56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号

また、地元雇用人数が1,810人から720人と、これも減少予定となっているが、ハローワーク有効求人倍率は1.53倍となっており、働く場の選択肢が広がり新卒者の地元就職が拡大し、若者の定住につながる要因ともなると考える。有効求人倍率のみで考えると新規の企業誘致、これにも取り組めないような状況になっていいのか疑問を抱かざるを得ない。

能代市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号

一方で、働く場の選択肢が広がるとともに、福利厚生の充実やライフスタイルに合った勤務時間の選択等、労働環境が多様化することにより、新卒者の地元就職の拡大や、さまざまな事情で働きたくても働けない方の就職につながると考えられます。  また、雇用環境が流動化することで、地域全体の労働環境の底上げにつながる効果もあると考えております。  

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

例えば、新卒の方々にしてみれば資格を取りやすいようにするとか、それから企業の方々がそこの例えばここでは北鷹高校ですけれども北鷹高校に出向いていって、また北鷹高校からもインターンシップで出向いていって研修もしてもらったり、その企業の内容を把握してもらっておるわけですけれども、やっぱりそういうことを地道に続けながら、地元の定着、雇用拡大を図っていきたいなと思っています。  

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

一方で働く場の選択肢が広がるとともに、福利厚生の充実やライフスタイルに合った勤務時間の選択等、労働環境が多様化することにより、新卒者の地元就職の拡大やさまざまな事情で働きたくても働けない方の就職につながると考えられます。また、雇用環境平等化することで地域全体の労働環境の底上げにつながる効果もあると考えております。  

能代市議会 2017-06-13 平成29年  6月 定例会-06月13日−03号

高校新卒の就業者の地元企業への就職、そしてその企業情報の提供が最も必要と考えますが、地元企業とマッチングがうまくいっていない現状を改善する必要があります。  また、高校の統合、合併により、生徒の就学環境も変わってきますので、学校や就職指導の先生に対しても、企業行政からより細やかな対応が必要と考えております。

男鹿市議会 2016-09-07 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月07日−03号

こうした独自の取り組みを進めてきた同社ですが、採用情報を発信するための資金や人材の不足などから、ここ数年は新卒求人募集を出しても問い合せすらない状態が続いたと言います。  そうした中、15年12月にユースエールの認定を受けると、認定企業を重点的にPRする厚生労働省企業検索サイトなどで広くアピールされたことにより、採用の問い合せが相次ぎました。

能代市議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会-03月09日−04号

それから、地元で働こう新規就農モデル事業でありますが、これは新卒者等を新規常用雇用した農業生産法人とか、農業普及指導員として雇用したJA等に対して助成金を支給するものでありますが、28年度においては、雇用奨励金は13人の方を予定しております。それから研修受け入れ助成金としては1名、家賃助成としては2名を予定しております。以上であります。 ○議長(後藤健君) 環境産業部長

仙北市議会 2015-06-15 平成27年  6月 定例会-06月15日−04号

聞くところに寄りますと、最近では、これは条例はあるんだけれども実際はここ二、三年は施行されてないやに聞こえてまいりますが、それをしなくても実際は退職予定者または退職者がある程度把握され、そしてそれに維持するための新年度の新卒の、大卒なりそういう方々の採用は計画にされて、また執行する点では全く差し支えないということでやられてきておるのかどうか、お尋ねしたいと思います。  

由利本荘市議会 2015-06-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月04日−02号

その傘下には、市の情報発信、新卒者などへの職業紹介など、雇用創出を実践する仕事づくり課と、市内の農家、漁家、直売所、集落及び加工者などで生産及び製造された各種農産物加工品などを高級志向スーパーへ売り込むなど、販路の開拓を推進することを目的に、まるごと売り込み課を新設いたしました。

