27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

通学費市長、考えてないという話でしたけれども、せめてその準要保護ですか、そういった家庭というか該当しておられる方々、本来であれば全員に同じようにしてという形ができれば一番いいなとは思うんですけれども、本当に困っていらっしゃる方々に対して、そうした通学費、毎月発生する通学費なので、通学費なのかなと思って考えたわけですけれども、通学費であったりとか、学費援助であったりとか、何らかの支援というのは必要

由利本荘市議会 2019-03-06 03月06日-04号

生活保護などの諸手当を含めても約203万円にとどまっており、高校1年の3人に1人はアルバイトをし、その収入学費家計生活費にも充てているということがわかりました。 このような状況の中、生活困窮者を救う活動が全国的に多く見られるようになりました。その一つが、埼玉県の社協などが取り組んでいる、子供衣類などを集めて必要とする世帯に届ける衣類バンク事業があります。 

能代市議会 2017-03-08 03月08日-04号

そういう状況子供たち学費支援ということで、大変意義があったものだと思っていますので、その検証は当然必要だと思いますけれども、市奨学金制度については、新しいその返還制度もあわせながら継続してまいりたいと思っております。 あと、ふるさと人材については、一応10年という区切りになっておりますので、今後総合的に検討しなければならない状況にあると思います。以上であります。

由利本荘市議会 2017-02-24 02月24日-04号

高過ぎる学費の問題を抜本的に解決する意志も、全く見えません。若者がお金がなくて学べない状態を本格的に打開するために、政治の姿勢を変えることが今こそ求められています。 日本大学授業料は、国立標準額が54万円、私立平均86万円、入学金などを含めると、大学進学1年目に納める額は、国立で約82万円、私立で約131万円にもなります。

鹿角市議会 2016-03-08 平成28年第2回定例会(第4号 3月 8日)

そこで、どこの家庭でも子供幼児教育費児童手当保育料無料化などで何とかやりくりしているかと思いますけれども、大学進学となると、入学費学費、生活費など4年間で約1,000万円単位でかかるようであります。子供1人でこの額ですから、2人目、3人目となると立ちいかなくなるだろうと思っているところであります。  

由利本荘市議会 2015-03-06 03月06日-04号

また、国では、地元就職する学生への学費支援として、自治体産業界が共同で奨学金返済減免するための基金をつくり、基金をつくった自治体支援するということでありますが、小項目2点目、本市及び周辺自治体との連携による地元就職者への奨学金返済減免制度についてお伺いいたします。 中項目4、強靭化支援する事業環境の整備の中からお伺いいたします。 

男鹿市議会 2009-12-08 12月08日-04号

農家の経営というのは、ご存じと思いますけれども、この8パーセントの部分というか、減収部分がもろに生活費子供を持っている世帯であれば学費に回る部分です。それが今、不足している、そういう事態だと私は思います。そういう中で支援をお願いできないかということを話しているわけです。そういう受けとめ方を、まずもってしてもらいたい、そのように思います。 

能代市議会 2009-03-06 03月06日-02号

経済不況雇用情勢の悪化の中で、全国高校生の学費滞納がふえ、中途退学に追い込まれる事態がふえていることを全国新聞でも報じております。また、私どもにも昨年末に解雇され、現在求職中、子供前期試験でこのたび高校に合格したが、入学金や制服などの準備金を捻出する当てがない。中学校のときには、就学援助を受けて何とかしのいだが、高校ではそれもない。何とかならないか、という相談がありました。

男鹿市議会 2008-12-05 12月05日-03号

学費進学断念退学が余儀なくされる教育格差国民生活のどの分野、どの世代でも明日の解決を待てない切実な悲鳴となっております。 そこで私の最初質問は、市内経済状況失業雇用対策についてであります。 私が今述べた経済状況が、本市経済にも直接大きな影響が出てきておりますが、市長は現在の市内経済の現状をどう認識されているのか、業種別に市の分析結果をお聞かせ願いたいのであります。 

仙北市議会 2008-03-10 03月10日-05号

これ私は思い切って何人もいないので、日本学費というのは世界一高いわけですよ、皆さん御承知のとおり。ここに戻ってきて人がいないとか何とかって、こぼす前に、職場を拡大して仕事もふやす。できれば私はここに大学をつくってほしいんだな。 ○議長佐藤峯夫君) それは一般質問でやってください。議案の質疑を集中してください。 ◆22番(平岡均君) それで、すぐ終わる。

鹿角市議会 2003-11-21 平成15年第7回臨時会(第1号11月21日)

それから、関連して、子弟の授業料減免とか、あるいは学費等の免除というようなものが出てくると思いますが、これらの対応をいかに考えておられるのか。これらについてご質問します。 ○議長阿部佐太郎君) 産業部長。 ○産業部長馬淵晴彦君) ちょっと順不同になるかもしれませんが、よろしくご理解をいただきたいと思います。  

鹿角市議会 2003-09-25 平成15年第6回定例会(第4号 9月25日)

さらに委員から、被害農家への支援について、関係機関助成措置学費減免等、市独自の支援事業対応策を早急に講ずべきであるとの強い意見が付されております。  以上、所管事務調査の概要について報告を終わります。     (産業経済常任委員長 石川 徹君 降壇) ○議長阿部佐太郎君) 以上をもちまして、産業経済常任委員長所管事務調査報告を終わります。

鹿角市議会 2003-09-17 平成15年第6回定例会(第3号 9月17日)

その一つが、被害の程度に応じた来年度の作付用の種子の有償、無償の提供であり、その二つが、無利子及び保証人なしでの資金の融資、その三つが、皆無農家に対する飯米相当分の米の提供及び学費等の減免であります。  さらにお願いいたしますのは、近々に行われる水稲の損害評価についてであります。  

  • 1
  • 2