運営者 Bitlet 姉妹サービス
202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 そうですね、例えば私、この中で福島県の5市町でまとまってですね、中学生のアイデアを活用した広域連携の観光誘客推進という事例、注目してたんですけれども、これはリーサスを中学校の授業の中で、あっ、授業でないですね、中学校のここにはイノベンーション部という部活動があるようでですね、その部活動の中での提案が、平成27年度のこれは内閣府地方推進室が主催となって開催されている地方政策アイデアコンテストというので もっと読む
2018-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 今、日本は、地方時代の中にあって、地域のチカラというものが改めて見直されてきており、全国1,718の自治体がそれぞれの将来を見据え、日々地域の活性化や創生に向け、奮闘をしています。  本市においても、まち・ひと・しごと創生法による男鹿市人口ビジョン及び男鹿市総合戦略が平成27年に策定されており、総合戦略については、5カ年の計画年度を折り返し、後半に入っております。   もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 さらに、今では「地方の拠点」として重視され、地域おこし、地域再生の核になってきております。  道の駅の設置者は男鹿市であり、公共施設であります。運営、管理は自由であり、地域それぞれの独自の創意工夫で発展してきております。  また、地方の魅力を高め地方に人を呼ぶ起爆剤としての「移住」が大きく取り上げられております。男鹿市でも移住者が増加しています。 もっと読む
2018-06-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号 平成30年6月26日                           秋田県男鹿市議会                            議長  吉田清孝  内閣総理大臣 安倍晋三様  内閣官房長官 菅 義偉様  総務大臣   野田聖子様  財務大臣   麻生太郎様  内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)         茂木敏充様  経済産業大臣 世耕弘成様  内閣府特命大臣(地方担当 もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) これに対し、地域内連携推進事業については新年度で3年目となるが、地方推進交付金を活用して鹿角工業振興会へ委託する予定である。 もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 人口減少対策を主体とした地方の実現は、まさにこの総合計画の実現にかかっていると言っても過言ではないと思っております。  そこでまず、総合戦略3年間、後期基本計画2年間が終わろうとしていますが、これまで実施してきた8つの重点プロジェクトの実績とその効果及び総合計画全体の推進状況をどのように評価しているのかお伺いいたします。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 2項1目2節総務管理費補助金の地方推進交付金5,245万2,000円は、市の総合戦略に基づいて取り組む事業に対して交付されるもので、対象となる25事業に充当するものです。補助率は2分の1です。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) また、地方推進交付金返還金については、市から委託事業として行ったものについて消費税分を含めて実績報告していたことから、今回、消費税分を返還するものとなったものである。一部が交付対象外とされたものは、以上の2項目であるとの答弁がなされております。   もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) 私は3月の議員選挙において、今どこの市町村も力を入れて取り組んでいる人口減対策を主体とした地方の実現を大きな方向として捉え、きょうまで活動してきたところでございます。  基本的な目指す方向といたしましては、1つ目が魅力ある雇用の場の確保と市民所得の向上であります。 もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 前にもお話しましたけれども、私が市長になってすぐ、前にやってくれたやつで地方交付金が2億1千800万円も入っています。そういうこととかね、私ももっと県とか国に行って、いろんな効率のよい補助金制度がないかと、そういうことも話してみたいし、そしてまた、企業を回っていろんなことをお手伝いできる、お世話になったりお世話したりできることがないかって、そういう話をもっといっぱいやりたいと思っています。 もっと読む
2017-09-22 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第4号 9月22日) 次に、発議第7号「全国森林環境税」の創設に関する意見書の提出についてでありますが、山村地域の市町村による森林吸収源対策の推進や、安定した雇用の場の確保などの取り組みは、地球温暖化防止のみならず、国土の保全や地方等にもつながるものであり、そのための市町村の財源の強化は喫緊の課題であることから、森林・林業・山村対策の抜本的な強化を図るための「全国森林環境税」の早期導入を求め、意見書を提出するものであります もっと読む
2017-09-21 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月21日−05号 第9点として、地方加速化交付金による生涯活躍のまち展開支援事業の今後の進め方について。  第10点として、検診の受診率向上と検診者を利用した健診内容について。  第11点目として、がん検診におけるコール・リコール対象者の受診率及び検診を受けない市民への対応について。  第12点として、国民健康保険税における不納欠損の内容と収入未済となった理由について。   もっと読む
2017-09-19 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月19日−04号 もとより、山村地域の市町村による森林吸収源対策の推進や安定した雇用の場の確保などの取り組みは、地球温暖化防止のみならず、国土の保全や地方等にもつながるものであり、そのための市町村の財源の強化は喫緊の課題である。  よって、下記の制度創設について実現を強く求めるものである。  記。   もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 例えば、中央銀行による市場介入、黒田バズーカなんかもそうですし、あるいは、自然に任せておけば都会にばかり集中する人、もの、金を地方に逆流させようという、政府与党の進める地方も全て行政あるいは公的機関による政策誘導、特に市場への介入といいますか、市場の原理に逆行すること政策的に誘導しようとするもの、そういうことをするということを前提にしたものであります。   もっと読む
2017-09-12 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日) 地域DMO登録によるメリットについてでありますが、本市では株式会社かづの観光物産公社の観光企画力と営業力の強化を図るため、地方推進交付金を活用してマネジメントリーダーとなる人材登用を支援しており、公社の組織改革と観光プラットホームとしての体制強化を進めているところであります。   もっと読む
2017-09-12 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-09月12日−05号       4番 門脇民夫君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名   市長        門脇光浩君     副市長      倉橋典夫君   教育長       熊谷 徹君     病院事業管理者  進藤英樹君   代表監査委員    戸澤正隆君     総務部長     運藤良克君   地方 もっと読む
2017-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号 近ごろは、農業所得の倍増も食料自給率の向上の言葉も、なかなかど聞こえなくなったような気がいたしますけれども、また、アベノミクスは地方には何ら効果がないという批判に対して、やっとおととしあたりから地方対策として、地方という言葉を使いながら基本方針を定めたり、あらゆる予算を費やしておるわけでありますけども、しかし一方で、どうしても地方の疲弊や衰退は広がるばかりであります。 もっと読む
2017-09-01 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日) 13款2項1目総務費国庫補助金の地方推進交付金109万円は、国から交付決定を受けたことに伴い追加するもので、追加分の交付金は歳出の鹿角ブランド推進事業に充当いたします。  14款2項4目農林水産業費県補助金のミドル就農者経営確立支援事業費補助金120万円は、45歳以上60歳未満の新規就農者を対象に就農初期段階における経営を支援するため新設するミドル就農者経営確立支援資金を県が補助するものです。 もっと読む
2017-08-31 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号 既存の休眠施設や公共施設の解体等による有効利用も理解できますが、私たちがよく挨拶用語に使う地方や少子高齢化、人口減などを言いわけの挨拶用語にしてはいけないのではないかと思います。  関連があるので述べさせてもらいますが、この28日に公表された小学6年生、中学3年生のことしの全国学力テストの結果が発表され、秋田県が10回連続トップ級の快挙をなし遂げました。 もっと読む
2017-08-30 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-08月30日−04号       10番 小田嶋 忠君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名   市長        門脇光浩君     副市長      倉橋典夫君   教育長       熊谷 徹君     病院事業管理者  進藤英樹君   代表監査委員    戸澤正隆君     総務部長     運藤良克君   地方 もっと読む