9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

男鹿市議会 2017-03-16 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月16日−05号

男鹿市議会議員1人当たりの1年間の経費は、報酬で412万8千円、期末手当は116万7千円、政務活動10万円、その他共済費などを含む議員1人当たりの年間経費は約700万円となります。2人削減で18人とした場合、1千400万円の財源が捻出されることとなります。この財源捻出により、市民サービスの充実に供されるものと思われます。  

由利本荘市議会 2016-12-16 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月16日−04号

議員発案第4号議会政務活動の交付に関する条例の一部改正について及び議員発案第5号議会議員政治倫理条例の一部改正についてを一括上程し、提案者の説明を求めます。10番伊藤順男君。           [10番(伊藤順男君)登壇] ◆10番(伊藤順男君) 本日追加提出いたしました議員発案第4号、同じく第5号について御説明いたします。  

男鹿市議会 2016-03-03 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月03日−04号

しかしながら、この行政不服審査法に基づいて物事がしょっちゅう行われるということは、これもまたゆゆしき問題でありまして、ただ市民がこういう、世知辛いこの社会になってきますと、どうしても国会議員、あるいは県会の政務活動とか、あるいは議員に対してのそのチェックが厳しくなるわけでありまして、そういうのをかんがみながら、やっぱり私どもも、市民行政に対して審査をするというような制度で、こう設けられてきたわけですけれども

男鹿市議会 2014-04-30 男鹿市議会 会議録 平成26年  4月 臨時会-04月30日−01号

所信の一端を申し上げますけれども、私は、前吉田議長のもと、前任期より引き継がれておりますご案内のような議会の改革、具体的には、この後の議員の定数、適正な報酬のあり方、政務活動議会研修等々、これらの諸課題について皆さんと一緒にさらなる協議をし、早い時期に一定の結論を出せたらなという思いをしております。  

能代市議会 2013-12-19 平成25年 12月 定例会-12月19日−05号

ほかのそういった有為な人材を確保するということであれば、政治倫理条例の中では定められませんけれども、例えば政務活動とか、議員報酬とかをしっかり担保というか、確保することで若い人たち、子育て世代もしっかり有為な人材を確保できるという考え方もあろうかなというふうに思うにとどめさせていただきたいなと思います。  

北秋田市議会 2013-12-03 平成25年 12月 定例会-12月03日−01号

また調査研究の中で政務活動や通年議会等の課題も含めまして、条例等の運用を図りながら、時代のニーズに対応可能となるよう不断の改革継続を行うよう提言をさせていただきました。  最後に、1年9カ月にわたりまして審査をいただきました委員の皆様や、ご指導を賜りました議長を初め関係者の皆様に感謝とお礼を申し上げまして、議会改革特別委員会の調査報告とさせていただきます。ありがとうございました。

由利本荘市議会 2013-02-28 由利本荘市議会 会議録 平成25年  3月 定例会-02月28日−03号

初めに、議員発案第1号政務調査費の交付に関する条例の一部改正についてでありますが、これは従来の政務調査費の名称を政務活動に、また交付目的議員の調査研究その他の活動に資するために改めるとともに、政務活動を充てることができる経費の範囲などについての規定を整備するものであります。  

能代市議会 2013-02-27 平成25年  3月 定例会-02月27日−01号

− ◯議事日程第1号                     平成25年2月27日(水曜日)                     午前10時 開会  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期の決定  日程第3 諸般の報告  日程第4 議会議案第1号能代市議会委員会条例の一部改正について  日程第5 議会議案第2号能代市議会会議規則の一部改正について  日程第6 議会議案第3号能代市議会政務活動

仙北市議会 2012-12-25 平成24年 12月 定例会-12月25日−05号

今般の地方自治法の主な改正項目は、1つ、会期、2つとして、臨時会の招集権、3として、議会運営、4つ目として、議会の調査権、5、政務活動となっていますが、このうち条例規則の改正等が必要となる事項は議会運営に係る事項で、本会議でも公聴会の開催、参考人の招致を可能にすること、それから政務調査費を政務活動に改め、経費の範囲を条例に定めること、議長は使途の透明性の確保に努めることであります。

  • 1