350件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

そしてまた、役員になってくれる方が少なくて、自治会、老人クラブの会の維持に大変難儀しているというお話を伺います。  これらに対して、市の強い支援、アドバイスを行っていくべきだと、そのように私は考えておりますが、このことについてお伺いします。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

私たちの地域もそうなんですけれども、皆さん今は70代でも働いている人方が多いので、また婦人会組織、自治会の中の女性の役員の人方も働いている人が多くて、付き添いの人方を探すのも大変だと。それから、年配者の方々に付き添いで行った場合も、2人で行ってもなかなか一堂に集まるときは大変容易でないというお話も聞いております。いろいろな今の状況のままやるとすれば、多くの問題があると考えております。

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

人手不足関連倒産の内訳は、社長や幹部役員の急死、急病などによる後継者難による倒産が237件で全体の7割超を占めているとされます。  伺いますが、全国的にあらゆる業種で人手不足と言われますが、当市での業種別の人手不足の状況は、また倒産や事業縮小とされている企業はどのような状況にあるのか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

県内でも人材不足が要因で取り組みが進まない地区や役員の高齢化による協定離脱の意向を示している地区があることから、事務の一部を土地改良区等に委託する事例のほか、隣接集落との統合や広域化される事例も見られます。  市としては、こうした対応事例を参考とし、未実施地区の実情や課題に寄り添いながら、引き続き保全活動への取り組みを促進してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 児玉悦朗君。

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

選手、役員、スタッフの皆様には本当にお疲れさまと言いたいと思います。  先ほど申し上げました参加チーム数についてですが、男子の部は昨年から減少し、女子の部も4チームと、この点については少し残念な部分もありますが、来年以降の大会に向けての課題もあったのではと思います。  そこで、今回の本駅伝大会の総括と課題に対する今後の取り組み、特に女子の参加チームの増加策について考えをお伺いいたします。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

ことしの2月8日から11日まで、花輪スキー場を会場に全国中学校スキー大会が開催され、全国各地から多くの選手、役員、応援者から来ていただいて、大変盛り上がった大会でございました。地元選手の活躍はもちろん、地元の中学生や市民が大会役員、スタッフ、ボランティアとして頑張ってくれたおかげであると思います。  

男鹿市議会 2018-03-16 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

私は、会社の役員の給料であっても、いいときは上げていけばいいし、だめだったら、景気が悪くなったっていうか業績が悪くなったときは下げればいいと、そういう考えをずっと持ってます。市役所の一般職員の給料を上げ下げできないので、せめて特別職はね、そういう気持ちで、経営に当たったり、行政に当たっていくべきじゃないかなと。

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

昨年9月に全国から252名の選手を迎えたねんりんピックマラソン交流大会では、参加者が60歳以上であり世代間交流も行われることから、特に安全面や緊急時に対応できるだけの競技役員の確保が求められましたが、一昨年のプレ大会の経験を踏まえ、鹿角市タートルマラソンを同時開催し、老人クラブや中高生スタッフを配置することでスムーズな大会運営ができたものと考えております。  

鹿角市議会 2017-12-11 平成29年第7回定例会(第2号12月11日)

その後、同協会の役員会で実質的な組織体制の確立や運営に必要な人材の確保のほか、当初予定していた指定管理に必要な資金の確保などにおいても課題が生じ、思うように準備を進められなくなったとの理由から指定管理者を辞退することが決定され、市に申し出がなされたものであります。  

由利本荘市議会 2017-09-19 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月19日−04号

運営に当たった役員係員は、ボランティアの方々を含め延べ1,261人、一般観覧者も延べ1,396人に上り、盛会のうちに無事終了いたしました。これまで、本大会の成功に向けて御尽力いただきました競技団体を初め、記念品の作成や振る舞い鍋の提供のほか、おもてなしに御協力いただいた方々など、関係の皆様に心から感謝申し上げます。  以上で報告を終わります。  

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

組織化が進まない要因の一つとして、自治会、町内会の役員の方々の高齢化や地域コミュニティの低下により、組織化に向けた具体的な手続に一歩踏み出せないなどが考えられますが、昨今の異常気象に鑑み、自主防災組織が災害発生時に自分の身の安全を守り、そして地域の安全と被害の軽減に有効であることなどを訴えながら、根気強く常日ごろからの防災・減災意識の向上と組織化に取り組んでまいります。  

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

社会実験はイオン反対運動に対してお茶を濁すために行おうとしているのではないかなどの疑問が持たれるようになり、組合役員から、イオンが来る、来ないにかかわらず、商店街の振興をしなければならない。そのためにも社会実験に取り組もうではないかと、反対者への説得を試みていただきましたが、残念ながら、賛同は得られませんでした。

鹿角市議会 2017-09-12 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日)

それで、根市戸につきましては昨年度から本格実証ということで、稼働率とか乗り合い率、それから収支率を含めまして十分な成果が出ているという状況でありますし、これから実証運行する地区につきましても各地区の役員含め、それから住民の方を含めて十分な協議を行っての実証運行ということでございますので、期待できるような成果になろうかと思いますけれども、まだこれからの運行でございますので、その辺の状況を見ながらと思っております

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

全国各地から参加された選手の皆様はよい思い出になったかと思いますし、大会の開催にご尽力された競技役員、スタッフ、ボランティア等関係する皆様にはお礼と感謝を申し上げたいと思います。  来年は富山県での開催ですが、引き続き参加される選手の皆様にはさらなるご活躍を期待したいと思います。  それでは、通告に従い一般質問に入ります。  初めに、市長の市政運営についてお伺いいたします。  

男鹿市議会 2017-09-07 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月07日−04号

役員は、代表取締役に中田正好氏、取締役として私、藤原と、JAから大山氏、それから、萬漁水産の佐藤政彦氏、地域おこし協力隊でとして運営責任者としてお越しいただいている山崎宏幸氏であります。監査役として秋田銀行、北都銀行から1名ずつという形となっております。  会社の内容につきましては、以上で終わらせていただきます。  

男鹿市議会 2017-09-06 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号

商工会の役員とも観光協会との役員とも、近々そういう話を、ざっくばらんな話をしていきたいと思っています。  以上です。 ○議長(三浦利通君) 1番佐藤巳次郎君の質問を終結いたします。 ◆1番(佐藤巳次郎君) どうもありがとうございました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(三浦利通君) 以上で、本日の議事は終了いたしました。  

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

それから、(4)食味ランキング特Aを獲得できなかった理由についての件なんですけれども、私、地元でも生産活動の中の役員をさせてもらっている関係で、よく農協等へ出席するチャンスがございます。会議、協議会、大会等出席しておりますけれども、いろいろな会議等の中で特Aという言葉が出てきません。座談会の資料の中にも、その言葉が出てきません。