由利本荘市議会 2015-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−02号

市は、移住を希望する求職者や新卒者等の就職支援と企業等の人材確保を支援するため、無料職業紹介所を開設するといたしました。  事業内容は、移住希望者や求職者に対する仕事と住居のセットあっせんや、Uターンの促進と新卒者等の地元就職支援を主な業務としているところであります。また、取扱求人エリアについては、通勤可能な近隣の自治体にある事業所も視野に入れるとしております。  

能代市議会 2014-09-16 平成26年  9月 定例会-09月16日−02号

市といたしましては、引き続き関係機関や各高校と連携しながら、就業支援セミナー、就職面接会、デュアルシステム事業等を通じ新卒者の地元就職を推進してまいりたいと考えております。  次に、今後の市税の動向についてどう見込んでいるのかについてでありますが、個人市民税は過去3年間の1人当たりの所得状況を見るとほぼ横ばいで推移しており、今年度もほぼ同様であります。

由利本荘市議会 2014-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月06日−03号

また、経営安定特別支援助成金の、水道料金の2分の1助成や、新規雇用奨励助成金の新卒者30万円の助成等々、厳しい経済雇用情勢の中で対応策を練り、行っているところであります。  さて、秋田県内各市町村企業支援事業を検索してみましたが、それぞれユニークな事業が展開されているようであります。目を引いたのが、羽後町の寒冷地経費助成金の実施でありました。

男鹿市議会 2014-02-27 男鹿市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-02月27日−02号

これまで、平成24年度の公募で選定した太陽光発電事業者において、市民3人が雇用されており、男鹿市商工業振興促進条例に基づき支援している合板工場では、平成25年度中の退職者の補充として6人が雇用され、平成26年度は新卒者3人が採用される予定と伺っております。  

由利本荘市議会 2013-06-12 由利本荘市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月12日−05号

今、ユニクロの現場では労働が過酷なため、新卒社員の使い捨てを繰り返し、ブラック企業と批判されており、そのユニクロ会長がもうけ頭という経済政策がまともな政策とは言えないでしょう。政府が率先して投機とバブルをあおり立てるのは邪道であります。  一方で、多くの国民の暮らしは景気回復を実感していません。むしろ急激な円安で庶民の家計を苦しめています。

由利本荘市議会 2013-05-15 由利本荘市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-05月15日−01号

雇用対策につきましては、新卒者と離職者雇用を促進する支援策をにかほ市と連携して継続するほか、農業分野における雇用の場の確保に努めてまいります。  次に農林水産業でありますが、所得の減少、担い手不足、高齢化などにより農山漁村の活力が低下し厳しい状況に直面しており、体質強化は待ったなしの課題となっております。  

由利本荘市議会 2013-02-28 由利本荘市議会 会議録 平成25年  3月 定例会-02月28日−03号

大綱4、管内の雇用状況と新卒者の就職状況についてお伺いします。  TDKの拠点再編による多数の離職者が出たことにより、厳しい経済雇用情勢の中、県、本市、にかほ市が、行政や商工団体金融団体など関連団体が緊急雇用対策議会や連絡協議会を開き、一人でも多くの再雇用対策に、県の緊急雇用創出臨時対策基金の活用や各種制度を利用して問題解決に鋭意努力されていることには、評価をしたいと思います。  

男鹿市議会 2012-12-20 男鹿市議会 会議録 平成24年 12月 定例会-12月20日−05号

また、来年度の法人における保育士の確保については、正職員、臨時職員、合わせて75人程度必要と見込んでいるが、現在、臨時職員として登録している保育士70人のほか、新卒者などの新規雇用で5人程度確保できれば、これまでと同程度の保育業務が可能と考えているとの答弁があったのであります。  

男鹿市議会 2012-09-12 男鹿市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月12日−04号

ちなみに、新卒の場合、初任給を申し上げますと、現行臨時保育士であれば13万8千720円でありますけれども、14万2千円あたりを考えております。  学童保育の人数については、現在、指導員13名であります。これは先ほど申し上げましたように、法人の嘱託職員というふうな形になるということであります。  以上でございます。 ○議長(吉田清孝君) さらに質疑ありませんか。