519件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-04-22 平成31年第3回臨時会(第1号 4月22日)

第18条の3の3は同じく公的年金受給者について規定しておりますが、前条同様、条の見出し中、扶養親族申告書を扶養親族等申告書に改め、第1項に規定する申告書の提出を要するものに公的年金等支払いを受け、扶養親族を有する者もしくは単身児童扶養者を追加し、第2号の次に新たな第3号として当該公的年金受給者が単身児童扶養者に該当する場合にはその旨を加え、第3号を第4号に改めております。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

市民、農業や事業者にとっても経費の増加などは避けられないことであり、年金受給者、低所得者にとっても多くの課題が指摘されております。  国では、消費税増税対策として、中小店舗でのクレジットカードや電子マネーでのキャッシュレス決済時のポイント還元、低所得者や、ゼロから2歳児の子供さんがいる世帯にはプレミアム商品券の発売で増税分以上の還元が行われるとのことでございます。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

ボランティアガイドのほうから「好きでやっているし、時間もありますが、年金暮らしのため、せめて交通費を支給していただきたい」との声もありました。他の観光地のガイドも同様に思われますが、ボランティアガイドに交通費の支給はできないか伺います。  また、世界遺産登録に向けてさらなるボランティアガイドの育成はできないのか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

また、国民健康保険事業特別会計全般に対する意見として、委員からは、本市の人口の約3割が国保加入者であり、さらにその大半が年金受給者や低所得者の方である。そのような状況の中、所得に対する国保税の負担が非常に大きく、負担に耐えられないとの市民の声もある。  そのような面からも、健康寿命を延ばすための取り組みなど、医療費の増加を抑えながら税負担の軽減をしていただきたいとの意見が述べられております。  

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

それから、聞いてて思ったんですけど、これ値上げすることによってですね、やはり市長が掲げております健康寿命ということについてちょっと触れていきたいと思いますけども、やはり私のとこに聞こえてくる話は、お年寄りの方が一生懸命、年金暮らしの人でもですね、一生懸命今やっと、この無料化で体育館に通ったりする、そういう習慣ができてきたと。

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

3回やると、少ない年金で困難になりますから断ると。たった1日に1回より見守りしてもらえない。こうした回数制限に問われる層は、結構私いると思うんですけど、市内ではどれだけその被害者っていうか、こういう階層がいるのか、この点も議論の際にお知らせ願いたいと思います。  

鹿角市議会 2018-05-14 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日)

5ページまでの第18条の2は市民税申告に関する規定ですが、年金所得者に係る配偶者特別控除の申告要件の見直しと法改正に伴う条文及び字句の整理です。  6ページをお願いいたします。  7ページまでの第27条から第28条の5は、それぞれ法改正に伴う条文及び字句等の整理です。  7ページをお願いします。  

男鹿市議会 2018-03-16 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

そしてまた、65歳以上の高齢者であり、年金から保険料を天引きされております。  今年度で介護保険料の減免申請をした人は、1人もいないとのことであります。介護保険法の改悪により、利用料が2割負担となり、利用するにも利用できない人も多くなっております。今回の値上げで、さらに負担が多くなります。  

鹿角市議会 2018-03-12 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日)

そして国によると、年金受給者層が低所得者層から中所得者層に変化しているとのことでありますが、市内の年金受給者もそのような状況にあるのでしょうか。私は到底そうではない方々が多く、都市型より多い比率でいるものと思っています。これまでの高齢者福祉施策で高齢者のニーズは決して満たされてはいないと思います。財源充当額の相対的な比較をして、多いところを削るのではポリシーがなさ過ぎると思います。

男鹿市議会 2018-03-01 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号

年間の年金が83万510円。生活保護を受けようとしたら、市から行った文章で、息子が月1万円ぐらい支出できるっていうことがあったので、ボーダーラインなんでできないっていう現象なんですね。こういう方々が、例えばその息子が今度孫が大学に行くためにお金が支出できなくなったと。どうしたらいいかっていう相談なんですね。

男鹿市議会 2017-12-07 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号

このたびの制度改正において、利用者の負担割合が2割から3割に変更となるのは、年金収入等が340万円以上の特に所得の高い方であることなど、この制度改正の趣旨及び内容について広く周知を図るとともに、サービス利用に対する相談については、地域包括支援センターなどにおいて、きめ細かな対応を継続してまいります。  次に、介護保険の見直しの検討状況についてであります。  

能代市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号

審査の過程において、情報提供記録等とは具体的にどういう内容か、との質疑があり、当局から、特定個人情報を照会・提供した場合の記録であり、それを一定期間保存することとなる、との答弁があったのでありますが、これに対し、行政機関以外が特定個人情報の照会・提供を行うことは考えられるか、との質疑があり、当局から、健康保険や年金等の情報も含まれており、全国健康保険協会や健康保険組合、社会福祉協議会等が対象となるケース

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

そういうことを考えると、年金が減らされて介護保険をそれから差し引かれて大変だなというのは一般市民の生の声です、これは、はっきり言って。  それとあわせて、さっき市長が言ったように在宅で介護すればいいんですけれども、なかなかそうはいかないということで、やはり施設入所、特養であれ老健であれ希望している人がいるというのも実態です。

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

介護保険料の滞納の原因は、低年金、低所得にあり、滞納処分の推進など徴収対策だけでは解決になりません。介護保険料の滞納をした場合、要介護者にペナルティーが科せられます。このペナルティーは介護保険料を滞納したときではなく、病気など何らかの事情によって介護が必要となり、要介護認定を受けたときから科せられることになっています。

鹿角市議会 2017-09-12 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日)

次に、無年金者への対応についてお伺いいたします。  公的年金を受け取る資格を得るのに必要な加入期間が、ことし8月から10年に短縮されました。無年金者が年金を受け取るには請求手続が必要ですが、それが困難な高齢者もいると思われます。厚生労働省は、請求漏れを防ぐために、市町村や民生委員などからの協力を得て手続を進めることとなっておりますが、当鹿角市の状況はどのようになっておりますか。

男鹿市議会 2017-09-01 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月01日−01号

次に、議案第89号平成29年度男鹿市一般会計補正予算(第5号)については、複合観光施設整備事業費、除雪費、国民年金システム改修業務委託料などを措置したもので、歳入歳出それぞれ2億6千750万円を追加し、補正後の予算総額を164億6千870万円とするものであります。  

仙北市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号

しかし一方では、市内では少子高齢化、そして人口減少がかなり急速に進み、市内の特定の方々を除き多くの市民の方々は、年金生活、そして収入減が重なり、厳しい生活を余儀なくされております。  2期目最終市議会を迎えまして甚だ失礼ではございますが、門脇市長御自身、この4年間の市政、施策などを分析され、自己評価、自己点検をされておられるのかどうか。もしその点についてのお考えがあればお聞きしたいと思います。  

北秋田市議会 2017-06-20 平成29年  6月 定例会-06月20日−03号

例えば国保税が使えなくなったりとか、年金とかも滞ってしまったりとかって、やはり本人が一番困ることなので、そこに手を差し伸べるという福祉的な目が大変必要だなと思います。  それから、支援困難な方の金銭管理が困難になっている原因というのがやっぱり多様だと思います。

男鹿市議会 2017-06-16 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号

特に年金暮らしの方からのご批判は、市でも十分理解していると思いますけれども、何よりも全県一高い男鹿市の介護保険料と言われるこの不名誉な解消も改善すべきと思いますけれども、この引き下げ等について、または改善等について市長の見解を伺って1回目の質問を終わります。よろしくお願い申し上げます。