子供高齢者の見守りシステムも実施しておりますが、周知と説明の発信が弱く、まだ広く普及できていない状況にあります。

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

ハローワーク鹿角管内の12月末の有効求人倍率は2.09倍で、依然として高い水準で推移しているとのことであり、それは労働人口の流出現象と誘致企業等の求人が同時に進んだ結果とのことであります。2倍を超えるということはすごいことだと思いますが、実際に企業求人はどのような状況なのでしょうか。  例えば、ほとんどの業種人材を求めていて、求職者は希望する仕事を選ぶことができる状況なのかどうか。

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

こちらとしましても、いろいろ自主事業を展開しながら、収入の増に努めていただきたいという中で、今回そういう「デイアンドナイト」の施設の利活用に結びつくような資源素材が出てきたということで、ここは私のほうとしましても、鹿角ふるさと学舎さんには有効に活用して施設の利活用に努めていただきたいという話はさせてもらっております。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

空き校舎の有効活用についてであります。  小学校中学校の統合が計画実行段階になりまして、準備が急ピッチで進められていると思いますが、統合後の空き校舎の有効活用についてお伺いいたします。  現在のところで、空き校舎となる予定の校舎、そして校舎の活用の計画、この空き校舎をどのように、そしてまた維持管理、有効活用、あるいは解体も含めてですが、計画をなさっているのかお伺いいたします。

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

今年度はかづの観光ファンに新たに「LINE会員」制度を設けたほか、昨年から開始した楽天トラベルとタイアップした集中プロモーションでは、インスタグラムを取り入れたキャンペーンを展開するなどSNSを有効に活用して観光情報のリアルタイムな発信を行ったことが奏功したものと捉えております。  

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

農業は、今後ますます担い手不足が心配され、農地の集積を図り、法人化経営が必要とされていますが、地域活性化のため基盤産業有効活用を図っていただきたいと思います。きのう、黒澤議員の答弁の中で、メガ団地構想も入れておりますけれども、そういった形でよろしく農業等についてもお願いしたいと思います。  次に、災害防災対策について質問します。  

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

国交省は「タイムラインがあれば首長が判断に迷うことがなく、被害の最小化に有効」と話しています。西日本豪雨では想定を超える雨量に見舞われ、タイムラインがうまく機能しなかった例も見られたため、国交省は「関係機関による検証をしながら運用の改善が必要」と指摘しています。  本市におけるタイムラインの取り組みは、どのように行っているのでしょうか。

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

JRとの話し合いで、双方の土地有効活用方法について、協議し決定したらどうでしょうかということをお話いたします。  まず、鉄は熱いうちに打てと言います。今、オガーレと男鹿駅で活性化しているこの時期に、早く設定して動いた方が得策ではないのでしょうか。時機を逸して手遅れにならないように。  

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

国の安全保障政策は、政府が有する責任権限のもとで推進されるものでありますが、防衛施設の配備計画の検討に当たっては、まずは、その必要性や有効性の丁寧な説明に加え、周辺の生活環境や住民の健康への影響等に関して十分な検証がなされる必要があります。その上で、地元の理解と協力を得てはじめて推進されるべきものと認識しております。  以上であります。 ○議長(吉田清孝君) 再質問ありませんか。

男鹿市議会 2018-09-03 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号

7月末現在の秋田県有効求人倍率は1.50倍となっております。ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.15倍となっており、昨年同期と比較して0.12ポイントの増となっております。  次に、農業の状況についてであります。  水稲は、東北農政局秋田地域センターが発表した8月15日現在の県中央の作柄状況は、「平年並み」となっております。  

鹿角市議会 2018-08-31 平成30年第7回定例会(第1号 8月31日)

同じく262湯の駅おおゆ魅力発信事業484万3,000円は、天候に左右されることなく湯の駅おおゆのイベント広場有効に活用するため大型のエアーテントを購入するものです。  8款2項2目道路橋りょう維持費の220橋りょう長寿命化対策事業460万円は、鏡田橋のかけかえに支障となる電線等を移設するため、補償費を追加するものです。  

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

諸般の報告でも述べましたが、ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.06倍でありますが、希望職種とのミスマッチにより、建設業医療介護職などでは人手不足の状況と伺っております。  今後、求職希望の多い業種について情報収集を行い、トップセールスによる企業訪問など誘致活動に努めてまいります。  次に、五里合の市道へのガードレール設置についてであります。  

男鹿市議会 2018-06-13 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

あと、駐車場の方、下に下ろしますと、やはり満潮時、大潮のときとかですと水没するということもございますので、海側の中の方に駐車場を整備するということは不可能でございますけども、道路改良によりまして残地等、有効に活用できる部分があるのかどうか、その辺も県と協議をしながら対応してまいりたいと考えておるところでございます。  以上であります。 ○議長(吉田清孝君) さらに質問ありませんか。