88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-21 鹿角市議会 平成30年第5回定例会(第3号 6月21日) これに対し、平成27年に保育士を退職された方が自宅で実施していたが、平成28年にあおぞらこども園ができたことにより待機児童が解消される見込みとなったことから、事業をやめられたとの答弁がなされております。  さらに委員から、本事業はやりたい人が手を挙げれば許可申請できるものなのか、また市の計画上必要がなければできないものなのかただしております。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 平成30年度も待機児童がゼロということ自体は喜ばしいことでありますが、全体の入園率はどの程度になっているのでしょうか。  また、現在、小中学校の統合が進められておりますが、状況によっては近い将来保育園の再編という問題も浮上してくるような気がしますが、市長の考えをお伺いいたします。  次に、認知症対策についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 子育て支援につきましては、平成30年度の保育園及びこども園の入園予定者は878人で、昨年に比べ3.6%の減となっておりますが、延長保育や障害児保育の対応など、きめ細かな保育の提供に努め、待機児童ゼロを継続してまいります。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) また、本市において保育園の待機児童がゼロであることから、保育園における保育の実施が行われないなどの、特に必要と認められる理由により2歳に達する日まで延長するケースはほとんどないとの答弁がなされております。  さらに、委員からは、職員全体について育児休業の取得に当たって、1歳6カ月まで取得する方が多いのかについてただしております。   もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) さらには、数年前の法律改正、いわゆる児童福祉法の改正によりまして、対象児童が小学校6年生までとなったことや、総合戦略に掲げる障害を持っている子供の受け入れなどを考えた場合、児童クラブの待機児童数がふえるのではないかと懸念しております。   もっと読む
2017-06-21 能代市議会 平成29年  6月 定例会-06月21日−05号 審査の過程において、今回新たに軽減割合を定めた家庭的保育事業、居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業について、本市では該当となる事業があるのか、との質疑があり、当局から、本事業は待機児童の受け皿整備促進を目的とするものであり、現在該当する事業はない、との答弁があったのであります。  審査の結果、本件は承認すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2017-06-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号 保育園の受け入れ体制の充実や児童クラブも含めた待機児童ゼロの状況を維持し、意欲と能力のある女性が社会で活躍していけるよう、働きやすい環境づくりに努めるとともに、女性の視点、意見、提言を施策に反映させるため、各種審議会などで女性委員を登用してまいります。   もっと読む
2017-05-22 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第2号 5月22日) まず第1に、子育て支援対策についてでございますが、これまで本市は平成32年の人口を3万人台確保することを目指し、総合計画において子育て支援対策を初め、総合的な施策を進めており、特に保育所の整備による待機児童の解消に向けた預けやすい環境の整備や女性や若者の雇用の場の確保により、人口減少も抑制されているとのことでありますが、しかしながら、私は出生率がある程度好転しなければ、未来は明るいものとは言えないだろうと もっと読む
2017-05-12 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第1号 5月12日) また、放課後児童クラブの登録者数についても、1年生から3年生まで496人となっており、保育園、認定こども園とも待機児童は発生していない状況であります。  今後も家庭の育児を応援するため、随時、申し込みを受け付けるとともに、利用の調整を図りながら待機児童ゼロを継続してまいります。   もっと読む
2017-02-23 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号 そして最近では、政府が示す2018年3月まで、待機児童ゼロに向け、各地で受け皿づくりが進んでおり、毎日のように新聞をにぎわせています。一方では、受け入れ体制として、子供の声がうるさいなどの苦情から、計画中止や開所がおくれるケースも出ているようであります。   もっと読む
