895件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-24 令和元年第4回定例会(第4号 6月24日)

初めに、発議第2号新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出についてでありますが、現行の過疎地域自立促進特別措置法は、令和3年3月末をもって失効することとなるが、過疎地域は我が国の豊かな自然や歴史・文化を有するふるさとの地域であり、都市に対して貢献する多面的な機能を担っていることから、引き続き総合的な過疎対策を充実強化し、過疎地域の振興が図られるよう新たな過疎対策法の制定を強く要望するため、意見書を

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

今後は、さらなる誘客促進を図るため、着地型旅行商品の造成を進め、本市の歴史・文化を象徴する花輪ばやしや大日堂舞楽などの世界文化遺産等を満喫するかづのプレミアムツアーを展開していくほか、国立公園満喫プロジェクトにおける十和田八幡平国立公園エリア内の整備が進むことにより、観光客の受け入れ態勢もより一層充実することから、引き続き自然や温泉等を有効に活用した事業を継続して実施していくことで、観光産業確立計画

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

5月1日から6日まで展示ホールを無料開放したほか、道の駅おおゆでは縄文体験コーナーなどを開催し、県内外から来場した方々に大湯環状列石の魅力を広くPRいたしましたが、今後も引き続き関係自治体と一層の連携を図りながら、世界文化遺産登録の早期実現を目指して取り組んでまいります。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

学校給食に地場産野菜を多く取り入れることにより、子供たちが地域の特産物を知り、地元の食文化に触れることで地域への愛着を深めることにもつながっていくものと考えておりますので、引き続き地元生産者や地元業者の協力を得ながら地場産物の活用を継続し、地域に根差した学校給食の提供に努めてまいります。 ○議長(宮野和秀君) 黒澤一夫君。 ○18番(黒澤一夫君) わかりました。  

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

文化共生の点で市民意識の醸成を図ることも考えるとしております。  次に伺いますが、人手不足が加速し、企業の事業継続に深刻な影響が出ているとされます。調査資料によると、2018年1月から10月に人手不足関連倒産は前年同期比20.4%増の324件に上り、2013年の調査開始以降、最悪だった2015年1月から12月のペースを上回るとされます。

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

十和田八幡平観光の本格的な再生に向けての取り組みにつきましては、プロジェクトに掲げる事業を着実に実施することにより一層充実した受け入れ態勢が整いますので、「気候」「自然」「文化・歴史」「食」それぞれのテーマに沿った観光パンフレットを作成し、効果的なPRを行うほか、鹿角を丸ごと楽しめる旅行商品の造成を進めてまいります。  

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

鹿角ブランドの確立については、観光消費額の増加を目的に、ユネスコ無形文化遺産や大湯環状列石など、本市にある世界に誇る歴史文化資源を一体的にPRする「統合ブランド」を展開するため、鹿角の共通イメージとしての「黄金色」と結びつけたブランドストーリーをもとに、観光誘客につながる具体的な事業を盛り込んだアクションプランを策定し、効果的にブランド力を高めてまいります。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

具体的な活用状況につきましては、フェイスブックは移住コンシェルジュによる移住情報や高校生広報室による高校生目線の魅力発信、さらにはスポーツ大会の情報や競技結果、文化の杜交流館コモッセで行われるイベント情報など、5つのアカウントを運用し、速報性の高いツイッターは、観光やイベント情報、熊出没情報の3件で活用しております。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

世界文化遺産登録に向けた今後の対応についてでありますが、市長が行政報告でも申し上げましたとおり、今年度の推薦見送りは非常に残念な結果でありましたが、引き続き関係自治体とより一層の連携を図りながら、世界遺産登録の早期実現を目指した取り組みを継続してまいります。  

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

鹿角ブランドの推進につきましては、本市がロケ地となった映画「デイアンドナイト」の本市での先行上映まで100日に迫った10月11日から文化の杜交流館コモッセや道の駅、市内高校など計7カ所にカウントダウンボードを設置しております。

男鹿市議会 2018-09-21 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号

三浦大作                       主査      吉田 平 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条による出席者  市長       菅原広二      副市長      笠井 潤  教育長      栗森 貢      監査委員     鈴木 誠  総務企画部長   船木道晴      市民福祉部長   柏崎潤一  観光文化

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

地域を活性化させるには、基盤産業を生かした施策が最も大事であり、当市は観光、農業、文化遺産等の他の地域より恵まれた環境にあると思います。交通網では、空港、高速道路が県内でも恵まれている環境にあります。住みよい鹿角を構築して移住・定住人口を高めるためには、恵まれている環境や基盤産業に活力が必要と考えます。  

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

○議長(吉田清孝君) 次に、藤原観光文化スポーツ部長の説明を求めます。藤原観光文化スポーツ部長      [観光文化スポーツ部長 藤原誠君 登壇] ◎観光文化スポーツ部長(藤原誠君) おはようございます。  私からは、観光文化スポーツ部に関する議案第65号についてご説明いたします。  恐れ入りますが、議案書の5ページをお願いいたします。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

7月の文化庁の文化審議会で、2020年の世界文化遺産の候補として北海道・北東北縄文遺跡群が選定されました。6度目の挑戦であり大変喜ばしいことでございます。登録実現に向けてはクリアすべきハードルがあると思いますが、関係自治体と連携し、さらに前に進めていければと思います。  また、逆に毎年のように大きな自然災害が発生しております。

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

                      主席主査    三浦大作                       主査      吉田 平 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条による出席者  市長       菅原広二      副市長      笠井 潤  教育長      栗森 貢      総務企画部長   船木道晴  市民福祉部長   柏崎潤一      観光文化

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

○議長(吉田清孝君) 藤原観光文化スポーツ部長      [観光文化スポーツ部長 藤原誠君 登壇] ◎観光文化スポーツ部長(藤原誠君) お答えいたします。  その認識で間違いございません。 ○議長(吉田清孝君) 17番古仲議員 ◆17番(古仲清尚君) ありがとうございます。  

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

1回目の意見を踏まえながら、今月13日に市民文化会館で2回目の意見交換会を開催する予定であり、より具体的に市民の方々のアイデア、ご意見を伺うこととしております。  2回目の意見交換会後、意見を取りまとめ、来月に開催予定の市政懇談会において、各地区にそれを示し、意見を伺った上で、来月末までに3回目の意見交換会を行い、計画案を取りまとめたいと考えております。  

男鹿市議会 2018-09-03 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号

三浦大作                       主査      吉田 平 --------------------------------------- 地方自治法第121条による出席者  市長       菅原広二      副市長      笠井 潤  教育長      栗森 貢      監査委員     鈴木 誠  総務企画部長   船木道晴      市民福祉部長   柏崎潤一  観光文化

男鹿市議会 2018-09-01 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-目次

  9月定例会 9月5日(水)定例会第2日 議事日程…………………………………………………………………………………………25 開議………………………………………………………………………………………………27 一般質問…………………………………………………………………………………………27    佐藤巳次郎君……………………………………………………………………………28    答弁(菅原市長、藤原観光文化