運営者 Bitlet 姉妹サービス
193件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 女性1人が生涯に産む子の数を推定した合計特殊出生率は1.12で、25市町村で最も低いという厳しい現状となっております。全県的には60万人に減少するとしている。市長は2045年には1万人に減少するという本市の現状と将来推計に対しての見解をお伺いしたいと存じます。  地域や集落の存続の危機と言わなければいけません。人口減少に、いかに対応していくかが問われております。 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 鹿角市の現状と対策についてでありますが、鹿角市の状況で厚生労働省が平成24年に公表している認知症有病推定値15%、MCI正常とは言いがたい認知症でもない、いわゆる認知症予備軍の有病率推定値13%を当てはめると、認知症MCI有病率推定合計は平成29年度でどのくらいの人数と予想しているか、また、何らかの対策はとっているのか、お伺いします。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 まずは、船川港湾交通機能用地に積み上げられた数十万立米と推定されるしゅんせつ土砂でありますが、安全性に問題がありませんでしょうか。来春もまた大型フェリー来航前にしゅんせつ工事が行われ、土砂量がさらにふえる予定と伺っています。実際に昨年の7月15日、大雨の影響と思われますが、堆積土砂が決壊し、土砂というか実際は海底のヘドロですが、それが流出しています。 もっと読む
2017-09-12 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日) 岩手県では生息数が3,700頭と推定されており、本県ではことしから正確な調査が行われるとのことでございますが、熊被害は駆除のほかに森の整備や熊が人里に来る原因を除去する必要もあると言われております。  山際や里地の刈り払いで見通しをよくし、人里との緩衝エリアを整備するために、どこか市内の場所を決めて試験的に行うことはできないのか、また、そのような考え、検討はできないのか伺わせていただきます。 もっと読む
2017-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号 また、全胃がんの78%、特に日本人に多い噴門部、胃と食道のつなぎ目以外の胃がんでは89%がピロリ菌が原因だと推定されるとしております。  日本では、ピロリ菌除菌の保険適用は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状が進行していなければ認められませんでしたが、2013年2月からは、呼気検査などでピロリ菌感染を調べ、内視鏡で慢性胃炎と診断された人には、除菌治療を保険適用とする対策が講じられております。 もっと読む
2017-08-28 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号 生産量は推定で40トン程度と推測しております。これは生産量に具体の量的な把握がなかなか困難だという現状があるということであります。というのも、生産者がそれぞれ贈答品として、また直接販売方式ということも多くて、どのくらいの生産量があるのかなかなか把握が困難だという現状もあるわけであります。 もっと読む
2017-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−02号 なお、この事業による市内経済への波及効果は、県の試算方法によりますと約62億2千524万円と推定されるものであります。  ご質問の第5点は、クルーズ船の寄港についてであります。  まず、本市からの持ち出しについてでありますが、今年度、船川港には外国籍の客船「ブレーメン」を含め合計4回のクルーズ船の寄港が予定されております。   もっと読む
2017-06-12 仙北市議会 平成29年  6月 定例会-06月12日−02号 要するに、その第3次産業以外のところの生産も含めて250億から300億円ぐらいの塊が既に仙北市の中にあるという推定ですので、何と考えても生産別の産業区分では、今は割り切れない、そういうことから考えていっても、これからが私の思いですけど、そういうことからいっても、仙北市は1次産業、2次産業、3次産業、横断して観光産業に既に着手しているというふうに私は考えています。 もっと読む
2017-06-05 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月05日−04号 2025年問題というのは、団塊の世代が2025年、今から8年後におよそ800万人の方が全員75歳となり、その結果75歳以上の人口は2,200万人となると推定されております。それは、日本の総人口のうち3人に1人は65歳以上となり、5人に1人は75歳以上と、超高齢化社会に突入するということです。  ここで最も対応が求められる分野は、医療と介護です。 もっと読む
2017-06-02 仙北市議会 平成29年  6月 定例会-06月02日−01号 出火の原因は落雷によるものと推定されております。  また、同夜は市内各地で雷が発生し、落雷により白岩小学校では火災報知設備受信器1基、加圧給水ポンプユニット1基が破損しております。被害額は207万2,000円でした。 もっと読む
