運営者 Bitlet 姉妹サービス
667件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-05-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  5月 臨時会-05月02日−01号 子育て応援米支給事業は、70万円減額し740万円に、複合観光施設整備事業は、980万円減額し1億5,610万円に、社会資本整備総合交付金事業は、210万円減額し3,830万円に、災害防止事業は、140万円減額し80万円に、公営住宅建設事業は、20万円減額し1,320万円に、ジオパーク推進事業は、40万円減額し240万円に、現年公共土木施設災害復旧事業は、90万円減額し1,450万円に、それぞれ変更するものであります もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) まず、6款1項3目農業振興費におけるそばの里プロジェクト推進事業について、減反政策が廃止されることで本事業の事業内容について変更があるものかただしております。  これに対し、そばに関しては引き続き国の経営所得安定対策の対象となっており、大きく変わることはないと考えているとの答弁がなされております。   もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 第4点として、道路舗装改良事業での防雪柵設置計画及び二次交通整備推進事業の内容とタクシードライバー等への接客指導について。  第5点として、水道事業会計負担金の積算根拠と工事に伴う繰り出し状況及び男鹿駅周辺土地利用計画策定事業の計画範囲と市民ワークショップの内容並びに道の駅連絡会負担金措置と登録見込みについて。   もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 本市においても新年度から市独自の介護人材確保推進事業をさらに拡充していくとともに、国県の新規事業の活用や雇用対策協定を締結した秋田労働局などと連携しながら人材の確保を進めてまいります。 ○議長(宮野和秀君) 田中孝一君。 ○15番(田中孝一君) 厚生労働省としては利用者に影響が生じないよう事業者を調整する必要があると、実態を踏まえて自治体を支援したいとしています。 もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) まず初めに、ふるさと鹿角応援寄附推進事業についてお伺いいたします。  ふるさと鹿角応援寄附推進事業、いわゆるふるさと納税については、返礼品の高額化など自治体間の競争が問題となり、国の指導もあって返礼率を3割に引き下げておりますが、1月の新聞記事によりますと、本市の平成29年度のふるさと納税は、件数・金額とも3割減ということで、伸び悩んだ理由を返礼率を下げたためではないかと分析しているようです。   もっと読む
2018-03-06 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日) あと、もう一点ですけれども、この空き家等適正管理推進事業ということで、これから件数把握していろいろまた再調査するということなんですけれども、これは今までと同じような方に頼むのか、またどのくらい期間をかけてやるのか、期間的に、例えばことしいっぱいやるのか、半年ぐらいで終わるのか、ここのところをお尋ねいたします。 ○議長(宮野和秀君) 市民共動課長。 もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 次に、「学校・家庭・地域の連携協力による学校教育の向上」についてでありますが、引き続き、地域学校協働活動推進事業を核とした地域の教育力を教科指導やふるさと・キャリア教育に活用することにより、学校教育の多様性の幅を広げるとともに、地域全体の教育力の向上を目指します。   もっと読む
2018-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号 その地域福祉総合事業推進事業、在宅福祉等及び向上事業、そして高齢者の生きがいと健康づくり事業、そして敬老会等について、事業の整理をし、再構築して国の補助事業を適用させるとありますが、具体的な中身についてはどういう方向なのか、明確に示してほしいと思います。 もっと読む
2018-02-27 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号 このことを踏まえ、これまで別々に実施していた「放課後子ども教室事業」と「家庭教育相談支援事業」を、来年度は一つの事業に組み直し、「子ども家庭地域連携推進事業」として、地域全体で子どもたちの成長を支える環境づくりや家庭教育に関する相談支援体制づくりを進め、子育て世帯の一層の支援に努めてまいります。  第2点として、「生涯学習推進体制の整備」について申し述べます。   もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) また、昨年3月に策定した公共施設等総合管理計画では、統合、廃止や長寿命化などに関する基本方針を示しながら、今後10年間で保有施設の総量を5%縮減する目標を掲げており、老朽施設の解体等に要する自主財源として財政調整基金を見込んでいるほか、管理計画に基づく公共施設等の集約化や複合化にあわせて行う老朽施設の解体への財源としては、交付税算入が見込める「公共施設等適正管理推進事業債」が新たに創設されたことから もっと読む
