993件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-24 令和元年第4回定例会(第4号 6月24日)

初めに、議案第50号字の区域の変更についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から、土地改良事業などの際に行われる字界の変更は事業の計画段階から予定されているものなのか、また、変更に当たり統一された基準のようなものはあるのか、ただしております。  

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

具体的な取り組みといたしましては、教職員の適正な在校時間や夏休み中の学校閉庁日、職員一斉退勤日、部活動の活動基準等の設定、教員による声かけ運動や安全運動期間中の街頭指導の縮減等により、教職員の時間外勤務を段階的に引き下げていき、令和3年度までに月平均で45時間以内、繁忙月では80時間未満とする達成数値を掲げ、取り組んでいるところであります。 ○議長(宮野和秀君) 倉岡 誠君。

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

また、新規就農者が参入しやすいように、農地取引の基準面積を下げる下限面積の設定などの対策も講じているところであります。  今後も、日ごろのパトロールの厳格化やきめ細かな相談に努め、遊休農地の発生防止と解消に取り組んでまいります。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。 ○6番(舘花一仁君) ありがとうございます。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

電気設備工事))      議案第50号 字の区域の変更について      議案第51号 鹿角市下水道事業特別会計への繰入れの変更について      議案第52号 特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の             一部改正について      議案第53号 鹿角市森林環境譲与税基金条例の制定について      議案第54号 鹿角市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準

鹿角市議会 2019-04-22 平成31年第3回臨時会(第1号 4月22日)

第1条による改正でありますが、第16条の6はふるさと納税に係る寄附金控除について、返礼品の返礼割合を3割以下とする等の基準に適合し、総務大臣が指定する特例控除対象寄附金に改め、引用する地方税法の規定を整備するものです。  

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

これに対し、現行の時間外勤務は時間外勤務管理基準により1月当たり30時間以内としているが、今回国の人事院規則の改正に伴い、国などとの勤務基準の均衡を図るため改めて規則に上限を明記し、より厳格に勤務命令やその管理を徹底するものであるとの答弁がなされております。  以上の審査により、議案第7号については原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

ただ、現行の政府案では、平成31年6月1日の基準日を境に、一部の3歳児は対象となる反面、遅く生まれたゼロ歳児は外れるため不公平感が生じるおそれがあり、こうした点も含め現在国で検討中でありますので、引き続き動向を注視してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 中山一男君。

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

確かに地方公務員法では市職員が営利企業に従事したり報酬を受け取ったりすることは制限されていますが、独自基準を定め、それを認め、地域に貢献することを推進している例も多々あります。最近では小学校のスポ少化を受けて、指導者に自由がきくと思われている公務員へのお願いがふえていますし、これからももっとふえていくと考えます。現状では報酬を受け取れない上に有給消化で対応しているようです。

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

JAかづのを中心とした国外への販路開拓につきましては、主食用米の輸出にはグローバルギャップや国際食品規格委員会が定める国際基準をクリアする必要があり、厳正な生産管理や出荷体制の整備なども考慮するとJAかづの単独での輸出には課題が多いと伺っております。

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

制度は変わるわけですけれども、鹿角市としての対応は、基準に関してはこれまでと変わることなく、従来から総務省の助言というか指導という範囲でしたけれども、返礼品の額の割合は3割以下で、地域の活性化につながるように地元の産品を使うということに関しては変わりません。

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

住宅街ではあるが、消火栓等の設置により消防力の基準を満たしており、水利に影響はないと判断しているとの答弁がなされております。  以上の審査により、議案第83号中、当常任委員会所管の補正予算につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。  以上で、当総務財政常任委員会の審査報告を終わります。 ○議長(宮野和秀君) ただいまの報告に対して質疑を受けます。

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

10分の1に相当する額は、都道府県に対し市町村と同様の基準で案分して譲与されます。その際に、市町村は森林環境譲与税を間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に関する経費に充てなければなりません。また、その使途を公表することとなっております。  

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

財政調整基金の残高については法的には特段基準が定められてはいないが、一般的には標準財政規模の1割から2割程度が、想定される災害等に対応するために必要とされている。基金については、今後も常にその残高を意識しながら、市の活性化に資する計画に登載した事業への活用を図ってまいりたいとの答弁がなされております。  続いて、歳出について申し上げます。  

男鹿市議会 2018-09-21 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号

第7点として、農地農業用施設災害復旧に係る支援策並びに災害復旧補助対象基準の見直し及び個人負担の軽減について。  第8点として、ポークランドグループの企業誘致としての位置づけ及び具体的誘致策についてなどの質疑に対し、当局からそれぞれ答弁がありました。  本委員会においては、なお詳細に審査するため、常任委員会ごとによる分科会を設置し、審査いたしました。  

鹿角市議会 2018-09-20 平成30年第7回定例会(第4号 9月20日)

財政の健全性の判断基準として、早期健全化基準と財政再生基準が設けられており、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率の4つの指標のいずれかが表に示します早期健全化基準以上となった場合、財政健全化計画を策定し、財政の早期健全化を図ることになります。

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

また、水害の想定については、米代川が五十年に一度、大湯川が百年に一度の大雨となった場合の河川水位と浸水状況について、秋田県がシミュレーションしたものを防災マップ上に反映し避難判断の材料としているほか、土砂災害については、規模想定ではなく気象台が発表する防災気象情報の危険度に応じて避難判断を行うこととし、累加雨量や1時間降水量などを基準にした計画としております。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

製品の規格基準を定めた改正厚生労働省令が8月8日施行されました。市販されるようになるまでは1年以上かかる見通しですが、液体ミルクは常温で保存でき、容器に吸い口を装着すればすぐ飲めるもので、粉ミルクのようにお湯でとかしたり、哺乳瓶の洗浄や消毒をする必要はなく、海外では広く利用されています。

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

訪問看護サービスの設備基準では、事業の運営を行うために必要な広さを有する専門の事務室を設けることとされており、訪問看護ステーションおがを休止した場合、これまで事業を行ってきた事務室を兼ねてサテライトの事務室とすることは、この設備基準を満たすことができないとの判断から廃止となったものであります。