2017-02-13 鹿角市議会 平成29年第1回定例会(第3号 2月13日) 保育士の処遇改善について、国では待機児童の解消には保育士不足が課題となっていることから、12月に民間保育士等の処遇改善策を決定したが、これに伴う公立保育園の指定管理者である子ども未来事業団の保育士の待遇についても、民間同様に改善が図られるのか伺います。  次に、みらい輝く人づくりプロジェクトであります。 もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 先般、県内の潜在的な待機児童の状況が報じられておりましたけれども、親の産休・育休明けに伴い待機児童は年度の途中から増加する傾向にあり、各自治体が頭を悩ませているのが保育士不足であると言われております。その保育士不足により、産休・育休の年度途中のニーズに十分応えることができないとのことであります。また、職員の産休・育休に対する代替職員の確保も年度途中では大変厳しいものがあるかと思います。   もっと読む
2016-06-28 北秋田市議会 平成28年  6月 定例会-06月28日−04号 都市部を中心とした待機児童解消や保育充実を願う声が社会現象となっています。その対策の一つが国の省令改正を受けたこの承認案ですが、充実を求める願いとは裏腹に附則6条では、保育に当たる人、2人のうち1人は保育士資格がない人でもよいと質を低下させる内容になっています。 もっと読む
2016-05-27 鹿角市議会 平成28年第4回定例会(第1号 5月27日) また、待機児童等も今のところおりませんので、新たに開設する必要性というか、それも少ないのかなと考えております。 ○議長(田村富男君) ほかにございませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田村富男君) ないものと認め、質疑を終結いたします。   もっと読む
2016-03-22 北秋田市議会 平成28年  3月 定例会-03月22日−04号 また、保育士不足による待機児童が改善されないまま来たように、保育士確保のための処遇改善については、喫緊の課題でありながら改善の兆しが見えません。消費税増税との関係からも、子ども・子育て支援や社会福祉の充実などはさらに強化すべきことと考えます。  次に、指定管理者制度の円滑な運営が求められます。 もっと読む
2016-03-08 鹿角市議会 平成28年第2回定例会(第4号 3月 8日) また、平成27年4月時点で、全国の待機児童約2万3,000人とも言われております。その解消に向け、さらなる保育士不足が懸念されるというような状況であると私は思います。  県内では、昨年上小阿仁村で、保育士不足によりまして年度途中に待機児童が出たことが報道されておりました。待機児童解消には、定員の拡充、施設の整備はもちろんですが、何といっても保育士が必要であると思います。 もっと読む
2015-12-15 能代市議会 平成27年 12月 定例会-12月15日−03号 例えば、安心して預かれる保育環境の整備のKPIは、待機児童数の設定、既存インフラのマネジメント強化のKPIは、公共施設等総合管理計画の策定などであります。また、特色あるまちづくりのKPI、バスケの街を他に誇れる人の割合を初め、市民意識調査で実施された何々を思う市民の割合から、定量化した指標のほうが、効果測定が明確になると、戦略会議でも指摘されたとおりだと思います。 もっと読む
2015-12-14 能代市議会 平成27年 12月 定例会-12月14日−02号 それから、例えば待機児童ゼロという目標があります。これも実現可能です。それから、交通事故ゼロというのも、それは努力次第で可能です。もちろん人口の大きさとか、どう見ても蓋然性が低いという場合もありますけれども。でも、いじめゼロは僕はないと思うのですね。 もっと読む
2015-12-08 鹿角市議会 平成27年第7回定例会(第3号12月 8日) 子育て応援アプリの導入は、待機児童対策の側面が大きいようでありますが、本市では待機児童がおりませんので、引き続き保育園などを通じた情報提供や子育て支援情報のネットワーク化に力を入れながら、より効果的な情報発信に努めてまいります。 ○議長(田村富男君) 児玉政明君。 ○9番(児玉政明君) ありがとうございます。   もっと読む
2015-12-07 鹿角市議会 平成27年第7回定例会(第2号12月 7日) 本市においては、平成25年度に実施した職場における男女共同参画社会に関するアンケートから、市内の就労環境を把握しておりますが、育児休業制度の利用状況については、対象事業所の約80%が休業制度を導入済みで、取得率については前回の調査結果を11ポイント上回る90.5%と大幅に向上しており、これまで本市が積極的に取り組んできた待機児童の解消や病児保育、ファミリーサポートといった子育て支援が奏功しているものと もっと読む