10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

由利本荘市議会 2019-12-05 12月05日-02号

新潟国交省港湾局、海上保安等の船検を受けたらしく、最新型の海洋調査船は、何もせずに中国に帰りました。レーダーで追尾確認されています。このように国の安全をも揺るがすリスクのある事業であり、海域を提供する自治体には工事中など、特に徹底した沿岸周辺における監視・監督が求められます。 NHKのニュースによれば、発注した合同会社は由利本荘市の洋上風力発電会社がかかわっているようです。 そこで伺います。

仙北市議会 2017-08-28 08月28日-02号

何か調べたら、長野県の川上村から新潟につながってる川なんですが、あそこなんかは片側1車線なんですが、車がばんばんばんばん走ってやってる高い頑丈な堤防なんですよ。だから秋田県田中角栄さんみたいな代議士が出なかったせいなのかなとも思ったりしますけれども、ぜひこう強く市長からも訴えていただきたいと思います。 2つ目の質問に移らせていただきます。 

男鹿市議会 2011-03-03 03月03日-02号

ただ、この中には例えば日本海側の特定重要港湾新潟、伏木富山港も入っております。扱い量の中で考えた場合、今、船川港でやるべきは、将来に向けて扱い量を増やす動きにあるということを私は考えております。 また、お尋ねの秋田海陸運送内航船、あるいは曳船、あるいは倉庫については、何も特定な税の優遇は受けておりません。

能代市議会 2009-12-09 12月09日-04号

市としても、能代港利活用の可能性を見出すため、コンテナ取り扱いの可能性についての検討を含めた勉強会やリサイクルポート先進地でありリサイクル関連企業が集積する八戸港を初め、酒田港、新潟、伏木富山港の視察研修を実施しており、11月に開催いたしました酒田港・姫川港・能代港合同リサイクルポート勉強会でもリサイクルポート連携の先駆者である酒田、姫川に能代が加わった3港連携の可能性を議題として意見の交換を行ったところであります

能代市議会 2009-12-08 12月08日-03号

こうしたことから、県北地域産業団体企業行政組織する能代港湾振興会の活動や日本海側リサイクルポートである酒田港、姫川港、能代港の3港による連携を進めるとともに、能代港湾振興会や市民行政関係者等との八戸港、酒田港、新潟、伏木富山港の先進地視察や日本貿易振興機構(ジェトロ)からの情報収集等も行っております。 

能代市議会 2009-12-07 12月07日-02号

市としましても、能代港利活用の可能性を見出すため、コンテナ利用を含めた勉強会や、能代港湾振興会会員企業市民行政関係者等とリサイクルポートの先進地である八戸港を初め、酒田港、新潟、伏木富山港の視察研修を実施しております。また、市と能代商工会議所等との話し合いにおいても、ビジョン作成の必要性が提起されており、能代港利活用促進に向けた新たなビジョン作成についての検討が必要であると考えております。 

由利本荘市議会 2007-06-13 06月13日-02号

それで、その液化ガスにつきましては、現段階では石油資源開発は今のガスの提供者でございまして、そこから買い入れというかそういうことで進めておるわけでございますが、その原料となるものはマレーシアの方から新潟に輸送されてきまして、そこからタンクローリーで本荘の大浦まで運んでいただくと。

能代市議会 1999-06-01 06月15日-03号

日本海側にあっての対岸交流の先進県である新潟県新潟富山県伏木富山港の県や関係者は、早くから環日本海交流圏づくりを旗印にした地域振興策を展開しておりました。コンテナ定期航路の拡大や各種フォーラム開催による人と人との結びつきを図っており、特にこの二港は後背地に関東圏、中部圏、関西圏の経済圏を抱え地の利を有しているとはいえ、航路開設にかける努力もまた並大抵のものではないということであります。

能代市議会 1995-06-01 06月20日-03号

そして、中国との初の直行便が中国遼寧省の大連と新潟を結ぶ定期コンテナ航路の第一船が、五月十一日午前、新潟東港に入港し、中国本州を結ぶ初の定期貨物航路が誕生し、この航路には広島県海運会社中国との合併企業が開設し、大連~境港~新潟東港~大連のルートで約十日間で一周、月三回の航海を予定していると言います。

  • 1