75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

手軽に素早く情報を伝えられて、ポスター制作とか、広告掲載とか、そういうのに比べても費用がかからないという、少なくて済むという、そういう利点もあるかと思います。  今回、本市がSNSで発信している、そういう細部については全ては確認できなかったんですけれども、発信状況をお伺いしたいと思います。  

鹿角市議会 2018-06-21 平成30年第5回定例会(第3号 6月21日)

次に、7款2項2目観光振興費における外国人観光客誘客促進事業の広告料に関し、広告の内容及び広告の掲載方法についてただしております。  これに対し、広告の内容は、昨年作成した4種類の新しい観光パンフレットから特に見ていただきたいコンテンツを掲載する考えであり、国内航空会社国際線機内誌に1ページ掲載したいと考えている。

鹿角市議会 2018-05-29 平成30年第5回定例会(第1号 5月29日)

2目観光振興費の282外国人観光客誘客促進事業192万8,000円は、国際線機内誌へ市内の観光情報を掲載するための広告料を計上するほか、今年度、新たに免税店の設置を計画する1事業者を支援するため、補助金を計上するものです。  8款2項2目道路橋りょう維持費の305道路橋りょう維持管理費4,000万円は、ことしの冬の影響で舗装補修が必要な市道20カ所について舗装補修工事費を追加するものです。  

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

○15番(田中孝一君) 今月に入ってでありますが、当市の企業から求人募集の広告新聞の折り込みに入っているのが目につきます。これまでに余り見ることのない企業であることから、状況は大変厳しいと思われます。募集をかけても1人の応募もないことが聞かれることからも、今後はさらに厳しくなるのではと心配されますので、実態を把握した対応が必要と思います。  

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

観光宣伝の推進については、新たに、インスタグラムによる情報発信を取り入れた、大手旅行ウエブサイトと連携した集中プロモーションや国際線機内誌への広告掲載などに取り組み、効果的なPRを展開してまいります。  外国人観光客の誘客については、旅行商品の造成支援を継続するほか、新たに、八幡平市と連携した旅行エージェント向けモニターツアーを実施し、タイや台湾からのさらなる誘客を図ってまいります。  

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

先日、二、三日前でありますけれども、マタギの湯の新聞広告に、熊鍋、ウサギ鍋というのがありました。それから、新橋にできました秋田県阿仁のマタギ屋敷というところでは、名物マタギ鍋というのを売り込んでいるわけでありますけれども、これの流通経路はどういうふうになっているでしょうか。 ○議長(松尾秀一)   当局答弁。  市長。 ◎市長(津谷永光)   産業部長から答弁させます。

北秋田市議会 2017-04-25 平成29年  4月 臨時会(第1回)-04月25日−01号

あと、出会い関係のイベントにつきましては、旅行代理店もしくは広告代理店等に企画を依頼したいなというふうな考えで現在進めているところでございます。  なお、県等との合同での取り組みというふうなご提言でございましたが、その点については事業を進めていく中で情報交換しながら取り組めればなというふうに考えてございます。 ○議長(松尾秀一)   産業部長

北秋田市議会 2016-06-21 平成28年  6月 定例会-06月21日−03号

次に、4)今後の展開のご質問でありますけれども、当市や北鹿地域を中心とした顧客獲得のため、社長と常務みずからが奔走し、積極的に営業を行っておりますほか、新聞広告によるPR活動や、これまで連携してまいりました楽天、じゃらん、JR東日本などの旅行代理店とのさらなる強化を図っているところであります。  

北秋田市議会 2016-06-20 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

業務の実施内容といたしましては、阿仁スキー場山麓駅舎へのロゴ入り看板とコース案内板の作成、森吉山ガイドページの作成及び管理のほか、産経新聞東北版へのカラー全面広告を含む計3回の広告掲載、テレビ放送による森吉山の紹介や山岳専門雑誌での特集記事掲載等でありまして、メディアを活用した森吉山の魅力を全国的にPRできたものと考えておりますし、今後の森吉山を中心とした周辺エリアへの入り込み客の増加に期待をしているところであります

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

スキー場の看板のデザイン、それから雑誌広告新聞の一面広告、ホームページの改修ということだったと思います。広告を継続してやっていかれるのかと、また平成27年度と同じ業者さんが引き続いてやっていくのかと、でなければ改めてプロポーザルかその方式はわかりませんが、業者さんをまた選定していくのかと。  

北秋田市議会 2014-12-11 平成26年 12月 定例会-12月11日−02号

当初は空き店舗を利用して店舗等を営む場合に、家賃だけではなくて改装費とか宣伝広告費も補助するというものでありましたけれども、補助期間であります2年が過ぎますと閉店する店舗がありまして、改装費の残存価が無駄になるという考え方から、平成22年度からは補助対象を家賃だけにするかわりに、補助期間の2年目は4分の1としていたそれまでの補助率を1年目と同じく2分の1とするように変更した経緯があります。  

北秋田市議会 2014-09-18 平成26年  9月 定例会-09月18日−03号

ライフスタイル雑誌「ニド」やJR情報誌「トランベール」、さらには「ミセス」という女性向けの雑誌がありますが、そこに折り込みチラシの広告を入れさせていただいたり、そういう特集記事枠の獲得もさせていただいております。また、「北あきたバター餅」の商標登録や協会設立と製品価値の向上。企業訪問による情報収集と企業誘致。全国どぶろく研究大会誘致。

鹿角市議会 2014-09-17 平成26年第5回定例会(第3号 9月17日)

鹿角市文化の杜交流館コモッセの周知と利用の呼びかけについてでありますが、これまで広報かづのでの周知、イベントでのPR、花輪市街地巡回バスたんぽこまち号でのPR広告掲載を行っているほか、5月5日こどもの日に大町新町商店街で開催された鹿角こどもフェアでのPRブースの設置や塗り絵の募集、さらに7月に開催した花輪図書館フェスタでの完成模型の展示や来場者への記念品配布を実施しております。

北秋田市議会 2014-02-18 平成26年  3月 定例会-02月18日−02号

その医師確保対策監と部下の主査1人が専任職員で、これに市民福祉部長診療所事務長など関係する部長級5人の合わせて7人、それに副市長も加わって医師確保特命チームという名称の組織を発足、ホームページの更新、医療雑誌への募集広告から始まってさまざま活動する中で、この特命チームの取り組みが知られるようになり、医療関係者や市民から、由利本荘市は本腰入れたなとか、市のやる気を感じるとの声が上がり、想定していなかったところからも