2017-06-02 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号 北朝鮮のミサイルが東京のど真ん中に落ちた場合、推定で100万人の死者という予測もある中であるということでの日本農業新聞の記事でありました。この国の対応をどういうふうに見られていますか。もしお答えできるのであったら、市との対応が余りにも違い過ぎるので、お答えください。 ○議長(鈴木和夫君) 佐々木君、あなたのただいまの質問は、通告を大幅に超えているように受けとめられます。 もっと読む
2017-06-01 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月01日−02号 次に、(7)18年ぶりの開催となる秋田県種苗交換会の意義と効果についてですが、本市が会場となる意義とその経済効果をどのくらいと推定されるか、また、どのような試算をしているのかお伺いいたします。   もっと読む
2017-05-22 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第2号 5月22日) 義務教育云々という捉え方の解釈もありますけれども、現在、通学援助費で最大でありますけれども、年間1名の生徒で最大で二十数万円といった財源を伴っておりまして、この統合により、恐らく私どもで推定している中では、現在は通学対策費が6,000万円ほどかかっているんですが、3,000万円ぐらいアップするといったことがランニングコストとしてまずかかっております。   もっと読む
2017-05-22 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第2号 5月22日) 義務教育云々という捉え方の解釈もありますけれども、現在、通学援助費で最大でありますけれども、年間1名の生徒で最大で二十数万円といった財源を伴っておりまして、この統合により、恐らく私どもで推定している中では、現在は通学対策費が6,000万円ほどかかっているんですが、3,000万円ぐらいアップするといったことがランニングコストとしてまずかかっております。   もっと読む
2016-12-16 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月16日−04号 次に、陳情第11号地域の実情に応じた医療提供体制の確保を求める意見書提出についての陳情でありますが、この陳情は、都道府県が策定する地域医療構想が地域の実情に応じた内容となるよう推定方式の抜本的な見直しを行うことについて、国に対し意見書の提出を求めるものであります。   もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 反面、女性1人が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率は、直近の2008年から2012年で1.58で、県内で一番高い数値となっております。  そこで、出生数が年々減少してきている中で合計特殊出生率が高いという現象をどのように捉えているのかお伺いします。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。   もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 反面、女性1人が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率は、直近の2008年から2012年で1.58で、県内で一番高い数値となっております。  そこで、出生数が年々減少してきている中で合計特殊出生率が高いという現象をどのように捉えているのかお伺いします。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。   もっと読む
2016-07-08 仙北市議会 平成28年  7月 臨時会-07月08日−01号 次に、補償費でございますけれども、補償費は公共事業における建物の補償費算出に用いる補償金算出基準書の算出方法に基づきまして、推定建築費に再築補償率を乗じて算出しております。当該建物の固定資産税の課税標準額1億1,569万5,507円に鉄骨造りの工場の経過年数22年の再築補償率0.479を乗じて算出しております。   もっと読む
2016-06-13 仙北市議会 平成28年  6月 定例会-06月13日−03号 私もまあこうでないかなっていう推定はできるんですけれども、ここでぜひひとつ門脇市長に本当のことをですね、あの方何で辞めていったのかっていうことをちょっとお伺いしたいと思いますが、本人がもう話したくないと言ってましたので。わからなければわからないで結構ですよ。 ○議長(青柳宗五郎君) 門脇市長。 もっと読む
2016-06-10 鹿角市議会 平成28年第4回定例会(第3号 6月10日) 本市の食品ロスの状況と削減に向けた対策についてでありますが、家庭から排出される食品ロスの量を国では1人当たり年間24.6キログラムと試算しており、これを本市に当てはめますと約800トン、家庭ごみとして排出されているごみの11%程度になると推定されます。   もっと読む