14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

男鹿市議会 2020-09-04 09月04日-03号

デジタル化の推進に当たっては、行政サービス最新技術を持つ民間サービスとの連携が必要であり、市の厳しい財政状況の中での財源の確保や人材育成が求められているほか、行政サービスを利用する市民目線に立ってデジタル化に取り組む必要があります。 また、デジタルガバメントの基盤となるマイナンバー制度は、庁内各課事務事業と密接に関わっているほか、さまざまな行政手続への拡大が検討されております。 

由利本荘市議会 2020-03-04 03月04日-02号

高齢化が進む農家最新技術利便性を知っていただき、担い手や後継者不足課題解決につなげようとしております。 本市のスマート農業関連次世代農業振興基金目的活用方法について、当局の考えを伺うものであります。 次に、中項目(2)学校給食食材納入農家育成について伺います。 ことしの8月、夏休み明けから、いよいよ北部学校給食センターが稼働いたします。

由利本荘市議会 2019-05-30 05月30日-02号

第4次産業革命により革新的な時代になり、高効率のICTによる最新技術生産性向上が進む昨今、建設分野では、ドローンによる3次元測量や、トンネル、橋梁の保守点検など人力での作業遠隔操作で可能になり、再エネ分野でも、風力発電機保守点検高所作業で危険が伴う人力で行っていた1基当たり約四、五時間費やしていた作業が、ドローンによる遠隔操作での点検人件費と時間が大幅に抑えられ、さらに作業が難しい洋上でも

能代市議会 2018-09-11 09月11日-03号

◎市長(齊藤滋宣君) そのとおりだと思いますし、最新技術を駆使することも大事だと思います。先ほど、質問がありました議員にもお話ししましたけれども、今回停電が起きたときに一番苦労したのは何かというと、情報収集スマートフォンが見られない。スマートフォン症候群というのもあるようですけれども、そういうので困っているようです。

鹿角市議会 2017-12-11 平成29年第7回定例会(第2号12月11日)

市でも、こうした動きを注視しながら市内観光事業者との検討を進めていく予定でありますが、体験型観光の充実にはVRのような最新技術導入が必要不可欠と認識しており、平成27年度に策定した鹿角市観光産業確立計画において、花輪スキー場ジャンプ台花輪ばやしの屋台にスポットを当てた取り組みを構想しておりますが、具体的にはVRコンテンツ活用しながら、通常は経験できない臨場感や魅力を体感してもらえる内容を計画しております

仙北市議会 2017-06-12 06月12日-02号

最新技術市民生活課題解決につながることを期待しております。 ドローン可能性技術は日々進歩しております。今月21日には、東光鉄工UAV事業部シニアマネージャー鳥潟與明さんを講師にお迎えして、「ドローン技術に関する最新事情利用方法について」をテーマに講演をいただく予定であります。ぜひ皆様にも参加をいただきたいと思っております。 

男鹿市議会 2016-03-01 03月01日-02号

その対策として、現在、情報通知対策がされておらず、また、携帯電話の電波も届かないような海岸地区情報空白地域への各要所へ、より効果的な最新技術活用し、的確な場所へ現実的に実質効果のある防災情報通知目的とした音声システムの設置が必要と考えます。海上沖に出ている漁業船遊漁船等、船舶へも同様で、必ずしも緊急時にラジオ等情報を得ているとは限らず、こちらも懸念されます。 

能代市議会 2014-06-16 06月16日-02号

3号機には最新技術を適用した高効率発電設備導入予定であることから、石炭使用量が減少し二酸化炭素排出量を減らすことが可能と伺っております。また、1・2号機では石炭使用量の3%を目標に、木質バイオマス燃料を混焼して二酸化炭素排出削減に努めておりますが、3号機についても導入を要望してまいりたいと考えております。 

由利本荘市議会 2008-06-12 06月12日-02号

次に、(3)の地元企業技術者交流に対する支援についてでありますが、産・学・官の連携拠点である本荘由利産学共同研究センターでは、技術高度化情報化組織化人材育成起業化経営の各分野にわたる支援を中心に各種事業を実施しており、最近では三次元CAD技術研修航空機関連部品にかかわる品質認証審査機関による実務研修など、最新技術に対応した人材育成事業を実施いたしております。 

能代市議会 2005-03-01 03月08日-03号

非破壊調査汚染実態解明に限界があるとわかっているのならば、汚染を拡散させずに掘削調査ができる最新技術もありますので、第二段階での掘削調査を優先的に求めることも必要ではないでしょうか、お答えくださいませ。 産廃特措法の適用を得て全国的に関心が高くなり、解決のための努力ケースとして全国に示すことが能代市に課せられています。

鹿角市議会 2000-12-04 平成12年第7回定例会(第1号12月 4日)

B流動床式ガス化溶融システム次世代型の最新技術と聞くが、し尿処理施設建設の際にもそのように言われたが、現実にはトラブル続きである。十分精査されたい。  C懸念されるのは、ランニングコストの増である。可能な限り、コスト低減を考えた場合、運転管理面を外部に委託することも検討されたい。  D施設建設に当たっては、各社の性能に特徴があり、競争入札にはなじまないのではないか。  

  • 1