293件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

ただ、現場の先生からすると、やはり授業の進捗状況が、どっちかにいる長さによって変わっていく、そのすり合わせが難しいかもしれないというのと、デメリットではないですけれども課題として、環境ががらっと変わってしまうので、それに対応していけるのかどうかというのが課題だなというのが話を聞いた段階で浮かびました。それも少しずつのところから始めていければ解決にもつながるのかなというのも感じました。  

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

確かな学力を身に付け、豊かな人間性社会の中でたくましく生き抜く力の育成」についてでありますが、主体的・対話的で深い学びのある授業を展開するために、学習活動の基盤となる学級集団のアセスメントを実施し、各種学力検査の結果とともに分析を行い、学級経営や授業改善に生かすほか、児童生徒一人一人の特性を理解し、困り感を解決しながら、よりよい学習体制を整えてまいります。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

まず、子育てアンケートについてですが、教育費の負担に不安を抱えている方が多く、将来の進学などの費用に対する不安が全体の46%、現在の授業料、保育料などの負担が重いと答えた方が13%、学習塾家庭教師、習い事などの費用負担が重いと考えた方が10.4%、制服や学用品の購入や買いかえ費用の負担が重いと回答した方が3.2%と、教育費の負担に不安を感じている方が全体の74%おられることがわかりました。  

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

スキー人口の底辺拡大への取り組みについてでありますが、本市では、「スキーと駅伝のまち」を掲げ、全国規模のスキーや駅伝の各種大会開催のほか、ジュニア期からの競技人口の拡大や育成向上を図るため、小中学校で行われるスキー授業への支援、児童・生徒のスキー場への輸送やスキー用具、スキーウエアの無料貸し出し、指導者の派遣などを行っております。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

田舎のよさやまるごと鹿角を発信でき、子供を通して都会とつながれるすばらしい授業であり、これぞまさに関係人口と実感しておりますが、であればこそ、もっとたくさんの市民の方々に知っていただき、かかわっていただきたいと思いますが、年々、市職員以外の一般の受け入れ家庭が減っているように見受けられますが、どのような要因があると考えられるか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。

鹿角市議会 2018-03-14 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日)

ご意見をお聞かせ願えればと思っているところですが、質問は、高校の統合によって本市の教育方針、そして中学校授業内容、これらに影響があるのか。また、統合に関連して県教育委員会へ要望していること、また、これから要望していくという項目があるのか、お伺いいたします。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2018-03-12 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日)

転出した子供たちが将来鹿角市に帰ってくることへつながる教育についてでありますが、鹿角市教育執行方針において、教育目標として「心豊かでたくましく郷土を愛し その発展に尽くす市民を育む教育を進める」ことを掲げており、主に総合的な学習の時間特別活動等の授業において、ふるさと生き生きネットワーク事業やかづの夢創造school事業等に取り組んでおります。  

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

確かな学力を身に付け、豊かな人間性社会の中でたくましく生き抜く力の育成」についてでありますが、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善を図るため、各種学力調査を実施し、その結果分析を授業改善や指導法の工夫に生かして、児童生徒一人一人に確かな学力を身に付けることにつなげるとともに、デジタル教材情報通信機器の活用により児童生徒が興味関心を抱く魅力ある指導方法の工夫などを行い、学習意欲の向上を

北秋田市議会 2017-10-10 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号

平成32年度からの新しい学習指導要領に備えて、昨年度からALTを7名体制にし、本場の英語を使った授業を行い、社会に出た際に、さまざまな場面で英語を使って活躍できる子供を育てている。また、ALTのコーディネーターが先生とALTとの間に入り、充実した授業内容となるよう協力しているとのことであります。  委員からは、国際社会で活躍する子供を育てるためには、英語はとても重要である。

能代市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号

秋田県が全国的に優秀な成績を記録していることへの世論の関心は高いですが、その一方、全国的に問題視されていることは、学力テストが自治体間競争に傾斜し、授業時間を削ってまでテストに備えた過去問題練習に没頭し、テスト学力への偏重が著しくなり、本来の学力調査の目的を見失っている自治体がふえていることです。  

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

昼の2時過ぎ、幼稚園授業が終わりますと、紀子様が恐らく毎日お車で迎えにいらしていましたが、それへすぐにはお乗りにならずに、必ずほかの子供たちや親御さんと御一緒に学校の隣にある目白駅へ向かわれて、そこでお友達を見送られてから紀子様と二人でお車のところまで戻られて、初めて車に乗り込まれてお帰りになると。その御様子をよくお見かけしたものです。

鹿角市議会 2017-09-12 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日)

○7番(成田哲男君) 昨年はまず大湯小とか、またいろいろ出てきておりましたので、各学校の生徒児童についていろいろ注意するような、喚起を促すような、そういう形はふだんの授業ではないですが、学校のほうでいろいろやってもらえばいいのかなと思っております。  それでは、次に城山野球場の整備について質問いたします。  

由利本荘市議会 2017-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号

本市内小中学校を私たちが訪問した限りでは、子供も先生も生き生き授業であり、そのような感じはなく、第三者のいろいろな心配を払拭するような雰囲気でありました。ただ、全国的な統計の中での参考でありますので、他山の石として見過ごされないことでもあるかと思います。  この報道では、定年前退職・離職者が驚くほど多くおられることが示されております。