191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

都市計画マスタープランに沿ったこれまでの取り組みと課題についてでありますが、都市計画マスタープランは、目指すべき将来都市像の実現に向け、土地利用や都市施設整備の基本方針を掲げた計画となっており、このマスタープランと整合を図った部門別の個別計画によって具体的な事業を進めております。  

男鹿市議会 2018-09-21 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号

第1点として、男鹿駅周辺土地利用基本計画の策定にあたって、委託業者と市民の意見を調整し、いかにして取りまとめるのかなど、土地利用に係る市長の考え及び具体的手法について。  第2点として、旧桜島苑の除却に関し、アスベスト処理対応のため、追加補正を行ったことに係る当初予算編成時の現地確認等のあり方について。  

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

昨日もお答えしておりますが、具体的内容については現段階では定まっておらず、現在、男鹿駅周辺土地利用基本計画策定業務において、JR用地とあわせて旧男鹿駅舎をはじめとするJR所有の建物についても利活用の検討を進めており、市民の方々の意見を伺うため、先月21日に1回目の「男鹿駅前周辺まちづくり意見交換会」をハートピアにおいて開催しております。  

男鹿市議会 2018-09-03 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号

市で現在策定を進めている男鹿駅周辺土地利用計画に市民のアイデアを生かすことを目的として、先月21日にハートピアにおいて、第1回目の意見交換会を約80人の出席のもと開催しております。  当日は「新しい公共のつくり方」と題して、南池袋公園ほか各地で公共空間活用やまちづくりを実践している青木純氏の基調講演の後、出席者からご意見を伺っております。  

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

第2点として、男鹿駅周辺土地利用計画について伺います。  この事業は、今年度の新規事業として予算額399万5,000円を措置されていますが、市はオガーレの開業、男鹿駅の移転による新たな人の流れ及び中心市街地におけるにぎわいやふれあいを創出するため、男鹿駅周辺の未利用地の利用計画を策定するとしております。

男鹿市議会 2018-03-16 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

第1点として、複合観光施設整備費外構工事の内容と踏切撤去工事にかかった経費及びJR用地の購入計画並びに男鹿駅周辺土地利用計画策定事業における未利用地の事業計画について。  第2点として、商店街パワーアップ支援事業の内容と対象地区の考え方及び海岸環境整備事業の内容並びに戸賀湾での今後の計画について。  

鹿角市議会 2018-03-14 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日)

人口減少や高齢化の進展に伴う土地利用ニーズの低下や、地方から都市への人口移動を背景とした土地の所有意識の希薄化等により、所有者不明土地が全国的に増加しており、公共事業用地の取得や農地の集約化などを実施する際に問題が顕在化する例も見られております。  

男鹿市議会 2018-03-02 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号

また、市で、来年度の新規事業として男鹿周辺土地利用計画策定事業として300万円を予算化し、複合観光施設の開業、男鹿駅の移転による新たな人の流れ及び中心市街地におけるにぎわいや触れ合いを創出するため、男鹿駅周辺の未利用地の利用計画を策定するとしていますが、市が考える利用計画とは具体的には何か、伺いたいと存じます。市民のワークショップの開催をどのようにするのかについてもお伺いいたします。  

鹿角市議会 2017-12-11 平成29年第7回定例会(第2号12月11日)

鹿角農業の将来ビジョンについてでありますが、大きな方向性としては、大規模農業者への農地集積と稲作等の土地利用型農家の省力化による生産性の向上を目指してまいりますが、規模の大小にかかわらず意欲ある経営体に対しては、より収益性の高い農業経営を実現するため、補助事業を初めとする各種支援を行ってきており、ことし3月に開催した農業経営セミナーでは、少量多品目生産により成功した事例が紹介され、参加者からは大変好評

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

土地利用規制の緩い郊外では、拡散型都市構造へ向かう流れに『ブレーキ』をかける一方で、中心市街地ではにぎわいの回復を目的とした、コミュニティとしての魅力向上、都市の重要な構成要素の集積促進等、中心市街地の再生に『アクセル』をかけることの双方の一体的推進を目指すことが重要である」。  

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

まずは本市の都市構造、土地利用、施設の配置に加え、魅力を再認識しつつ、住民ニーズを踏まえながら自立した都市を維持してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 安保誠一郎君。 ○3番(安保誠一郎君) 次、伺います。  次に、このグランドデザイン2050の中にある小さな拠点の形成について伺います。  

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

その際の市長答弁では、都市交通体系調査を実施し、都市計画道路の見直しを検討するし、必要に応じた用途地域の見直しも検討項目の一つと考えており、また、人口減少、市街地の低密度化が進んでいることから、農用地からの土地利用の転換は極力控え、市の国土利用計画に基づき、適正な都市施設の配置をするし、現状の土地利用状況を踏まえ、農業振興地域との調整を図り、都市計画区域内の用途地域の見直しを検討していくと答弁されました

鹿角市議会 2016-12-22 平成28年第7回定例会(第4号12月22日)

次に、議案第101号市道路線の変更についてでありますが、本案は、沿道土地利用の変化に伴い、路線の一部を変更しようとするものであります。  本案の審査に当たり、委員から本路線を変更した内容、理由についてただしております。  

鹿角市議会 2016-11-30 平成28年第7回定例会(第1号11月30日)

提案理由でありますが、沿道土地利用の変化に伴い、路線の一部を変更しようとするものであります。  次のページと議案資料13ページの位置図もあわせてごらんください。  整理番号2305、路線名は六月田3号線、起点は花輪字柳田71番地で、終点を「花輪字柳田64番地」から「柳田65番地2」に変更し、延長も「152.2メートル」から「75.5メートル」に変更するものであります。  以上で説明を終わります。

男鹿市議会 2016-09-21 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月21日−05号

本社機能の移転等の対象地域の絞り込みについては、新市建設計画の各地区をゾーニングした土地利用構想を踏まえ、都市計画区域をもとに対象地域を選定するのが妥当と考えたもので、法律上、昼夜間人口比率や一定の産業が集積されていること、事務所等の集積を図る地域として具体的な計画の対象となっていること、災害の危険性などさまざまな要件について定められており、これらを踏まえて船川港、船越地区の工業専用地域、準工業地域

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

長年の米依存から脱却し、転作田をフル活用した土地利用型作物の生産性の向上や収益性の高い作物の生産拡大による農業経営の安定化の確立に努め、国・県等の補助事業を活用した施策とともに、飼料用米・加工用米の生産拡大や青果物等複合作物の生産振興を図ってまいります。  

鹿角市議会 2015-12-16 平成27年第7回定例会(第4号12月16日)

次に、議案第106号市道路線の廃止についてでありますが、本案は、水晶山住宅の廃止による沿道土地利用の変化に伴い、廃止しようとするものであります。  本案の審査に当たり、委員から残っている民家の前の路線は廃止にならないのかただしております。  これに対し、民家の残っている路線は廃止にはならないとの答弁がなされております。