24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

由利本荘市議会 2016-03-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月17日−04号

13款使用料及び手数料につきましては、放牧場や市民農園などの農林水産業使用料、企業支援貸し工場使用料やこどもの国、南由利原高原青少年旅行村及び八塩いこいの森などの観光施設使用料、また堆肥運搬に係る手数料が主なものであります。  14款国庫支出金につきましては、農地の区画拡大と暗渠排水を行う農業基盤整備促進事業費補助金であります。  

鹿角市議会 2015-12-16 平成27年第7回定例会(第4号12月16日)

次に、議案第102号指定管理者の指定について(鹿角市下川原市民農園)、議案第103号指定管理者の指定について(鹿角市山根農村公園)、議案第104号指定管理者の指定について(鹿角市大地平農村公園)及び議案第105号指定管理者の指定について(鹿角市下川原農村公園)の4議案でありますが、施設の効率的な管理運営のため、指定管理者を指定するものであり、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。  

鹿角市議会 2015-11-27 平成27年第7回定例会(第1号11月27日)

センター)      議案第 98号 指定管理者の指定について(鹿角市下川原地域活動センター              )      議案第 99号 指定管理者の指定について(鹿角市牧野)      議案第100号 指定管理者の指定について(鹿角市川島牧野)      議案第101号 指定管理者の指定について(鹿角市畜産総合振興団地)      議案第102号 指定管理者の指定について(鹿角市下川原市民農園

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

13款使用料及び手数料につきましては、放牧場や市民農園などの農林水産業使用料、大内及び石脇の貸し工場使用料や、こどもの国、南由利原高原青少年旅行村及び八塩いこいの森などの観光施設使用料、また、堆肥運搬に係る手数料が主なものであります。  14款国庫支出金につきましては、農地の区画拡大と暗渠排水を行う農業基盤整備促進事業費補助金であります。  

鹿角市議会 2011-03-18 平成23年第2回定例会(第5号 3月18日)

次に、議案第17号指定管理者の指定について(鹿角市下川原市民農園)及び議案第18号指定管理者の指定について(鹿角市山根農村公園)並びに議案第19号指定管理者の指定について(鹿角市大地平農村公園)、議案第20号指定管理者の指定について(鹿角市下川原農村公園)の4議案についてでありますが、いずれも施設の効率的な管理運営のため指定管理者を指定するものであり、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております

鹿角市議会 2011-03-03 平成23年第2回定例会(第2号 3月 3日)

     議案第14号 指定管理者の指定について             (鹿角市下川原地域活動センター)      議案第15号 指定管理者の指定について             (鹿角市川島牧野ほか3施設)      議案第16号 指定管理者の指定について             (鹿角市畜産総合振興団地)      議案第17号 指定管理者の指定について             (鹿角市下川原市民農園

鹿角市議会 2011-02-28 平成23年第2回定例会(第1号 2月28日)

     議案第14号 指定管理者の指定について             (鹿角市下川原地域活動センター)      議案第15号 指定管理者の指定について             (鹿角市川島牧野ほか3施設)      議案第16号 指定管理者の指定について             (鹿角市畜産総合振興団地)      議案第17号 指定管理者の指定について             (鹿角市下川原市民農園

能代市議会 2009-09-14 平成21年  9月 定例会-09月14日−02号

事業体系を見ると、交流事業として農園付交流滞在型宿泊施設を整備し、体験交流をしていただくものと、定住促進事業として農園付住宅用地として市有地の造成を行い、土地を賃貸借する、公営住宅、教職員住宅等の活用に市民農園や遊休農地、定住者用農園をセットにする、またホームページで空き家や空き地の情報提供をする、としております。

男鹿市議会 2008-09-09 男鹿市議会 会議録 平成20年  9月 定例会-09月09日−02号

また、社会構造も経済論理最優先で動いておる現況でありますが、人間は生きることの究極まで考えると、身の置きどころを田舎暮らしの中に求めるとあるとおり、コンクリートとアスファルトの都市生活から離れ、ある程度長期に田舎暮らしをして農業を楽しむグリーン・ツーリズムや市民農園、農作業体験、観光農園等、近年全国的に過疎化に悩む地域が真剣に取り組んでいるのが実情のようでありますが、本市としての取り組みをどのように

