128件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2017-12-18 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号

しかし、この会議に、唯一の戦争被爆国の日本政府は核保有国と歩調を合わせ参加しませんでした。  条約前文では、核兵器の非人道性を厳しく告発し、国連憲章、国際法、国際人道法に照らして、その違憲性が明確に述べられています。さらに核兵器使用の被害者(HIBAKUSHA)及び核実験の被害者に言及しています。  

男鹿市議会 2017-12-07 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号

これも安倍首相は、いよいよこの間、選挙終わった途端に憲法9条の平和条項を形骸化し、戦争ができるような条文を加えるという憲法改正に堂々と公言しました。いよいよ来年の国会に提案するという談話がありましたけれども、私は今のこの平和憲法と言われる、特に9条に関しては、絶対に改正すべきではないと考えています。

鹿角市議会 2017-11-30 平成29年第7回定例会(第1号11月30日)

現在後期高齢者に移行している世代は、ちょうど太平洋戦争の時期に当たることから、緩やかな増加となっているが、2020年度以降にはまた急激に増加する見込みとなっているとの答弁がなされております。  以上の審査により、認定第4号は原案のとおり認定すべきものと決定いたしております。  次に、認定第5号平成28年度鹿角市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてご報告いたします。  

能代市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号

陳情はさらに特定秘密保護法、安保法制、盗聴法改正の導入、2020年までに憲法9条改憲の動きを危惧し、日本を再び戦争をする国にしてはならない、平和で安心な暮らしを望むとしています。中間報告で委員会の審議も行われず、強行採決された共謀罪。市民の自由を脅かし、監視社会をもたらす同法は廃止するしかありません。よって、本陳情は採択すべきとします。 ○議長(武田正廣君) 以上で通告による討論は終わりました。

男鹿市議会 2017-09-05 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号

さて、一昨日の北朝鮮の原発実験やミサイル発射などをはじめ、今、世界的に戦争やファシズムという言葉を連想させるような事態が続いております。国内的にも、一連の戦争法と言われるあの安保法の強行、そして秘密保護法、そしてまた共謀罪、そして憲法改悪、9条廃止、こうした一連の動きは、非常に私は不気味な政治動向ではないかというふうに思ってます。

能代市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会-06月21日−05号

唯一の戦争被爆国の政府として、交渉会議に参加し、法的拘束力のある核兵器禁止、廃絶の実現に尽力することを多くの国々と国民は願っています。よって本陳情は採択すべきものといたします。 ○議長(武田正廣君) 以上で通告による討論は終わりました。これをもって討論を終結いたします。  これより採決いたします。

男鹿市議会 2017-06-16 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号

安倍内閣は、このテロ対策とか、またはオリンピックとかを成功させるためとかという理屈を言っておるようでありますけれども、今までこれらへのオリンピックやテロへの対策は、36もある国内や国際的な契約の中で十分取り締まれる要因があるわけでありますけれども、なぜ今回こうした一連の戦争を思わせるような法案を通していくのか、非常に危険な状況になりつつあると思っています。

男鹿市議会 2017-06-14 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−02号

太平洋戦争敗戦まであった当時の道徳の基本とも言える教育勅語は、保守の天皇主権で上からの押しつけ性格をもち、戦争遂行の背景を支えていたとも言われ、敗戦と民主教育化とともに廃止されたはずでした。道徳は、人間として当然に互いに相手を大切に認め合い、個性も重要な点として大切にすることが基本であって、人間の常識範囲のことではないでしょうか。

由利本荘市議会 2017-03-08 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月08日−05号

安倍政権の進める戦争する国づくりのため、自衛官募集と自衛隊を国民に認知させるなど、狙われている自衛隊と学校、そして自治体との連携について述べます。  自衛隊が自衛官募集のための広報活動や個人情報の収集を強めているのは、年々隊員の確保が困難になっている背景があります。その最大の要因は少子化と進学率の向上であります。

