1135件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-24 令和元年第4回定例会(第4号 6月24日)

次に、議案第55号令和元年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)中、歳出2款2項市民共動費、3項徴税費、4項戸籍住民基本台帳費、3款民生費、4款1項保健衛生費、2項清掃費、10款教育費についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から、10款6項3目体育施設費の施設補修工事費について、リフトおり場の補修工事を行うと説明があったが、その内容についてただしております。  

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

市道八正寺久保田線及び久保田7号線の道路整備事業についてありますが、これまでの経緯としましては、平成26年度には基本設計の実施と地元住民説明会の開催、平成28年度には設計を一部見直し、ルートの修正を行い、地元自治会から協力をいただきながら、修正後のルートについて、地権者等と話し合いを行ってきたところであります。  

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

また、今後の見通しについては、国の経済財政運営と改革の基本方針2018、いわゆる骨太の方針において平成31年度以降3年間は、平成30年度と同水準の交付税等の一般財源を実質的に確保するとしており、大きな減額などはないものと見込んでいるとの答弁がなされております。  次に、13款使用料及び手数料について、特筆すべき大きな増減等はあるものかただしております。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

来年度は後期基本計画の4年目の年となります。将来都市像を「笑顔がつながり活力を生むまち・鹿角」をつくるとして、2020年には人口3万人以上の方々が暮らしているまちづくりを進めるとして現在さまざまな施策を進めております。その成果に大きく期待を寄せるものであります。その中で、次の点についてお尋ねいたします。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

高齢者施策に対する基本的な考え方につきましては、平成30年3月に策定した第7期鹿角市高齢者福祉計画・介護保険事業計画では「誰もが自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができる地域づくり」を基本理念とし、支援を必要とする高齢者地域で支えていくために、健康づくり介護予防の総合的な推進など7つの基本目標を掲げ、総合的に施策を推進しております。  

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

ですので、平成27年に鹿角市が6次総の後期基本計画をつくる際に、政策研究所で鹿角の基幹産業は何かということで調べるためにこの連関表を作成いたしました。それをもとに農業とそれから製造業、特に食料製造業、それから観光業が鹿角にとっては外貨を稼ぐのにいい産業というふうに見きわめをしたところであります。今回、7次総を策定するに当たっても、まだ2年ありますけれども、2年前の段階でこの構造を調べたいと。  

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

次に、議案第83号平成30年度鹿角市一般会計補正予算(第8号)中、歳出、2款2項市民共動費、3項徴税費、4項戸籍住民基本台帳費、3款民生費、4款衛生費、7款1項3目消費者行政推進費、10款教育費についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から出されました質疑・意見等の主なる内容について申し上げます。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

その中で、計画どおりにならなかった基本目標2「転入者数700人」、そしてもう一つ、基本目標4の「住みごこち満足度60%」について伺いたいと思います。  平成30年度のことしは、改善している項目ももしかするとあるのかもわかりませんが、基本目標2も4も大変難しい項目ではあります。基本目標2の「転入者700人」に対して、平成29年度は533人、年々減少してきているという。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

次に、第6次基本構想の改定についてでありますが、本市では、平成23年度から平成32年度までの10カ年の計画期間で将来都市像やまちづくりの基本目標、施策大綱等を明らかにした第6次基本構想を策定しております。最終の32年度が近づいておりますが、当然新規に策定する第7次基本構想と先ほどの次期総合戦略とは整合性が図られなければならないものと思っております。

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

これに対し、国は、今年度の「経済財政運営と改革の基本方針」において、地方の安定的な財政運営に必要となる一般財源の総額を、平成30年度の地方財政計画の水準を下回らないよう確保する方針が示されている。地方税収の伸びや交付税算定の積算上の調整はあり得るが、方向性としては、地方交付税の大幅な削減にはならないものと見込んでいる。

男鹿市議会 2018-09-21 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号

第1点として、男鹿駅周辺土地利用基本計画の策定にあたって、委託業者と市民の意見を調整し、いかにして取りまとめるのかなど、土地利用に係る市長の考え及び具体的手法について。  第2点として、旧桜島苑の除却に関し、アスベスト処理対応のため、追加補正を行ったことに係る当初予算編成時の現地確認等のあり方について。  

鹿角市議会 2018-09-20 平成30年第7回定例会(第4号 9月20日)

初めに、議案第69号平成30年度鹿角市一般会計補正予算(第6号)中、歳出2款2項市民共動費、4項戸籍住民基本台帳費、3款民生費、4款1項保健衛生費、10款教育費についてありますが、本案の審査に当たり、委員から出されました質疑・意見等の主なる内容について申し上げます。  初めに、4款1項1目保健衛生総務費の医師確保対策事業に関連して、地域医療推進員の活動についてただしております。  

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

当市は、第6次総合計画後期基本計画に基づいた政策実現を実行しておりますが、鹿角市の基盤産業を生かした地域活性化を図るために最も重要とする事業に、これまで以上の計画予算や人的人材を位置づけた事業展開が必要と考えますが、これに対する市長の所見を伺います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

また、利用料金については、近隣自治体の金額を参考に設定しており、高校生以下は基本的に無料とするものであります。  条文の第1条は、男鹿市公園条例の一部改正の規定であります。  下段の別表1は、若美総合体育館の利用料金表であります。  次のページをお願いします。  別表第2は、若美中央公園球場の利用料金であります。  次のページをお願いいたします。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

共動の理念の啓発のための市民ポイント制度導入についてでありますが、本市では、少子高齢化福祉ニーズの増加、さらには市民価値観の多様化など、地域を取り巻く環境が複雑化する中で、共働のまちづくりを掲げ、市民自治会市民団体企業行政など多様な主体がそれぞれの責任と役割を認識しながら、課題解決に向かってともに活動を進めることを基本理念としてまちづくりを推進しております。  

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

東日本大震災では、行政防災計画に、個人家庭での備えと地域のコミュニティにおける自発的な防災活動をかみ合わせる重要性が指摘され、2013年に改正された災害対策基本法では、共助による防災活動推進の観点から地区防災計画制度が盛り込まれています。地区防災計画は、町内会自治会企業などが実情に応じた防災活動の計画を立て、市区町村の一部として提案。