7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北秋田市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−01号

アンテナは、現在設置済みであります消防防災デジタル無線基地の鉄塔を利用して設置することとしております。  上から3段、コーリニアアンテナというものが280メガヘルツ台の電波を発射するためのアンテナ、それから、5ギガ無線LANアンテナは、先ほど消防本部のほうから送るための受信のものです。

鹿角市議会 2010-03-17 平成22年第2回定例会(第5号 3月17日)

次に、携帯電話不感地帯対策でありますが、大湯西ノ森地区・田代平地区・戸倉地区の携帯電話基地の開設に必要な伝送路を整備し、利用可能とするもので、延長28キロメートルであります。これにより市内ほぼ全域での携帯電話が利用可能となります。  次に、図面でありますが、2ページをお開きください。  赤枠は、今回整備予定の位置図であります。

鹿角市議会 2010-02-02 平成22年第1回臨時会(第1号 2月 2日)

この条例を定める背景でありますが、本市における携帯電話の不感地帯の解消を図るために、大湯地域の田代平、西ノ森、戸倉の3カ所と、尾去沢地域の中新田、下新田の2カ所に簡易型鉄塔を整備する事業でありますが、これらの地域は採算性の関係から民間事業者による基地の整備がなされないことから、国の平成21年度第1次補正予算において計上された補助金と交付金を活用して行うものであります。

鹿角市議会 2004-12-14 平成16年第7回定例会(第2号12月14日)

それから、防災無線としても市の基地が5局ありますが、そのほかに車載の移動局など16台、あるいは携帯が4台あります。それからさらに、消防の方の無線が基地、あるいは移動局など約46台ぐらいありますので、そういったものを活用しながら、有事の際には対応してまいりたいと、こう思っております。  

鹿角市議会 2004-12-06 平成16年第7回定例会(第1号12月 6日)

また、備品購入費として消防用無線基地装置及び自動体外除細動器の購入があります。その他の項目として、負担金、補助及び交付金がありますが、十和田地域広域事務組合との消防応援協定に基づく負担金、救急救命士養成研修負担金が計上されております。消防施設費については、小坂分署建設時に購入した土地にかかわる債務負担行為期間平成10年度から平成18年度まででありますが、これによる支出であります。

  • 1