167件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北秋田市議会 2020-12-14 12月14日-02号

2例目は、新潟の燕市の広報紙で、市民向けに発信された「数字で見る燕市」というものでありました。これには1日当たりの出生、死亡、婚姻、そして犯罪数、それから、市民1人当たりのごみの排出量や図書館の貸出し冊数、それから税金の負担というような、ふだん市民に密接なものでありながら、あまり知ることができないというような情報も掲載されておりました。 

能代市議会 2020-12-08 12月08日-03号

平成26年には、宮崎県えびの市の地域おこし協力隊員大麻取締法違反疑い現行犯逮捕、鳥取県三朝町の地域おこし協力隊員道交法違反(酒気帯び運転)の疑い現行犯逮捕平成28年には、地域おこし協力隊員等服務規律活動規律の確保に努めるよう総務省より通知があったものの、令和元年1月には強制わいせつ疑い新潟村上市の地域おこし協力隊員逮捕と、ネガティブな部分もはらんでおります。

能代市議会 2020-09-08 09月08日-03号

また、自治体では新潟の燕市が、市内企業従業員検査を行った場合、1回8,000円を補助する制度を始めているようであります。 検査費用は、1回1万ないし2万円かかるようですが、当市としても検査費用補助をできないものでしょうか伺います。 次に、大きい3として、教育について伺います。1として、戦争体験者映像記録を小・中学校で放映できないかであります。

男鹿市議会 2020-06-16 06月16日-02号

また、防犯視点においては、平成30年度からは、新潟における下校中の児童連れ去り事案を受けて、合同点検防犯視点を加えて実施しております。 令和元年には、登校班やスクールバスの集合場所点検、「こども110番の家」の更新、子どもの安全にかかわるさまざまな機関が情報を共有する「スクールガード講習会」を行いました。 

能代市議会 2019-06-12 06月12日-02号

次に、北高跡地災害時の車中泊区域として防災利用すべきではないかについてでありますが、新潟中越地震東日本大震災熊本地震等の大規模地震において、車中泊によるエコノミークラス症候群震災関連死の一因として挙げられ、深刻な問題となっております。車中泊区域を指定することは、車中泊を助長するおそれがあることから望ましくないものと考えております。 

男鹿市議会 2018-12-10 12月10日-04号

議長吉田清孝君) 6番佐々木議員 ◆6番(佐々木克広君) 今の話でいくと、県の方に働きかけていくという話なんですけども、山口県の方は長門市の方が主体的に動いていて、フグも含めてなんですけども、キジハタというのはまずそこに放流したらそこから動かないという魚なので、ほかに逃げていったりしないということで漁場を整備してやるという方向性みたいなんですけども、多分男鹿の方は、秋田県の方は、新潟一緒の管区

男鹿市議会 2018-09-05 09月05日-02号

制度創設当初は、「休憩機能」、「情報発信機能」、「地域連携機能」が中心でしたが、新潟中越地震東日本大震災などで防災拠点としての役割が注目されて以来、防災住民サービスとしての地域福祉観光等、多様な役割を果たすことが期待されるようになっております。さらに、今では「地方創生拠点」として重視され、地域おこし地域再生の核になってきております。 

由利本荘市議会 2018-09-04 09月04日-02号

この状況把握については、より効率的により効果を高める方法の一つとして、新潟燕市において、ドローン人工知能などの情報技術を活用し被害確認に用いる防災訓練を、全国初の試みとして実施しました。ドローンを活用することで人が入れないような危険箇所情報も入手可能となり、その情報に基づき、AI技術を用い被害箇所立体図を描くなど、被害状況把握に役立てることができるそうです。

由利本荘市議会 2018-06-18 06月18日-02号

種子法が廃止されたもとで各都道府県では、種子生産供給体制を維持するための努力を続け、中でも埼玉県、新潟、兵庫県の3県では独自の条例を制定しています。 このままで推移するならば、地域種子生産に大きな影響が出てきます。市長は、県へ独自の条例を制定するよう働きかけをするべきであります。あわせて、種子法廃止の見解を求めます。 (3)今年度からの生産調整に関連して。 

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

厚生労働省都道府県医療費抑制健康づくり取り組み成果を初めて点数化した結果、成果が一番高く評価されているのは新潟で、最下位山口県であります。4月に国民健康保険運営主体市区町村から都道府県に移るのに伴う財政支援で、点数と加入者に応じて交付金都道府県に振り分けられます。新潟に次いで2位は富山県、沖縄県で、最下位山口県に続いたのは愛媛県、茨城県、千葉県となっております。

北秋田市議会 2017-12-11 12月11日-02号

この報道によれば、群馬県沼田市と新潟佐渡市では既にサポーター制度を導入されていて、両市にあるようなサポーター組織創設を目指したいとの趣旨だそうです。この請願書鹿角市議会12月定例会に提出される予定だとのこと。このことは、私が以前質問で発言しました「ふるさとサポーター制度」と大同小異で、考え方は一緒でございます。 北秋田市でも旧4町にそれぞれふるさと会があり、例年活発に交流を深めています。

能代市議会 2017-12-11 12月11日-02号

11月7日、新潟佐渡市で船体にハングルの書かれた木造船が確認されてから、15日には日本海沖大和周辺で転覆した船から北朝鮮国籍を名乗る3人を救出、16日には同じく海上保安庁が大和周辺転覆船を発見し、後日船内から4人の遺体が発見され、その同じ16日にはにかほ市に木造船が漂着し、20日は青森の中泊町と深浦町で、21日には山形県鶴岡市で、23日には新潟佐渡市で木造船が確認され、その同じ日には由利本荘

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

特に、今年度は全国中学校スキー大会花輪スキー場を会場に開催されることから、長野県や新潟の中学生の合宿が多く見られ、またFCバルセロナスクール葛飾校サマースクール夏合宿が開催され、所属する児童やコーチが多数練習に励んでおりました。そこで、ここ数年のスポーツ合宿補助事業利用状況をお伺いいたします。 ○議長宮野和秀君) 教育長