運営者 Bitlet 姉妹サービス
95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-09-15 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号 小学校では、国語と算数の2教科4種目のうち3種目が秋田県の平均以上、中学校では国語と数学の2教科4種目全てが秋田県の平均以上であり、小学校、中学校とも大変良好な結果と捉えております。  児童生徒質問紙においても良好な結果が見られ、基本的な生活習慣や学習習慣が身についている児童生徒の割合が多くなっています。   もっと読む
2017-09-14 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号 今年度の教科別順位は、小学校は国語A・Bともに1位、算数A、2位、算数B、3位、中学校は国語A・Bともに1位、数学A・Bともに3位であります。   もっと読む
2017-09-12 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日) まず、新聞を読む習慣についてでありますが、全国学力・学習状況調査において、新聞を読む頻度が高い子供は国語と算数、数学の平均正答率が高いと分析されております。 もっと読む
2017-08-29 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-08月29日−03号 そして授業参観をして1年生の国語の授業を見た、その様子も載せられておりました。そこでは「宝物を教えよう」という、そういう授業内容でありました。そこで教師自身が自分の宝物について例を出したとき、子供たちは一気に目を輝けて授業に集中していった。 もっと読む
2017-06-02 仙北市議会 平成29年  6月 定例会-06月02日−01号 教科については、国語及び算数・数学の知識と活用に関する調査が、また、生活環境や学習環境等については、質問紙による調査が行われました。この調査は全国の国公私立の全小・中学校の児童・生徒が対象で、本市でも小学校7校、中学校5校が参加しております。  仙北市育英奨学資金の貸与者・免除者の決定について。   もっと読む
2017-02-22 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号 今年度の調査においても、本市の小中学校は、国語、算数、数学とも全国の正答率を上回っており、市全体として見れば、これまでと同様に基礎的・基本的な学力が定着していると言えると思っております。  これは、市内各校における教師の指導力の向上及び学校全体の研究会の充実に加え、児童生徒の日々の努力と、保護者の家庭学習の見届けや、地域の協力による成果と捉えております。   もっと読む
2016-12-07 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号 それは小学校5、6年になって国語の教科書読解、けさもPISAの結果が出ましたけれども、そうした言語を使っていても英語によって小学校1年、低学年でもやっていますが、非常に語彙がふえます。例えば冷たいという言葉一つとってもどう冷たいのか、それから温かいといっても蒸し暑いんだとか何かさわやかだとか、いろいろな表現が英語活動によってふえてきていることは確かだなと感じているところであります。 もっと読む
2016-05-02 仙北市議会 平成28年  5月 臨時会-05月02日−01号 教科に関する調査においては、国語及び算数・数学の知識と活用に関する調査が、また、生活環境や学習環境等に関する質問紙による調査が行われました。  この調査は、原則として全国の国公私立の全小中学校の児童・生徒が対象で、本市でも小学校7校、中学校5校が調査に参加しております。  仙北市育英奨学資金の貸与者の決定について。   もっと読む
2016-03-22 北秋田市議会 平成28年  3月 定例会-03月22日−04号 その一つとして、本来3年生から利用する国語辞典を1年生から利用させるなど工夫を凝らしており、参加した委員も驚きを隠せませんでした。  実際に初めて複式学級となる3年生についても、上の学年である4年生の学習の仕方を見て学ぶということで、伝統的に上の子を見て育っているということであります。  委員から、教材研究の時間がかなり準備時間としてやられているのではないかと感じを受けた。 もっと読む
2016-03-03 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月03日−02号 調査結果概要は、国語、算数・数学、理科の3教科において、本市は3教科とも小中学校の平均正答率が全国平均を上回り、8年連続全国1位、そしてトップクラスの成績であるとの報告も受けました。教育長初め先生方、学校関係者の皆様、そして子供たちの努力に心から祝意を申し上げる次第であります。   もっと読む
