295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2020-03-11 03月11日-04号

幅員については「1.5メートル以上」とし、「地形状況その他の特別の理由によりやむを得ない場合においては、1メートルまで縮小することができる。」としております。 第9条は自転車道設置基準に関する規定で、従来からの設置基準に「設計速度が1時間につき60キロメートル以上であるもの」を追加しております。 その他、関係条文において所要の改正を行っております。 

由利本荘市議会 2020-03-05 03月05日-03号

さきに西目地域対象調査を行った日本科学者会議北海道支部が、より広範囲で多くの人を対象疫学調査を行うこと、そして異なる地形を含む広範囲な調査が必要であるとして、広域的に行わなければ累積的な影響評価ができない。調査は行政が主体となって行うことが有効であるとしております。この見解というのは、これ水俣病のときからずっと化学者たちが言っているんですけど、こういうことです。

仙北市議会 2020-03-05 03月05日-03号

あるいはその身の丈で、買わなくちゃいけないということは、当然市民生活を危険から守るために、そういう設備はしなければならないのだということはよく分かりますが、その自治体の道路事情地形そうしたものから建物、そうしたことを勘案して、私のほうはこれでいいのだというようなわがままを聞かないということですか。 ○議長青柳宗五郎君) 門脇市長

鹿角市議会 2019-12-10 令和元年第6回定例会(第3号12月10日)

また、この地域は平たんではなく、坂道が多い地形であります。住宅入り口の市道も除雪してほしいとの声もたくさんあり、この要望に応えてあげるべきではないかと考えるものでありますが、この市営住宅除雪、特に坂であるという地形を配慮して、除雪への取り組みについて対応をお尋ねいたします。 ○議長宮野和秀君) 市長。 ○市長児玉 一君) お答えいたします。  

能代市議会 2019-12-09 12月09日-02号

次に、避難情報の出し方の改善が必要ではないかについてでありますが、避難情報の発令については、気象情報や河川の水位、地形等を総合的に判断し、発令することとしております。また、6月からは水害・土砂災害避難情報について、警戒レベルを付して発令するなど、必要に応じた改善を行ってきております。 今後も、避難情報が安全で的確な避難行動につながるよう、精度の向上に努めてまいります。 

男鹿市議会 2019-12-09 12月09日-03号

これにつきましては、テレビ電波ですけれども、受ける方の対策地形的なものも当然あると思います。 また、洋上ということもありまして、どの位置に、大きさは先ほど示しましたけども、位置がどこになるのかまだ確定しておらない段階であります。各事業者がそのことについて十分な検討を行うよう、要望していくということになると思います。

男鹿市議会 2019-12-06 12月06日-02号

個人的には、例えば一ノ目潟などのマール地形説明に関して、四つ目マール地形である戸賀湾の養殖食材PR目潟年縞観光資源として、もっとアピールできると思います。 そこで、11月に全国放送された秋田男鹿特集テレビ番組を視聴して感じた課題を、今後の市政発展に役立てるためのヒントについて、市長の考え方をお伺いします。 3番目に、男鹿総合計画期間設計見直しについて伺います。 

由利本荘市議会 2019-12-06 12月06日-03号

現在、本荘工業団地北側エリアにおいて地形測量地質調査に着手しており、今後、現地調査結果をもとに本格的な事業計画が策定されることを期待しております。 また、交通渋滞対策につきましては、これまで短期的なハード対策として右折レーン延伸等交差点改良左折矢印信号設置など、県並びに公安委員会と連携を図り実施しております。 

由利本荘市議会 2019-12-05 12月05日-02号

市民生活部長茂木鉄也君) 7ヘクタールのイメージということになるんでしょうけれども、1ヘクタールというものを100メートル掛ける100メートルのスクエア、それが7つあるという面積イメージしていただければ、ただし、それが全て四角であるとか、長方形であるとかということよりも、地域地形に沿ったもので面積というものは確保されるかと思いますので、そういう理解をしていただければと思います。

男鹿市議会 2019-09-05 09月05日-02号

また、消防自動車は、本市の起伏のある地形や冬季の緊急走行を考慮し、全車両マニュアルトランスミッション仕様となっております。 次に、準中型免許及びオートマチック限定免許限定解除に対する助成についてであります。 準中型免許に係る公費助成については、全消防団員消防車両を運転することが可能であることから、公費負担制度の創設は現段階では必要はないものと考えております。 

由利本荘市議会 2019-05-30 05月30日-02号

これを受け、県では今年度当初予算県営本荘工業団地拡張調査事業として、地形測量並びに地質調査などの関連予算3,890万円を計上し、今月22日に周辺住民に対して現地調査に係る地元説明会を実施したところであります。 加えてTDKの石黒社長との面談では、今後も本荘工業団地マザー工場を核としながら、人づくりと国内の物づくりにこだわった取り組みを展開していくことをお話しいただきました。 

由利本荘市議会 2019-03-05 03月05日-03号

地域地形立体画像というんですか、そういったものが見られる、このドローン等を使用した空撮の動画は、視覚資料になると思われます。例えばでありますが、本市でも盛んにこれから検討されるであろう学校再編、こういったものも現状の住宅地通学路などを動画で、いつでも、だれでも見られるような状態にしておいて、学校再編計画地域説明会などにも、極めて有効な資料になるのではないかなと考えます。 

由利本荘市議会 2019-03-04 03月04日-02号

そして県でも、要望に応えるように、将来的な周辺拡張可能性をにらみ、平成31年度工業団地開発事業特別会計の当初予算案調査費3,890万円を計上し、地形測量ボーリング調査に乗り出すようであります。新年度に調査が始まるわけでありますが、今後の見通しや用地に対する引き合いがあるものかどうか伺います。 次に大項目10、再生可能エネルギー事業について伺います。 

男鹿市議会 2019-03-01 03月01日-03号

重点区域外については、岩礁地帯が多いなど本市地形上の問題により回収処理が困難な箇所が多く、十分な対応ができないことが課題となっております。 プラスチックごみにつきましては、国では、昨年6月に閣議決定した「第4次循環型社会形成推進基本計画」の中でも、環境負荷の低減に資するプラスチック使用削減プラスチック資源回収再生利用などを総合的に推進するとして対策を講じているところであります。