仙北市議会 2007-03-06 平成19年  2月 定例会-03月06日−03号

きしますところ、約350億円規模の予算が組まれているというふうに聞いておりますけれども、目的としては、先ほど議員の方からお話があったとおりだと思いますが、これもまた、詳細について、十分私どものところに流れてきていない、そういう段階でありますので、この予算案が成立し、またそれに先駆けて、できるだけ情報をとりながら、都市と農山村、そういった関係の中で、この地域が持っているいろいろな資源、こういったものを、市民農園

鹿角市議会 2006-12-13 平成18年第7回定例会(第3号12月13日)

ただ、市としてはそれではいけないわけで、これからいろんな方法を考えなければいけないわけですけれども、例えば市民農園的な考え方もこれからは必要になってくるのかと。その中で、農業がどのような楽しみがあるのか、その楽しみの中で続けていけるような方法も一つかなと考えております。  

鹿角市議会 2005-12-19 平成17年第8回定例会(第4号12月19日)

次に、議案第148号鹿角市地域活動センター条例の一部改正について、議案第149号鹿角市自然休養村管理センター条例の一部改正について、議案第150号鹿角市市民農園条例の一部改正について、議案第151号鹿角市営住宅条例の一部改正についての一部改正4件につきましては、前号で報告いたしました同様の理由により条例を改正するものでありますが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。  

鹿角市議会 2005-12-01 平成17年第8回定例会(第1号12月 1日)

改正について     議案第145号 鹿角市職員等の旅費に関する条例の一部改正について     議案第146号 鹿角市市民センター条例の全部改正について     議案第147号 鹿角市生活改善センター等条例の一部改正について     議案第148号 鹿角市地域活動センター条例の一部改正について     議案第149号 鹿角市自然休養村管理センター条例の一部改正について     議案第150号 鹿角市市民農園条例

能代市議会 2003-03-04 平成15年  3月 定例会-03月04日−03号

農林水産省関係では現在のところ、一、農業生産法人以外の法人の農業への参入を容認、二、特定農地貸し付けによる市民農園の開設主体を地方公共団体及び農業協同組合以外のものに拡大、三、学校施設の整備に係る保安林の解除に伴う森林の残地用件及び造成用件の緩和などの特区が申請されております。

鹿角市議会 2002-09-26 平成14年第4回定例会(第4号 9月26日)

市直営管理となると現条例との矛盾が生じるが、現条例に沿って管理していくとなると早急に運営委員会を立ち上げる必要があること、また、仮に方向づけがはっきりするまで閉館するとなると市民農園利用者などに対しても不便をかけることになるなどの理由から、12月議会までは条例改正をしないまま市直営として管理すべきが最善と考えたものである。

能代市議会 2001-12-10 平成13年 12月 定例会-12月10日−02号

さきの質問では、市民滞在型、市民農園の提案をいたしましたが、山間部の農地はその大半が地理的条件や生産条件の不利な所で市民農園等には向かないと一蹴されましたが、地理的条件や生産条件の不利な所であるからこそ自然景観にも恵まれているのです。春の若芽がもえるとき、錦秋の山々はまさに絶景のきわみです。ぜひこの地に人を呼び込んで自然と共生をさせたいと願うのは私ひとりではないと思っております。

鹿角市議会 2000-12-12 平成12年第7回定例会(第3号12月12日)

それで、減反した、要するに荒れ地にしないためにもある程度市民農園みたいな形で、野菜とか何かを市民とともに、消費者とともに減反の取り組みをやっていけるような対策を講じてもらうことができないものかなという気がいたしておりますけれども、その辺の考えはどういうふうにお持ちになっているものか、お聞きしたいと思います。 ○議長(大信田喜一君) 産業振興部長。

能代市議会 2000-12-11 平成12年 12月 定例会-12月11日−02号

ちなみに、市民農園には大きく分けて二つの型があります。一つは、現在当市でも実施している能代市民へ提供する市民菜園であり、いま一つは、滞在型の市民農園であります。この滞在型市民農園は簡易宿泊施設を備えた農園で、人口三万人の茨城県笠間市では来年四月から開園する計画を持ち、作業が進められているが、現在問い合わせや申し込みが盛んであるとのことであります。  

鹿角市議会 2000-03-15 平成12年第2回定例会(第5号 3月15日)

次に、議案第29号鹿角市市民農園条例の制定についてご報告します。  本案についても本会議において、「損害賠償」に関する規定の必要性について質疑が出され答弁されておりますが、利用者が施設等を破損した場合の原状回復及び損害賠償については、条例第9条第2項に規定されているとの補完説明が委員会においてなされております。  

  • 1
  • 2