112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2020-03-11 03月11日-04号

第2表債務負担行為でありますが、令和2年度浄化槽設置資金利子補給補助金と令和2年度浄化槽設置資金損失補償期間及び限度額について定めております。 次に、第3表地方債は、特定地域生活排水理事業債の限度額、起債の方法、利率、償還の方法について定めております。以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(渡辺優子君) 質疑を行います。     

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

議長(吉田清孝君) 柏崎総務企画部長     [総務企画部長 柏崎潤一君 登壇] ◎総務企画部長(柏崎潤一君) この算定につきましては、国土交通省損失補償取扱、これに準じて行っていますので、JRの建物であるというような条件は加味されておりません。通常一般に行われます補償のやり方で鑑定していただいているというところです。

由利本荘市議会 2020-02-17 02月17日-01号

鳥海ダムにつきましては、昨年9月に東北地方整備局ダム地権者会が損失補償に関する協定書の調印を行うなど、令和10年度の完成を目指して、用地取得や工事が進んでいるところでありますが、市では、3月に策定される鳥海ダム周辺エリア利活用基本構想を指針として、秋田県協力のもと、水源地域対策特別措置法に基づく水源地域整備計画を策定するほか、ダム周辺エリア利活用施策の実施について、鳥海ダム工事事務所や市民団体とともに

由利本荘市議会 2019-12-06 12月06日-03号

鳥海ダム建設につきましては、本年9月5日に損失補償に関する協定書の調印式が行われ、国と各地権者会とで合意がなされました。これに伴い、具体的な個別協議の後、いよいよ本格着工へと進むことになります。1300年ほどの歴史ある百宅の地を提供してくださる地権者の方々に深く感謝するものであります。 

男鹿市議会 2019-06-18 06月18日-02号

また、移転補償料の算定については、国の公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱に基づく形で行うべきと考えており、JR東日本秋田支社でも同様の考えである旨を確認しております。 次に、旧男鹿駅裏にJR用地を確保することについては、支障構築物の移転先及び大型車両の進入経路を確保することが、本市、JRともに好都合であることから、交換の協議を進めているものであります。 

鹿角市議会 2019-04-22 平成31年第3回臨時会(第1号 4月22日)

第2表債務負担行為補正は、平成30年度の水洗便所改造資金の利子及び融資金の損失補償について、翌平成31年度から平成35年度までの5年間の債務負担行為を設定するものですが、平成30年度は融資実績がなかったことから廃止するものであります。  第3表地方債補正は、事業実績により限度額を570万円減額し1億180万円とするものであります。  9ページ、10ページをお願いします。  

能代市議会 2019-03-06 03月06日-04号

第2表債務負担行為でありますが、平成31年度浄化槽設置資金利子補給補助金平成31年度浄化槽設置資金損失補償期間及び限度額について定めております。 次に、第3表地方債は、特定地域生活排水理事業債の限度額、起債の方法、利率、償還の方法について定めております。以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(渡辺優子君) 質疑を行います。     

能代市議会 2018-06-20 06月20日-04号

通常損失補償金としては、動産移転料が58万8924円、移転雑費補償金が7707万4850円であります。以上、移転補償費は合わせて10億3859万4922円であります。 契約金額は、土地の売り払い額と移転補償費を合わせて11億4934万4380円であります。契約の相手方は、能代市鰄渕字一本柳97番地1、分任支出負担行為担当官 東北地方整備局 能代河川国道事務所長 坂 憲浩であります。

鹿角市議会 2018-05-14 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日)

第2表債務負担行為補正は、平成29年度の水洗便所改造資金の利子及び融資金の損失補償について、平成30年度から平成34年度までの5年間の債務負担行為を設定するものですが、平成29年度は融資実績がなかったことから廃止するものであります。  第3表地方債補正は、事業実績により限度額を90万円減額するものであります。  9ページから10ページをお願いします。  

能代市議会 2018-03-01 03月01日-05号

第2表債務負担行為でありますが、平成30年度浄化槽設置資金利子補給補助金平成30年度浄化槽設置資金損失補償期間、及び限度額について定めております。 次に、第3表地方債は、特定地域生活排水理事業債の限度額、起債の方法、利率、償還の方法について定めております。以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(武田正廣君) 質疑を行います。     

能代市議会 2017-03-09 03月09日-05号

第2表債務負担行為でありますが、平成29年度浄化槽設置資金利子補給補助金及び平成29年度浄化槽設置資金損失補償期間、及び限度額について定めております。 次に、第3表地方債は、特定地域生活排水理事業債の限度額を3,100万円、利率を3%以内と定めております。以上、よろしく御審議のほどお願いいたします。 ○議長(武田正廣君) 質疑を行います。     

鹿角市議会 2017-02-02 平成29年第1回定例会(第1号 2月 2日)

第5条債務負担行為をすることができる事項は、平成29年度水道給水装置設備資金利子補給補助金並びにその損失補償とし、期間については平成34年までとしております。  次のページの第6条企業債の目的、方法等は表のとおりと定め、限度額の合計は1億7,280万円であります。  第9条他会計からの補助金は、統合簡易水道事業に係る起債償還分の補助金額を定めたものであります。  平成29年2月2日提出。