2017-12-11 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第2号12月11日) 隣の青森県も食生活は鹿角地域と似たようなものがあると思いますが、青森県ではだし活、健活、減塩推進事業として県を挙げて取り組んでおります。テレビコマーシャルやイベントだけではなく、青森県産品を使い一定の基準を満たした商品に「できるだし」の商標を表示させるなど、企業の取り組みも進めております。   もっと読む
2017-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号 県内におきましては、由利本荘市におきまして医療・介護総合確保基金として、由利本荘医師会が独自に地域の在宅医療と介護連携推進事業として、県のICT活用在宅医療・介護連携推進事業の採択を受けて由利本荘市の中で、フェイスブック、いわゆるSNSです。 もっと読む
2017-11-30 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第1号11月30日) 2項2目観光振興費の外国人観光客誘客推進事業130万円は、トップセールス等のPR効果により、申請件数が当初見込みを上回り、予算に不足が生じる見込みであることから補助金を追加するものです。  次の42、43ページをお願いします。  8款2項2目道路橋りょう維持費の橋りょう長寿命化対策事業689万6,000円は、橋梁点検を44橋追加するほか、2橋の橋梁補修に係る実施設計委託料を追加するものです。 もっと読む
2017-09-27 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号 また、閉校校舎解体事業債について、当初予算に盛り込まれなかった経緯について質疑があり、当局から、当初、閉校校舎の解体は、跡地利用の計画がない場合は、交付税措置のない公共施設等適正管理推進事業債(通称:除却債)の活用を検討していた。総務省から合併特例事業で統合整備と位置づけられた事業であれば解体についても合併特例債の対象事業となるとの見解が示されたことにより、29年度に申請を行ったものである。 もっと読む
2017-09-19 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月19日−04号 14款県支出金では、矢島小学校児童と香川県高松市の小学生の交流事業に係る秋田発・子どもふるさと交流推進事業補助金及び英語講師の派遣などを行うあきたっ子グローバルびじょん事業委託金の追加が主なものであります。  19款諸収入では、地域支援事業受託収入の減額及び居宅介護予防サービス計画費収入の追加が主なものであります。   もっと読む
2017-09-15 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号 大きな項目の2、移住・定住対策についての②教育ツーリズムを活用した移住促進についてとして、1)小中学校への短期留学事業を拡充し、教育に特化した移住政策に取り組んではどうかとの質問でありますが、合川学童研修センターで実施している教育留学推進事業は、年間を通して行う長期留学事業と、参加児童生徒の夏休みと冬休みを利用して行う短期留学事業の2種類がありますが、いずれも県のあきた未来総合戦略事業の一環として、 もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 8月17日には、インクルーシブ教育システム構築推進事業の特別支援教育かがやきミーティングが北秋田市で開催され、教職員や保護者が参加をしております。また、8月23日には、秋田大学と連携して行われた特別支援教育担任研修会を行うなど、専門の知識を持つ人材の育成や啓発にも取り組み、支援員も35名に拡充されております。 もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) しかしながら、今年度県がヘルプマーク、ヘルプカード普及推進事業により、県内の統一規格を設け普及推進を図ることとしており、規格が統一されることで障害のある方への理解や認識が広く深まることが期待されるため、本市においても積極的に普及を促進してまいります。   もっと読む
2017-09-01 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日) 13款2項1目総務費国庫補助金の地方創生推進交付金109万円は、国から交付決定を受けたことに伴い追加するもので、追加分の交付金は歳出の鹿角ブランド推進事業に充当いたします。  14款2項4目農林水産業費県補助金のミドル就農者経営確立支援事業費補助金120万円は、45歳以上60歳未満の新規就農者を対象に就農初期段階における経営を支援するため新設するミドル就農者経営確立支援資金を県が補助するものです。 もっと読む
2017-08-29 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-08月29日−03号 それから、秋田県幼少連携理解推進事業という南教育事務所のほうで行っている事業あるんですが、そこに活用いたしまして、例えば本年度は生保内小とだしのこ園、角館小と角館保育園が活用して、相互の連携理解等を図っております。それから、このほかに仙北市の療育訓練、どれみの会ってございますが、そのような会、それから、北浦SENネット会議等もあります。それから、教育支援委員会。 もっと読む