男鹿市議会 2017-03-03 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月03日−03号

次は、戦争をしない非戦争の日本国憲法9条についてであります。  深く反省しなければならない太平洋戦争敗戦でようやく手にできた非戦争の平和憲法の精神は、その前文と憲法9条の1項、2項として明記されています。非戦争の条文を持つ憲法は、世界ではただ一つのものであります。

男鹿市議会 2017-03-02 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月02日−02号

一昨年以来、いわゆる集団的自衛権行使の容認、そしてまた、戦争法と言われる安保法制、そして特定秘密保護法、さらには盗聴法の適用の拡大など、まさに自由と権利を侵害し、物を言えないような、そういう監視社会をつくるようなことを想像させる、そんな動きが加速しているんではないかと思っています。  

由利本荘市議会 2016-12-07 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号

朝日新聞の朝日川柳に「カジノ法まともに稼げぬ国となり」「戦争もバクチも痛みも着々と」。解説が、「一句、禁断の果実に伸びる手。二句、アベ政治。」とありました。  カジノ法は、国でギャンブル、ばくちを解禁するというのであります。年金カットなど次々と改悪、庶民の痛みは確実に増していきます。TPP、年金、カジノと強行採決の繰り返しです。  

由利本荘市議会 2016-03-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月17日−04号

無実の人に罪をなすりつける、かぶせる冤罪が一つ、もう一つは戦争を行う、この2つであります。  この安保法制、戦争法と言うと自民党の方や公明党の方は非常に嫌がりますが、この戦争法の審議過程の中で、一強独裁を手にした安倍政治の数々の暴挙、暴言は、戦後70年余続いた戦後民主主義を真っ向から否定するものだと私は思います。安倍政治、安倍晋三氏は、この法案を通すのをやはり確信犯として行ったということです。  

男鹿市議会 2016-03-02 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月02日−03号

私たちはこれを戦争法というふうに名付けていますけれども、これを成立させて立憲主義、国民主権を踏みにじり、70年も続いた平和国家の成り立ちを根底から揺るがしてしまいました。きょねんも申し上げましたけれども、さらにTPPの大筋合意を強行したり、公約も国会決議も無視をする、そういう政治手法であります。  

由利本荘市議会 2015-12-16 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月16日−04号

安全保障関連法、戦争法とは、日本が海外で戦争する、武力行使をするための法律であり、地球上のどこでも米軍の戦争に参戦し、自衛隊が武力行使する仕掛けが何重にも施されています。1945年以来の世界の紛争犠牲者は数千万人に上り、第二次世界大戦に匹敵すると言われ、その中で自衛隊は1954年の創設以来、一人の戦死者も出さず、一人の外国人も殺してきませんでした。憲法第9条があったからであります。

男鹿市議会 2015-12-08 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月08日−03号

国は、太平洋戦争敗戦後70年のことし、12月8日なので、んだすな、日本の大事な平和憲法9条に違反する安全保障関連法の制定を、解釈の変更だけで強硬して、加えて、全国の地方や男鹿市にとっても大きな位置を占める、農業にとっては重大な農業協同組合法及び農業委員会法の改悪を、国民に対して合理的な説明理由もなく行っています。

男鹿市議会 2015-12-07 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月07日−02号

ただ行政が全体的に、1億2千万人の中で何人か使う人がいるから、そのとき効率がいいだけの話で、もう一つは、戦争に使われるっていう問題でしょう。すべての資産、人格、全部網羅していくってことでしょう。過去に戦前の場合、特高の場合、調べ上げたわけだけども。そういう狙いがあるんではないかという批判もあるわけだから。なぜマイナンバーで人の資産とかって、診療、体のところまで調べるの。甲乙丙の問題じゃないですよ。

北秋田市議会 2015-09-16 平成27年  9月 定例会-09月16日−02号

その会見で市長は、1、「戦争法案ではないと思う。」2、「しかしながら時間をかけて議論を」と述べたと報道されています。  最初に、趣旨はこれで間違いないか確認させてください。  以下、間違いないことを前提に続けます。  1つ目の戦争法と呼ぶか、あるいは平和安全法や戦争回避法などと呼ぶかはそれぞれの見方、考え方によるものであり自由です。