320件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2020-09-07 09月07日-02号

既に浅内小学校では、授業における話合いを通して一人一人の発信力を高めていく浅内小独自の先進的な授業づくりや、浅内活性化プロジェクトといった地域特色を生かした教育活動が展開されております。また、一人一人の活躍を学校報で紹介するなど、多くの方々に認めてもらえる機会充実させております。本市で唯一の小規模校のよさを生かすためにも、今後特認校制度の導入について検討してまいります。以上でございます。

由利本荘市議会 2020-03-05 03月05日-03号

再生可能エネルギー利活用推進における環境への配慮についてとして、1つ、再エネ海域利用法に基づいて、教育活動、広報、その他の活動を通じて、同法に係る国民理解が深まるように努めること。 2つ目が、陸上に多数設置され、洋上に大型で多数配置される予定風力発電施設から発生する超低周波音を含む音と、健康への影響について、諸外国の最新知見研究もとにその不安解消に努めること。 

仙北市議会 2020-03-04 03月04日-02号

著者は、今、日本で行われている教育活動の多くは、学校の本来の目的を失っていると。学校子どもたちが自ら考え、判断し、決定し、行動する、いわゆる自立する力を身に付けさせなければならないはず。ところが今の学習は、学習指導一つをとっても、手段が目的化してしまい、本来手段であるはずの学習指導要領や教科書が目的化してしまっている、それを消化することに本当に窮している、そういう現状であると。

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

小規模校では、集団の中で多様な考え方に触れる機会学びあい機会、切瑳琢磨する機会が少なくなりやすいこと、運動会などの学校行事音楽活動等集団教育活動制約が生じやすいこと、児童生徒人間関係相互評価等が固定化しやすいなどのデメリットが挙げられる一方、一人一人の児童生徒に目が届きやすく、きめ細かな指導が行いやすいこと、児童生徒間の人間関係が深まりやすいこと、異なる学年間の縦の交流が生まれやすいなどの

北秋田市議会 2020-02-27 02月27日-01号

また、本年度に全小・中学校発足予定学校運営協議会等の取組を基に、地域学校子供成長に向けた目標を共有し、それぞれの地域学校特色を生かした教育活動の一層の充実に努めてまいります。 新学習指導要領対応については、新しい時代に必要となる資質能力を育成するため、教育センター研修内容充実を図るとともに、調査等を活用した授業改善を進めてまいります。

由利本荘市議会 2019-12-05 12月05日-02号

この法律の第4条は、国の責務となっていますけれども、第2項において、発電事業者に対しての情報の収集、提供、第3項では、国民理解を深めるための教育活動、広報活動が上げられています。国がこれらのことをどのように行うのか、私たちは注視していかなければなりません。 また、第5条には、関係地方公共団体責務として、国の施策協力推進を求めております。

能代市議会 2019-09-09 09月09日-02号

防災キャンプのような宿泊を伴う体験活動学校教育活動として取り入れるには、さまざまな困難がありますが、今後も関係部署協力を得ながら、防災意識を高める体験活動充実に努めてまいります。以上でございます。 ○議長(渡辺優子君) 菊地時子さん。 ◆3番(菊地時子君) 再質問をさせていただきます。まず最初に、市営住宅について、老朽化が進む住宅の建てかえ等のスケジュールと進捗状況を聞きました。

由利本荘市議会 2019-09-03 09月03日-03号

これまで以上に学校教育活動に力を入れなければなりません。 しかし一方では、学校教育を支える教師の長時間勤務が深刻な状況にあり、教師の働き方を見直す学校の働き方改革が進められています。過労死ラインを超過している結果の報告もあります。魅力はあるけれども、多忙などの理由か、大学生の教員志望者の減少が続いているとの報道もありました。 

仙北市議会 2019-03-06 03月06日-02号

地域に愛され、地域と一体となった教育活動を展開し、学校支援地域本部事業活動では文部科学大臣表彰を受賞するなど、中川地区の拠点となる大切な存在であります。今回の学校適正配置に対して御理解を賜りましたのは、これもひとえに中川地区子供たちのより良い成長を最優先するための苦渋の決断ではなかったかと思ってるところであります。 

由利本荘市議会 2019-03-04 03月04日-02号

また、国の責務として、教育活動、広報活動を通して、こうした施策に関して国民理解を深めるよう努めなければならないとしております。 市といたしましては、法の趣旨にのっとり、市の責務を果たすことはもとより、法律内容と運用について、広報等を通じて、できるだけわかりやすく市民の皆様へお知らせしてまいりたいと考えております。