182件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

東日本大震災では、行政防災計画に、個人家庭での備えと地域のコミュニティにおける自発的な防災活動をかみ合わせる重要性が指摘され、2013年に改正された災害対策基本では、共助による防災活動推進の観点から地区防災計画制度が盛り込まれています。地区防災計画は、町内会自治会企業などが実情に応じた防災活動の計画を立て、市区町村の一部として提案。

男鹿市議会 2018-06-13 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

と、これが内閣府から示されたものでありますけれども、先ほど県の上位計画であったりですとか、いわゆる災害基本、あるいは国土強靭化基本、これらに基づいて地域計画がさまざま練られているわけでありますけれども、その実際には、今、船木部長からもご答弁ありましたように、歴史上でそういった地形、自然地形的形状が変化したものに対してであったりですとか、あとは危険箇所に対する時間的変遷を伴った危険箇所、そういった

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

防災マップは、大雨で河川が氾濫した場合に浸水が予想される区域と、その深さ並びに災害対策基本の改正により見直しを行った避難所や新たに指定された土砂災害警戒区域などを示し、災害時に安全避難してもらうことを目的に作成され、昨年の5月に各家庭に配布されました。災害時に持ち運びができるように、B4サイズ42ページの冊子型として作成されております。  

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

なお、本市におかれましては、東日本大震災や昨今の自然災害等を教訓とした災害対策基本の改正や国の防災基本計画、県の地域防災計画の見直しに伴い、平成27年3月に本市地域防災計画修正を行い、災害の応急対策に加え、予防に対しても十分な計画が盛り込まれております。  つきましては、改めまして、市長不在時や夜間・休日等における危機管理体制の対応状況について、以下の項目をお尋ねいたします。  

男鹿市議会 2017-09-05 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号

議長(三浦利通君) 船木議員 ◆14番(船木正博君) まあいろいろ、直接自殺とかそういうふうな、子どもにはね、あれでしょうけれども、自殺対策基本が昨年改正されて、7月には新たな自殺総合対策大綱が閣議決定されました。この改正法ではですね、やっぱり学校にもやっぱり求めてるんですね。学校に対して子どもたちがSOSを出せるような教育をすること。

仙北市議会 2017-08-29 平成29年  9月 定例会-08月29日−03号

これには、地震津波火山、それから風水害地滑り、がけ崩れ、土石流等々、特に左の上のちょっと白黒ですので、これは災害対策基本というのが載っておると思います。昭和36年の伊勢湾台風以来、災害対策基本が制定されまして、その後ずっと改定、改定、特に阪神・淡路大震災、それから東日本大震災等々では、復旧・復興の面でかなりの改定が行われた模様でございます。

男鹿市議会 2017-06-14 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−02号

また、厚生労働省では、自治体自殺防止対策の計画づくりを義務づけた改正自殺対策基本が昨年施行されております。本市では、この基本が、どのような成果が出ているのか、そしてまた、どのように分析しているのか、その点についても再度お聞かせ願いたいと思います。  次に、ふるさと納税でございますけれども、この独自の政策に使えるお金というのは、さほどふえていないようにも感じ取っております。

能代市議会 2017-06-13 平成29年  6月 定例会-06月13日−03号

次に、安倍内閣は、3月31日に、教育勅語について「憲法教育基本等に反しないような形で教育に関する勅語教材として用いることまでは否定されることではない」とする答弁書閣議決定しました。教育勅語は、明治天皇が「臣民」に下した教育指導原理として1890年に発表されました。内容は重大事態があれば、命をかけて天皇を守れというもの。国民を侵略戦争に動員する上で大きな役割を果たしました。

由利本荘市議会 2017-06-05 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月05日−04号

障害者スポーツの振興につきましては、スポーツ基本基本理念に位置づけられており、障害者が自主的かつ積極的にスポーツを行うことができるよう求められております。特に近年、パラリンピックを初め障害者スポーツにおける競技性が向上してきており、種目も多彩になるなど、その充実が図られてきております。本市のスポーツ振興計画も、この理念に基づいて策定しております。  

能代市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会-03月06日−02号

急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民の生命または身体に危害が生じるおそれがあると認められた区域とされ、各市町村、つまり能代市が土砂災害から地域住民の生命を守るため、災害対策基本に基づき災害情報の伝達や避難が早くできるよう地域防災計画に定められ、警戒避難体制の整備が定められております。  そこでお伺いいたします。

男鹿市議会 2017-02-28 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月28日−01号

本計画は、国土強靭化基本の制定を踏まえ、本市における防災減災等に関する施策を計画的に推進するための指針とするものであります。  これまで外部有識者や専門家で構成する「男鹿市国土強靭化地域計画検討委員会」でご協議いただくとともにパブリックコメントを実施し、来月策定する予定となっております。  次に、弾道ミサイルを想定した住民避難訓練についてであります。  

由利本荘市議会 2017-02-23 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号

東日本大震災を機に、地域における大規模災害に対処するために、予防対策、応急対策、復旧・復興対策について、県や地方行政機関等を含めた総合的かつ計画的な防災対策の必要性から、平成25年6月に災害対策基本が改正され、本市でも27年6月に地域防災計画修正されました。  

能代市議会 2016-09-13 平成28年  9月 定例会-09月13日−03号

次に、罹災証明の発行マニュアルについてでありますが、罹災証明書については、災害による被害の程度等に応じて適切な支援が受けられるよう、災害対策基本市町村が発行することとなっております。能代市地域防災計画では、災害の被害認定基準や罹災証明書の様式等について記載しておりますが、具体的な被害状況の調査方法や認定のための手順等を定めたマニュアルについては策定しておりません。

能代市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会-09月12日−02号

被災者台帳とは、災害が発生した場合、被災者の援護を総合的かつ効果的に実施するための基礎となる台帳であり、災害対策基本第90条の3第1項において、市町村の長が作成することとされております。被災者台帳を導入することによって、被災者の状況を的確に把握し、迅速な対応が可能になるほか、被災者が何度も申請を行わずに済む等、被災者の負担軽減が期待されています。

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

そして、現在策定中のスポーツ振興計画は、単に国のスポーツ基本にのっとっての策定というだけでなく、スポーツ立市を進める上での具体的な展開、方策を示すものだと理解しております。  しかしながら、議会全員協議会で示された計画案は、未定稿のものではありましたが、内容がこれまでの総合計画教育指針で示されてきた概要と余り変わらない、立市宣言を契機に新たに取り組む具体的施策が見えづらいと感じました。