1997件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2020-06-10 06月10日-04号

伊藤文治---------------------------------------地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者   市長         長谷部 誠   副市長        阿部太津夫   副市長        九嶋敏明    教育長        秋山正毅   企業管理者      藤原秀一    総務部長       小川裕之   企画調整部長     三森 隆    市民生活部長

由利本荘市議会 2020-05-29 05月29日-03号

市長長谷部誠君) 市民生活部長から答えさせます。 ○議長三浦秀雄君) 茂木市民生活部長。 ◎市民生活部長茂木鉄也君) ただいまの再質問にお答えいたします。 運転の継続を希望する方に対しての補助制度につきましては、市の広報ですとかホームページ等々でも掲載し、広く周知して皆様に御利用いただけることを考えていきたいと思います。 ○議長三浦秀雄君) 15番吉田朋子さん。

由利本荘市議会 2020-05-28 05月28日-02号

市民生活にもコロナが大きく影響しており、当局市民に寄り添ったいろいろな施策も高く評価されております。私どもも頑張っていきます。 質問です。1、地上イージス配備計画の撤回を。 政府は、地上配備型迎撃ミサイルシステムイージス・アショアの秋田市新屋配備を断念しました。重大なのは、安倍政権イージス・アショア配備計画そのものを諦めようとしていないことであります。 

由利本荘市議会 2020-05-25 05月25日-01号

議事に入ります前に、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月16日に全都道府県に対し行われました緊急事態宣言は、5月14日、本県においては解除されましたが、今定例会感染症拡大防止対策を行い開催いたしますので、市民の安全・安心のため一日も早い終息に向け、各位の御協力よろしくお願いいたします。 この際、御報告申し上げます。 

能代市議会 2020-03-13 03月13日-05号

       19番  庄司絋八    20番  針金勝彦-----------------------------------◯欠席議員(なし)-----------------------------------◯説明のため出席した者  市長       齊藤滋宣    副市長      小野正博  監査委員     小松 敬    総務部長     淡路 誠  企画部長     尾張政克    市民福祉部長

北秋田市議会 2020-03-12 03月12日-05号

議長黒澤芳彦)  次に、日程第29「市民福祉常任委員長報告」を求めます。 市民福祉常任委員長。 ◆市民福祉常任委員長佐藤文信) (市民福祉常任委員長 佐藤 文信君登壇) おはようございます。 それでは、市民福祉常任委員会に付託されました事件について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました事件は、条例案5件、予算案17件、単行議案1件の計23件であります。 

能代市議会 2020-03-11 03月11日-04号

議長渡辺優子君) 市民福祉部長。 ◎市民福祉部長石川佳英君) 御質問にお答えいたします。今回の福祉商品券事業につきましては、確かに販売率は41.8%でありましたけれども、平成27年に行ったプレミアムつき商品券購入割合は36.5%でありました。そのときよりは上回っております。ですから必要な事業であったと思っております。

能代市議会 2020-03-09 03月09日-02号

さきの12月定例会においては、令和初予算編成に当たっての同僚議員質問に対し、市長から「厳しい財政状況の中にあっても、市民が豊かさを実感し、子供を産み育て、将来にわたって健やかに住み続けていくための施策を積極的に展開し、現在と将来の市民に対する責任を果たしていかなければならないと考えております。」との答弁がございました。 

仙北市議会 2020-03-06 03月06日-04号

浅利市民福祉部長。 ◎市民福祉部長福祉事務所長浅利和磨君) それでは、高久議員の御質問にお答えします。 はじめに、歳入7款繰越金2億1,000万円について説明させていただきます。 1人当たりの医療費につきましては、年々上昇している傾向がございます。令和元年度におきまして、被保険者の減少などによりまして療養給付費支出見込みが3,000万円程度下回る見込みでございます。

由利本荘市議会 2020-03-06 03月06日-04号

民間の視点を大事に、市民現場取引先など関係する方々より話を伺いながら、その声を代弁する役割も果たすべく質問や提言を行い、似たような質問答弁が繰り返されてきましたが、一向にいい方向に進まない状況に、市民関係者からは、市は本気で改革する気があるのか疑念や不信感すら抱くとの声が日に日にふえています。 

仙北市議会 2020-03-05 03月05日-03号

この情報が市民方々にしっかりとお届けできていないとすれば、これは大変申し訳ない話であります。地区の方々にはお知らせできているということですけども、市民方々の不安がきっとおありだったでしょうから、またしっかりとした機会を捉えて市民方々状況をお伝えしたいと思います。 ○議長青柳宗五郎君) 13番。

男鹿市議会 2020-03-04 03月04日-04号

                      局長補佐    三浦大作                      主席主査    吉田 平---------------------------------------地方自治法第121条による出席者 市長       菅原広二      副市長      船木道晴 教育長      栗森 貢      監査委員     鈴木 誠 総務企画部長   柏崎潤一      市民福祉部長

仙北市議会 2020-03-04 03月04日-02号

2つ目は、予算市民の希望とマッチングしているのか。議会市民意見交換を行うと、大方の市民要望当局施策の不一致を感ずることが多々あるわけです。市民の数多くの要望を全てこなすことは、これは無理なことは十分承知しております。しかし、フェアでないと感じられることはなくさなければならない。また、命に関わるものについては、できる限り対応しなければならないものと考えています。