237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2021-05-17 05月17日-01号

また、市内の全世帯に配布しております津波、土砂災害、洪水火山噴火時等のハザードマップ災害対応マニュアル活用し、各地域で想定されている危険性危険箇所災害発生時に取るべき基本的行動を周知するとともに、自主防災組織活動促進補助金制度などを活用した町内会等の共助による地域防災力の向上を図ってまいります。 

仙北市議会 2021-03-04 03月04日-03号

一応、浸水想定域土砂災害区域と、それから仙北市としては独特の火山という部分もございまして、なかなか情報を織り込むのが難しいという話でございましたけども、まず浸水想定域土砂災害のものは1つの冊子に取りまとめることができるようでございます。昨年、もう業者さんも決まりまして、先日、二日ぐらい前にも一度、いよいよ本当に作るための打ち合わせを一度行っております。

北秋田市議会 2021-03-03 03月03日-04号

議案第11号、令和3年度北秋田一般会計予算所管分》」について、総務部関係では防災マップ作成委託について、当局から、北秋田防災マップについては、平成28年に作成した現在の防災マップ浸水想定区域土砂災害警戒区域避難場所等について、最新の情報を反映したものに更新するもので、冊子版を作成するほか、ウェブ版を作成し、スマートフォンパソコン等災害時に避難場所や多様な情報取得を可能とし、変更点

由利本荘市議会 2021-02-24 02月24日-02号

さきの事案で、放置林が増加することにより土砂災害発生につながるなど、国土保全環境保全にとって大きな影響を及ぼすことから、解決策として、市が私有林管理できるような事業森林環境譲与税活用することは、今後、可能であるのかをお伺いいたします。 大項目5、農村における所得と雇用機会確保に向けた基本的な考え方について。 

北秋田市議会 2021-02-18 02月18日-02号

また建物被害あるいは土砂災害が起こりました。幸いにも死者がなく、ほっとしているところでございます。被害に遭われた方々へのお見舞いと一日も早い復旧を願っています。 それでは、通告書に従い一般質問をいたします。 大きな項目の1、新型コロナウイルス対策についてであります。 新型コロナウイルスは、いまだ収束の兆しが見えません。

仙北市議会 2020-12-07 12月07日-02号

市長門脇光浩君) 旧角館総合病院管理棟、これは調査の結果では、保管予定冊数に対する強度もあるし、現行のハザードマップでいくと、洪水による浸水区域土砂災害危険箇所にはなっていないという状況なんですけども、この基礎的な要素も含めて適切な場所だと私は思ってますけども、それに至るまでの、実現に至るまで、どのような対策を講じていくことが適切なのか、本体予算をどのような形で盛り込むことが適切なのか、これやっぱりもう

鹿角市議会 2020-09-14 令和 2年第5回定例会(第2号 9月14日)

最後に、大雨により、土砂災害河川が氾濫し、冠水が発生してのみ込まれた場合、地震による倒壊と違い、捜索が難しくなると言われております。浸水想定区域内の住民に対してライフジャケットを配付することにより、捜索時に明るい色で見つけやすくなる利点もあると言われております。一人でも多くの市民を救出するためにも導入すべきと考えますが、いかがでございましょうか。 ○議長(宮野和秀君) 市長

由利本荘市議会 2020-09-02 09月02日-02号

洪水浸水想定区域土砂災害計画区域内に位置している場所避難所となっている建物はあるのでしょうか。また、あるとすれば、どのような対策をとっているのでしょうか。 加えて、高齢者施設は、洪水浸水想定区域、あるいは土砂災害警戒区域内にあるのでしょうか。こちらについても、あるとすれば、避難確保計画は策定されているのでしょうか。

由利本荘市議会 2020-08-27 08月27日-01号

議事に入ります前に、先日の記録的な大雨により、幸い人的被害はありませんでしたが、市内各所建物浸水土砂災害などが多数発生しております。被災されました皆様には心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を願うものであります。 また、このたびの本定例会においても、感染症対策に留意しながらの議案の審議及び審査となりますので、関係各位の御協力をお願いいたします。 この際、御報告申し上げます。 

由利本荘市議会 2020-05-28 05月28日-02号

その背景には、昨年の台風や豪雨による土砂災害洪水での浸水被害が相次いだことから決定されたようです。 このような状況の変化を受けて、本市でも、この事業加速化が必要と思われますが、事業実施計画見直しや精査はどのようにされるのかを伺います。 大項目5、国際交流の推進について伺います。 本市総合計画の新創造ビジョン後期基本計画は、市政運営の教科書だと思います。

能代市議会 2020-03-09 03月09日-02号

土砂災害や川の増水による災害を想定しての防災訓練等で経験を身につけておくこともある程度可能と思いますが、停電をシミュレーションしての訓練はなかなか難しいと思います。現在はどこの家庭でも生活の全てが電力に頼っている状態で、電気のない生活は考えられないのが現状であります。現在の技術では、大きな電力はためておくことができないのが現状であります。