107件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第5号 3月11日)

今後も、これらの取り組みを継続し、自転車利用者マナー向上意識啓発により、自転車事故防止に努めてまいります。 ○議長宮野和秀君) 兎澤祐一君。 ○16番(兎澤祐一君) 次に、市民自転車保険加入状況とその周知はどのように行っているかお伺いいたします。 ○議長宮野和秀君) 市長。 ○市長児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第2号12月 9日)

国では、今年6月に犬、猫の放棄や虐待、迷子等を減らし、適正な飼育を図ることを目的動物愛護法が改正され、人と動物が共生できる社会の推進を求められておりますので、本市においては、こうした動向を注視しながら、まずは広報などで飼い方に関するマナーやルールについて周知を継続し、飼い主の意識啓発に努め、適正な管理飼育を促してまいります。 ○議長宮野和秀君) 金澤大輔君。

由利本荘市議会 2019-09-02 09月02日-02号

そのためには、女性政治参加に関する意識啓発を促す要因にすべく女性模擬議会実施をし、女性たちだけで具体的な取り組みをし、体験を通すことで不安払拭につながるのではないかと思います。 女性たちは市で行われている多様な会議においても、たくさんの助言や発言をしております。女性模擬議会開催して、その体験を通して女性政治参加を促進してほしいと思い提案したいと思います。当局のお考えをお聞きします。 

北秋田市議会 2019-06-17 06月17日-02号

これまでも北秋田市環境基本計画に基づき、市民への意識啓発等でごみ減量化に取り組んできたと思いますが、2018年4月から新たなクリーンリサイクルセンターが本格稼働し、約1年が経過する中で、ごみ減量化資源化についてどのように行ってきたか、その取り組み状況と成果をお答えください。 次に、②家庭ごみの正しい分別のための冊子についてご提案いたします。 

仙北市議会 2019-02-25 02月25日-01号

一方で、回復基調米価を維持するため、関係機関連携し、農家皆様に売り先のない米生産をしない意識啓発を行います。当面は、生産目安を提示するなど、農家自らが生産量を決定できる環境づくり注力をします。 平成31年産米生産目安は1万5,138トンで、昨年よりも28トンの減少であります。このことは昨年12月20日開催仙北地域農業再生協議会総会で決定をし、方針作成者には提示済みであります。

仙北市議会 2018-02-19 02月19日-01号

まず、生産過剰による米価の下落を招かないよう、県と連携して農業者に売り先のない米生産を行わないという意識啓発を進めます。必要に応じて目安を提示するなど、農業者生産量を決定できる環境づくり注力をします。 平成30年産生産目安は1万5,166tです。仙北地域農業再生協議会で決定し提示済みであります。経営所得安定対策は、米の直接支払交付金、10アール当たり7,500円であります。

北秋田市議会 2017-12-11 12月11日-02号

このたびのことを重く受けとめ、緊急幹部会議開催し、全職員に対し、改めて意識啓発を行いながら、安全運転安全走行の徹底を指導し、交通事故防止に努めてまいります。申しわけございませんでした。 ○議長松尾秀一)  それでは、日程順に進めてまいります。 日程第1、一般質問を行います。 全員が一問一答方式を選択しておりますので、質問時間は1人30分以内とし、再質問回数制限はありません。

鹿角市議会 2017-09-12 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日)

このため、本市では要保護児童対策協議会を設置し、キャンペーンにより市民意識啓発に努めているほか、関係機関との情報共有役割分担を進めながら連携を図り、各家庭の抱える問題に寄り添いながら、きめ細やかな支援を行っております。 ○議長宮野和秀君) 兎澤祐一君。 ○16番(兎澤祐一君) 大変にありがとうございました。以上で質問を終わります。

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

当市としても出会い応援事業として意識啓発、イベント開催補助結婚サポート活動支援等結婚を望んでいる独身男女の出会い、結婚支援充実度推進していますが、参加者事業実施後の反応はどのように感じているのか。また、さらに支援拡大をしていく必要があると思いますが、市としての考えについて伺います。 ○議長宮野和秀君) 市長。 ○市長児玉 一君) お答えいたします。  

男鹿市議会 2017-06-16 06月16日-04号

現時点では、市内への看板の設置は考えておりませんが、男女共同参画意識啓発基礎講座にあわせ、また、市報ホームページにおいて、男女共同参画宣言都市であることを市内外へ発信してまいります。 ご質問の第4点目は、国民健康保険税介護保険料についてであります。 まず、国民健康保険税の現状についてであります。 国保税の収入は、国保加入者減少高齢化により減少傾向となっております。 

鹿角市議会 2017-05-22 平成29年第3回定例会(第2号 5月22日)

また法の目的そのものも市の職員とか、あるいは事業所職員に対して不当な差別とか、取り扱いの禁止をしてはいけませんよというところが中心となっておりますので、そちらのほうの意識啓発とか、職員に対する研修というのを主体にやっているということでご理解いただければと思います。 ○議長宮野和秀君) 吉村アイ君。

能代市議会 2017-03-07 03月07日-03号

具体的には、健康展、健康を考え市民集い等による意識啓発、男性料理教室、1,2,1,2ウオーキング等による食や運動に取り組むきっかけづくり事業を行っているほか、検診無料クーポン券の発行、日曜がん検診等受診環境整備に努めております。 また、国民健康保険事業においては、より効果的、効率的な保険事業を行うためのデータヘルス計画を今年度中に策定することとしております。

鹿角市議会 2017-02-13 平成29年第1回定例会(第3号 2月13日)

新年度における後期基本計画重点プロジェクトについてでありますが、「販売重視型農業構造改革」の取り組みにつきましては、鹿角マルシェ推進に当たり、今年度はワークショップや視察研修などを通じ、農産物の高付加価値化に向けた生産者意識啓発を行うほか、販売力向上を目指し、生産者加工業者観光事業者等との連携推進を図ってきたところであります。  

鹿角市議会 2016-12-13 平成28年第7回定例会(第3号12月13日)

このほか市の主催事業として毎年行っている意識啓発講座に加え、今年度は、首都圏から移住を希望する女性を招いて、果樹のもぎ取り体験などを市内男性と一緒に行ないながら、交流を深めるツアーを開催した結果、男性16名、女性12名の参加者の中から8組のカップルが誕生するなど、新たな試みに手ごたえを感じているところであります。