176件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

畜産関係につきましては、去る10月23日の鹿角家畜市場へ短角・褐毛を含めて48頭が上場され、45頭の売買が成立しておりますが、このうち日本短角種の売買成立は35頭で、税抜きの平均取引価格は昨年平均を4万6,000円余り下回る20万6,029円となりました。

鹿角市議会 2017-11-30 平成29年第7回定例会(第1号11月30日)

畜産関係につきましては、去る10月24日の鹿角家畜市場へ短角・黒毛・褐毛を含めて47頭が上場され、45頭の売買が成立しておりますが、そのうち日本短角種の売買成立は30頭で、税抜きの平均取引価格は、昨年平均を24万円余り下回る24万1,200円となりました。

仙北市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号

場所の選定のほか、豚の放牧にかかわるノウハウや注意点については、秋田県南部家畜保健所等と連携を図り、環境衛生に配慮した計画策定を支援しております。また、特区の事業計画とは別に民有地での豚の放牧事業も行っておりますけども、こちらが順調に進んでおります。昨年の8月に一般農地で20頭の豚の放牧が実験的に実施されておりますけれども、さらに今年3月には市内の民間施設で試食会も開催をいただきました。

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

北秋田市内では、最近、熊だけではなく、他の鳥獣による家畜や田畑の被害も聞こえてきます。当局は、住民との情報交換の機会をふやし、現行の北秋田市鳥獣被害防止計画を早急に改正すべきと考えます。また、捕獲のあり方、捕獲後の処理についてのマニュアルを作成すべきと考えますが、当局の考えをお尋ねします。  ③ジビエ料理への参画について。  1)地域の産業として推進することについて。  

北秋田市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−01号

また、発生すると地域に甚大な影響を及ぼす家畜伝染病の予防と、万一に備えた防疫訓練等を講じてまいります。  林業振興については、「森林・林業再生プラン」に基づき、森林の適切な整備保全を通じて、木材生産の効率化、多面的機能の持続と発揮に努めてまいります。  

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

もみ殻の利活用方法については、情報収集を行っているところであり、主なものとして、農地の暗渠資材、堆肥化に必要な水分調整材、薫炭などの土壌改良材、家畜などの敷料化、バイオマス固形燃料及び発電などがあります。  このうち、バイオマス固形燃料は、にかほ市を初めとする県内の3地域で製造機械を導入した事例があります。

由利本荘市議会 2017-06-01 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月01日−02号

あきた総合家畜市場の年間販売頭数のうち、本市出荷分は何頭で、その何割が地域外に販売され、他産地で肥育出荷されているのか、また、畜産農家の掘り起こしは何戸程度見込まれるのかお伺いいたします。  次に、(7)18年ぶりの開催となる秋田県種苗交換会の意義と効果についてですが、本市が会場となる意義とその経済効果をどのくらいと推定されるか、また、どのような試算をしているのかお伺いいたします。  

由利本荘市議会 2017-05-15 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-05月15日−01号

第140回秋田県種苗交換会につきましては、会期を10月31日から11月6日までの7日間とし、市総合体育館やあきた総合家畜市場、文化交流館カダーレなどを会場に各種催事や協賛行事を実施することとなっております。本市での開催は18年ぶりとなりますが、本荘由利地域、そして秋田の魅力を県内外に発信する絶好の機会と捉え、関係機関と連携して取り組んでまいります。  5点目は、消防・防災であります。  

鹿角市議会 2017-02-14 平成29年第1回定例会(第4号 2月14日)

家畜市場のある畜産団地周辺を牧場として、観光客や住民が放牧牛を眺めながら鹿角産の牛乳やソフトクリーム、アイスを飲食しながらカフェでくつろぐといったことができれば、見せる宣伝効果として、また誘客対策にも大であると思います。このように、かづの牛の自然放牧を利用した観光牧場の取り組み、構想は考えられないかお伺いいたします。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2016-12-13 平成28年第7回定例会(第3号12月13日)

また、万一の場合を想定し、秋田県北部家畜保健衛生所など、関係機関と連携のもと、緊急体制を整備したほか、合同防疫演習も定期的に行っており、今後も各機関との情報共有を図りながら、防疫体制の強化に努めてまいります。  

鹿角市議会 2016-11-30 平成28年第7回定例会(第1号11月30日)

家畜市場につきましては、去る10月25日に鹿角家畜市場が開催され、日本短角種を初めとして上場頭数85頭のうち81頭の売買が成立しております。このうち日本短角種の売買成立は40頭で、税抜きの平均取引価格は48万6,525円と、昨年より10万円余り上回る結果となりました。  

由利本荘市議会 2016-07-26 由利本荘市議会 会議録 平成28年  7月 臨時会-07月26日−01号

今月16日に、第18回由利畜産共進会が、あきた総合家畜市場で開催されました。  月齢などで定められた10の出品区分に、肉用牛が85頭、乳用牛が16頭、合計101頭が出品されました。  審査の結果、第11回全国和牛能力共進会の第5区を想定した繁殖雌牛区では、東由利地域の木嶋賢蔵さんのゆりひめ号が優等賞に選ばれ、また、団体の部総合優勝は、矢島、由利、鳥海地域で構成する東部地区が獲得しております。  

男鹿市議会 2016-03-02 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月02日−03号

男鹿の場合だと、米が一番中心になっていますし、それの下落が一番おっかないと思いますが、仮に飼料米とかそういうやつもいろいろ入ってきて、その餌用としてもいきますが、今、備蓄されるのは3年か5年なると加工米も含めて、あと家畜用の餌に回るような仕組みになるわけですね。結果からいうと、毎年8万トン国内で消費が減って、似たような米の量が米国とオーストラリアから入ってくると。

由利本荘市議会 2015-12-16 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月16日−04号

16款財産収入につきましては、ゆり高原ふれあい農場における家畜売払収入の追加であります。  21款市債につきましては、県営戦略作物生産拡大基盤整備促進事業債の追加が主なものであります。  続いて、歳出でありますが、人件費以外の主な部分について御報告申し上げます。  

由利本荘市議会 2015-12-03 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月03日−02号

もちろん、家畜の敷料、水田などの暗渠資材としても使っていました。大半が家族農業でありましたから、薫炭として使っており、もみ殻焼きは農村の風物詩でもありましたが、今はもみ殻焼きは稲わら焼きと同様、禁止されております。  近年、水稲の作付が大規模化するにつれ、処理に困っているような状況も見受けられます。

由利本荘市議会 2015-11-16 由利本荘市議会 会議録 平成27年 11月 臨時会-11月16日−01号

内容といたしましては、総務費では総合防災公園・アリーナ等管理運営調査費を追加、労働費では矢島勤労青少年ホーム修繕費を追加、農林水産業費では統合家畜市場駐車場整備事業費を追加、商工費では観光施設費の備品購入費補助金を追加、土木費では都市下水路管理費を追加しようとするものであります。  

由利本荘市議会 2015-09-03 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月03日−03号

例えば鳥海りんどう、それから秋田由利牛、牛肉というのは全国各地にもあるわけで共通する事項が多いわけですが、穀倉地帯の秋田県、飼料用米などもありますが、きのうの高橋議員の話によると、その飼料用米をつくるプラントが秋田県内にはないということで、飼料用米というのは畜産も関係しますし、由利本荘市には総合家畜市場もあるわけでございます。