2016-02-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-02月26日−01号 本市の児童生徒の学力は、国の全国学力・学習状況調査においては、今年度も、小学校6年生、中学校3年生ともに、国語、算数・数学のすべてにおいて全国平均を上回っております。全国トップレベルの本県との比較においては、中学校では県平均を上回る、または同程度の結果となっており、年度によるプラス・マイナスはあるものの、小・中学校ともに県平均との差は縮まる傾向にあります。 もっと読む
2015-12-07 鹿角市議会 平成27年第7回定例会(第2号12月 7日) また、学校間での指導方法や授業内容などの違いについてでございますが、市教育センターで実施しております授業研究会では、国語や社会などの教科研究会と、道徳・特別活動の教科外研究会を3年1サイクルとして実施しており、鹿角全体で授業研究を行うことにより、指導方法に違いが生じないようにしております。   もっと読む
2015-12-07 鹿角市議会 平成27年第7回定例会(第2号12月 7日) また、学校間での指導方法や授業内容などの違いについてでございますが、市教育センターで実施しております授業研究会では、国語や社会などの教科研究会と、道徳・特別活動の教科外研究会を3年1サイクルとして実施しており、鹿角全体で授業研究を行うことにより、指導方法に違いが生じないようにしております。   もっと読む
2015-12-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月04日−03号 全国学力・学習状況の調査結果によると、由利本荘市の小中学校の平均正答率は、国語、算数と数学、そして理科ともに全国平均を上回り、秋田県の8年連続全国1位及びトップクラスの成績に貢献しました。まことに喜ばしく、全国の各地にいる友人、知人に大いに自慢したいと思います。  ところで、ことし9月に第12回和文化教育全国大会が東北・北海道地方では初めて由利本荘市とにかほ市で開かれました。 もっと読む
2015-09-16 北秋田市議会 平成27年  9月 定例会-09月16日−02号 全ての時間、2学年の国語、算数、社会、理科、そういった資料等も準備して子供たちに向かわなければなりませんので大変難儀していますが、行ってみますと、ほかの先生方も、あるいはほかから来た先生方も授業を見ますと、びっくりしています。なぜならば、子供たち同士で授業を進めていると。 もっと読む
2015-09-03 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月03日−03号 これを読んで、今回の改正法の代替に果たしてなるものかどうかというのは、中学生の国語の読解力があれば十分わかることだと思います。これで果たして国が求めている配慮書なのか、私は違うと思います。これはただの子吉川水系の概略を書いただけであって、何も今回改正法が求めている配慮書にはなっていないのです。ですから私は国に対してきちんと抗議を申し込んで、法律どおりにやってくださいということを言ったわけです。 もっと読む
2015-09-02 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月02日−02号 そのほかにも、笛や太鼓などのおはやしを題材とした音楽や、古典を題材とした国語などの公開授業、ふるさと学習への取り組みの発表や、全校剣道、天神あやとり、番楽や民謡などのアトラクションなど、市内の小中学校、高校からも参加いただくことになっております。   もっと読む
2015-05-13 仙北市議会 平成27年  5月 臨時会-05月13日−01号 国語、算数・数学、理科の知識と活用に関する調査のほか、生活環境や学習環境等に関する質問紙による調査も行われました。この調査は、全国の国公立の全小中学校の児童・生徒が対象となる調査で、本市でも全小中学校が参加しております。  仙北市育英奨学資金の貸与者の決定について。   もっと読む
2015-03-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−02号 その結果、秋田県は国語と算数・数学において全国トップ級となり、本市もその結果に大きく貢献しているところであります。このことから、本市には県外から多数の視察者に来ていただいております。  これらの成果の具体的な理由としましては、教職員の高い指導力が挙げられます。 もっと読む
2015-02-27 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-02月27日−01号 本市の児童生徒の学力は、国の全国学力・学習状況調査では、今年度も、小学校6年生、中学校3年生ともに、国語、算数・数学のすべてで全国の平均を上回っております。  また、全国のトップレベルである本県との比較においては、年度によるプラス・マイナスはあるものの、小学校、中学校ともに県平均との差は縮まる傾向にあります。   もっと読む