428件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2020-06-15 06月15日-02号

プロジェクトは、秋田県の事業であります企業者を呼び込める商店街づくり支援事業として、令和年度大仙能代市が選定されたものであり、動き出す商店街プロジェクトの名称で知られております。この県の事業では、空き店舗を町の可能性として位置づけ、全国で活躍するまちづくりのプロを講師に招き、ワークショップや町歩き等を通じ、持続可能な自走式の計画を考案するものであります。

仙北市議会 2020-03-19 03月19日-05号

確かに、大仙では手厚い手当をしている。一方で、全県の実態では待機料がない自治体もあり、本市が特別劣っている事象ではないと考えられる。全県の待機料動向を調査して比較・検討したが、従前のとおりとする判断をさせていただいた。業者の皆さんには理解していただけないかもしれない。

能代市議会 2020-03-09 03月09日-02号

腐食によると思われる水門の蓋が落下し、水が行き場を失い、家屋13棟が浸水した秋田市で起きた事故大仙では老朽管腐食が原因の漏水事故が起きております。十年一昔なら、およそ二昔前のことですが、水道管工事の現場で腐食した鋳鉄管を見て、私は驚きました。通常私たち市民は、土の中にある目に見えない一番大事な部分を見逃しがちでおります。

仙北市議会 2020-03-05 03月05日-03号

広域消防に毎年、大仙、仙北市、美郷町で負担金を出して広域圏組合事業を行っています。今、私の記憶では、大仙が確か40億円程度、仙北市が20億円弱ぐらいだったと思いますけども、その負担金の中で様々な業務が行われている、議員よく御承知のとおりです。購入に関しては、配備する自治体購入費を賄おうということの取り決めがある。

仙北市議会 2019-12-11 12月11日-04号

参考までに、近隣の国民健康保険税率でございますが、大仙、所得割13.1%、均等割3万500円、平等割は4万3,000円、美郷町でございますが、所得割で11%、均等割で3万9,300円、平等割で3万3,300円となってございます。また、秋田県内において、平成29年度から平成30年度までに税率改正を行った市町村は8市町村で、令和年度においては4市町村となってございます。 以上でございます。

能代市議会 2019-12-10 12月10日-03号

1、ニセコ町まちづくり基本条例を研究する考えはでありますが、平成22年一般質問で取り上げた当時、県内ではにかほ市のみだったのが潟上市、横手市、大仙と制定する市がふえているのを見ても、住民参加を一層進める、自分事で進めるまちづくりを推進するなど、行政と市民と協働することが求められていると考えられることから、自治基本条例制定の取り組みについてお伺いします。 

北秋田市議会 2019-12-09 12月09日-02号

秋田県内北秋田市を除く12市の状況を簡単に説明しますと、秋田市は子ども未来部設置能代市、横手市、由利本荘市、大仙子育て支援課設置大館市は子ども課男鹿市は健康子育て課、湯沢市は子ども未来課仙北市は子育て推進課鹿角市は子育て長寿課、にかほ市は子育て長寿支援課、そして潟上市は教育委員会の中に幼児教育課設置されておりました。

仙北市議会 2019-12-09 12月09日-02号

そこで、大仙刈和野の生和堂医院であったり、また、大仙太田太田診療所であったり、また、大曲こどもクリニックであったりというところを視察させていただきました。 生和堂医院では定員5名、太田診療所では定員3名ということで、どちらも児童の症状によって部屋を分けたり、シャワー室などがあったりということで、看護師、また、保育士保育補助シフト制にして運営していたということがありました。

男鹿市議会 2019-12-06 12月06日-02号

さらに、11月16日には、秋田漁業協同組合と連携し、大仙での「海味(うみ)めぐり直売会」に出品し、急速冷凍加工品水産加工品販売活動を行っております。 次に、急速冷凍施設の今後の見通しについてであります。 急速冷凍施設においては、オガーレとのさらなる連携強化を進めるとともに、オガーレにおいても鮮魚を急速冷凍し、加工品の食材などへの活用を図っていくと伺っております。 

仙北市議会 2019-09-27 09月27日-05号

例えば、仙北市の子ども大仙の保育園に入所した場合でも、副食費は仙北市が負担するので無償になる。 次に、議案第83号 一般会計決算について、質疑応答から、生活保護費についてを要約して報告いたします。 生活保護世帯において高齢者が増え、亡くなられる方の割合も高く、保護世帯減少傾向にある。新規の相談件数も増えていない状況からすると、今後の動向としては横ばいで、極端に増えることはないと見込まれる。 

仙北市議会 2019-09-13 09月13日-04号

例えば、大仙の場合は病児保育施設が既に運営なさっておるわけでございますので、これは大仙から民間に移譲していますけども、また、大仙刈和野のほうには民間でやっている生和堂というところもあるわけでございますが、そういうふうな施設仙北市内に存在するのかどうかということをお聞きしたいということが第1点であります。 

仙北市議会 2019-09-12 09月12日-03号

市長門脇光浩君) 御存知のとおり、仙北市を含んで大仙、美郷町、ここで広域市町村圏組合を設けていて、その広域広域消防を運営してるという現状がありますので、できる限り仙北大仙美郷消防団の皆様の待遇・処遇については、レベルを同じくしていこうというような御議論がずっと各消防団の団長さん、歴代の方々努力があって、今同じ状況、ほぼ同じ状況になってます。

仙北市議会 2019-09-11 09月11日-02号

そして今後50人、その50人の内容は、仙北市から約半分、そして大仙ほとんどやっぱり仙北市の人方も多いんだけれども、やっぱり200人という人数見れば、大仙のほうからも来てるということで、それでまず一番先に芝浦電子が腰を下ろしたのは田沢湖に腰を下ろして、それの分所みたいになってるのが、今もう田沢湖を逆転して、田沢湖には約100人ぐらい、そして今言ったように中川は200人、そして2月には250人、そしてこの

鹿角市議会 2019-09-09 令和元年第5回定例会(第2号 9月 9日)

県内市町村別農業生産額の2017年度の推計では、横手市が285億9,000万円、14年度から4年連続のトップで品目別では、野菜、果実、花卉、畜産で1位となって、2位は大仙の227億5,000万円であります。本市は93億4,000万円で6位であります。1位の横手市はバランスのよい生産構造を目指し、JAなどとともに園芸品目畜産生産振興に力を入れた結果とされます。