975件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

具体的には、小学生が栽培した食材を中学生が加工、販売する体験学習、中学生が小学校へ出向いて合唱を披露し、助言する音楽交流学習、学区内にある小学校と支援学校間で訪問し合う交流学習、中学生が制作した遊具保育園に持参して行う家庭学習などが計画、実践されており、今後につきましても、学校相互間連携のさらなる充実と教育環境の改善、整備を進めながら、ともに尊重し合い、協働して生活する児童生徒の育成に努めてまいります

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

現状、末広小学校と十和田小学校の統合、草木小学校と大湯小学校の統合、そして今後、二中と一中が統合しまして、そのあいた二中の跡地に平元小学校、花輪北小学校が統合する予定でございます。  こういった他地域での小中学校再編は着実に進んでおりますが、同じく少子化が進んでいる八幡平、尾去沢両地域において、こちらの再編も方向性を示す時期と考えております。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

次に、教育関係についてでありますが、旧末広小学校の十和田小学校への統合、旧草木小学校の大湯小学校への統合後の状況につきましては、新たな通学路となるスクールバスや徒歩区間を教育長教育委員会職員が同行するなど、安全上の課題を把握しながら適切な改善策を講じてきているほか、児童学校生活においては、統合後初の運動会などの学校行事も盛会裏に行われており、各校順調に新年度のスタートを切ることができたものと捉えております

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

初めに、議案第10号鹿角市立学校設置条例の一部改正についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から、十和田小学校と末広小学校の統合に当たり、土深井地区からのスクールバスの降車場所が十和田図書館前とのことであるが、十和田小学校前の土地を利用することができないものかただしております。  

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

最近では小学校のスポ少化を受けて、指導者に自由がきくと思われている公務員へのお願いがふえていますし、これからももっとふえていくと考えます。現状では報酬を受け取れない上に有給消化で対応しているようです。思い切って市がフレックスタイム制等、副業を認めてあげれば、かなりの相乗効果につながると思うのですが、考えを伺います。 ○議長(宮野和秀君) 総務部長。

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

幼稚園の預かり保育認可外保育施設、就学前の障害児の発達支援については無償化の対象化、無償化の開始年齢小学校入学前3年分の利用料を無償化するとされました。  本市の子育て支援策は、早い時期から大変手厚く、先進的な取り組みをしてきたと思います。今回の国の無償化の施策により、連動して支援策を拡充することが望まれていると思います。

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

次に、基本目標4の「豊かな心と文化を育むまちづくり」についてでありますが、子供が輝く学校教育の推進のため、鹿角市立学校等再編計画に基づき、新年度より末広小学校が十和田小学校に、草木小学校が大湯小学校に統合され、新たな学校体制が始まることとなり、安全安心で良好な学習環境を整えてまいります。  このほか、教育に関する執行方針につきましては、教育長から後ほど申し述べます。  

鹿角市議会 2019-02-14 平成31年第1回臨時会(第1号 2月14日)

同じくコード215凍雪害防止事業1億5,200万円は、国の交付金を活用し、花輪小学校の通学路となっている市道谷地田町小沢田線において、現在稼働している無散水融雪システム設備の更新工事費を追加計上するものです。  以上で議案第1号の説明を終わります。 ○議長(宮野和秀君) 提案理由の説明を終わります。  これより質疑を受けます。議案第1号について質疑ございませんか。     

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

小学校中学校の統合が計画実行段階になりまして、準備が急ピッチで進められていると思いますが、統合後の空き校舎の有効活用についてお伺いいたします。  現在のところで、空き校舎となる予定の校舎、そして校舎の活用の計画、この空き校舎をどのように、そしてまた維持管理、有効活用、あるいは解体も含めてですが、計画をなさっているのかお伺いいたします。 ○議長(宮野和秀君) 市長。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

○2番(金澤大輔君) 私もことしに入って3件、このキャリア講座受けまして、ことしは小学校中学校が来てくれたんですけれども、やっぱり職場に入ってそういう体験をすることで、また新たな発見につながったとかと言って喜んで帰ってもらえたので、やっぱりこういうのは事業所側にとってもすごいメリットがあると思うことと考えます。  

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

○5番(舘花一仁君) 確かに、公共施設幼稚園保育園、小学校中学校、不審者が出る可能性もないとは言えませんので、本当にこういった点では安心なところであります。確かに、こういった監視カメラをつけるという時代になってきたというのは本当に、なかなか今、私からは何とも言えませんけれども、これからもそういう住民の安心・安全のために寄与していただければありがたいと思います。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

来年度から十和田と末広小学校、大湯と草木小学校が統合となります。末広小、草木小や今後予定されている平元小、花輪北小など4校の建物や体育館、プールなど廃校後の利活用について、どのような検討がなされているのか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) お答えいたします。  

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

小学校地域で作成会を開くなど、全市民への普及を目指しています。  本市でも、災害時の自らの行動計画を定めておくマイ・タイムラインづくりを推進すべきと考えますが、見解をお伺いいたします。  4点目、SNSの活用について。  災害時に会員制交流サイト(SNS)を利用して情報発信する動きが、県内の市町村でも広がってきています。

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

2020年から小学校、また翌年2021年から中学校に対して、文科省が全面実施を予定している新学習指導要領は、学習内容の変更のみならず、主体的・対話的で深い学びの実現などの指導方法やカリキュラムなどに踏み込んでおり、学び続ける姿勢、学ぶ力としての学力を目指し、小学校の段階から、みずから学ぶ力を養成しようという考え方を、より明確に打ち出しているとのことです。  

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

公共施設では、払戸小学校校舎屋根の剥離被害がありました。  農業施設では、パイプハウスのビニール破損が確認されております。  また、農作物では、水稲や大豆の倒伏、多くの和梨の落果、露地栽培の小菊において強風による被害等が確認されており、詳細については、市とJA秋田なまはげ、秋田県農業共済組合とともに調査中であります。  以上、ご報告申し上げます。

男鹿市議会 2018-09-03 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号

7月15日に開催された第9回全日本女子相撲郡上大会において、潟西中学校の生徒が中学生軽量級の部で準優勝、美里小学校児童が小学4年生以下35キログラム未満級で優勝いたしました。  また、先月12日、東京都で開催された平成30年度民謡民舞少年少女全国大会において、北陽小学校4年生の児童が、コンクール小学4・5・6年生の部で準優勝いたしました。  

男鹿市議会 2018-06-26 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号

特に小学校においては、2018年度から新学習指導要領の移行期間に入り、外国語教育実施のため授業時数の調整など対応に苦慮する状況となっています。ゆたかな学びの実現のためには教職員定数改善などの施策が最重要課題です。また、明日の日本を担う子どもたちを育む学校現場において、教職員人間らしい働き方ができるために長時間労働是正が必要であり、そのための教職員定数改善は欠かせません。