15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

本市と大館市とを結ぶ自動車専用道路の整備についてでありますが、高規格幹線道路地域規格道路は、ネットワーク化が図られることでその整備効果が発揮されることから、戦略的な視点で計画的に整備が進められており、秋田県北部と秋田市とを結ぶ日本海沿岸東北自動車については、小坂ジャンクションにおいて東北縦貫自動車道につながる形でネットワークを形成しており、現在も整備が進められております。  

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

昨年度、当市に開通いたしました日本海沿岸東北自動車も今後の全線開通に向けた整備が進められておりますことから、観光周遊ルートを構成する道路としてインバウンドを含む誘客が大いに期待されるところであります。  また、国道105号が豪雨等で通行どめになった際には、当路線が県南部に向かう唯一の代替路線でありますことから、本路線は秋田県内でも数少ない横軸として非常に重要な路線であると考えております。  

北秋田市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−01号

日本海沿岸東北自動車の整備については、「鷹巣大館道路」の鷹巣インターチェンジから二井田真中インターチェンジ間が昨年度供用を開始し、当市にとって初めてとなる高速道路の開通となりました。本年度は、「あきた北空港インターチェンジ(仮称)」、それから鷹巣インターチェンジ間が開通する予定となっているほか、「鷹巣西道路」、「二ツ井今泉道路」についても早期開通に向け、引き続き要望活動に努めてまいります。  

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

平成28年度においては、「北秋田市民ふれあいプラザ」や「北秋田市伊勢堂岱縄文館」がオープンするほか、日本海沿岸東北自動車が鷹巣インターチェンジまで延伸され、本市も高速道路網に組み込まれることになります。これらについても交流人口の増加や物流の活性化に結びつけることで、地方創生を加速化させる1年とする所存です。  それでは、各部個別の施策についてご説明いたします。  総務部総務課。  

鹿角市議会 2013-09-10 平成25年第7回定例会(第2号 9月10日)

地理的優位性を活用した企業立地、地場産業の取り組みについてでありますが、本市は、東北自動車道が縦貫し、東北主要都市へのアクセス面での利便性が高いことなどをアピールしてきておりますが、今後、整備が見込まれております日本海沿岸東北自動車の開通により、内陸と沿岸の両高速交通ネットワークが最大限に活用できることをセールスポイントとして誘致活動を推進してまいりたいというふうに考えております。  

北秋田市議会 2013-06-18 平成25年  6月 定例会-06月18日−01号

日本海沿岸東北自動車「二ツ井白神インターチェンジから(仮称)あきた北空港インターチェンジ」間の整備については、「二ツ井今泉道路」は国交通省において、また「鷹巣西道路」は県において、それぞれ今年度から測量や用地買収等を本格化させる予定となっております。  また、工事中の「鷹巣大館道路」については、早期完成に向け引き続き関係機関に対する要望活動に努めてまいります。  

鹿角市議会 2013-05-24 平成25年第4回定例会(第3号 5月24日)

現在、日本海沿岸東北自動車工事が急ピッチで進んでおります。二ツ井鷹巣間が一番おくれるわけでありますが、これを含め平成20年代後半にも秋田市から小坂ジャンクションまで全線開通すると聞いております。かつて、東北自動車道が鹿角までつながった昭和50年代後半、かしゅう野菜の産地化、また誘致企業の立地など地域に大変大きな夢を与えてくれました。  

北秋田市議会 2012-03-02 平成24年  3月 定例会-03月02日−01号

日本海沿岸東北自動車の整備促進については、二ツ井白神インターチェンジからあきた北空港インターチェンジ間が、社会資本整備委員会東北地方委員会における現道活用による事業化決定を受け、県が現道整備の調査に入ります。  また、鷹巣大館道路については早期完成に向け、引き続き関係機関に対する要望活動等に努めてまいります。  

北秋田市議会 2011-09-16 平成23年  9月 定例会-09月16日−04号

 日程第26 議案第102号 平成23年度北秋田市一般会計補正予算(第5号)  日程第27 請願第3号 米の先物取引試験上場の中止を求める請願について  日程第28 議案第91号 平成23年度北秋田市一般会計補正予算(第4号)  日程第29 同意第6号 北秋田市財産区管理委員の選任について  日程第30 選挙第4号 北秋田市上小阿仁村生活環境施設組合議会議員選挙  日程第31 発議案第12号 日本海沿岸東北自動車

鹿角市議会 2008-12-11 平成20年第6回定例会(第3号12月11日)

和田インターチェンジを起点とした県道雪沢十和田毛馬内線及び大館北インターチェンジまでの整備促進につきましては、本市から日本海沿岸東北自動車への短絡路線として、また八戸・能代間、北東北横断道路整備促進期成同盟会で要望している大湯・田子間の一部トンネル化を含むバイパス整備と連携するものとして横軸連携の可能性を秘めていると認識しております。  

鹿角市議会 2006-12-12 平成18年第7回定例会(第2号12月12日)

当路線は、本市から日本海沿岸東北自動車への短絡路線として、また、現在要望中の大湯・田子線と連携し、横軸連携を果たし得る可能性を秘めた路線ではありますが、現在、本市が国・県に対して要望している路線の整備の実現を優先し、その動向を見ながら、並行して要望してまいりたいと考えております。  

鹿角市議会 2006-06-14 平成18年第3回定例会(第3号 6月14日)

また、大館市から小坂までの日本海沿岸東北自動車も1,400億円の巨費を投じて建設されようとしております。この建設市民、町民の負担はなく、逆に用地の買収費が市民、町民の懐を潤し、建設業が活気づき、雇用もふえるということで大変結構なことと思うわけでございますが、この事業の費用対効果はどうなのか。

鹿角市議会 1998-03-16 平成10年第2回定例会(第4号 3月16日)

次に、日本海沿岸東北自動車道建設促進秋田県北部既成同盟会負担金に関連し、世紀的な大きな幹線道路網の築造に対して、同盟会を通じていろいろな計画を考えてもらいたいというアピールが必要と思うので、総合的な考えを持って行政の機能が発揮されるように望まれたいとの意見が出されております。  次に、土木費の総予算が昨年に比べて大幅に減額となっているが、その理由についてただしております。  

  • 1