53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

国立社会保障人口問題研究所が3月30日に発表した将来推計で、2045年県人口が60万1,649人に減少すると予測しています。2015年と2045年の人口比で、男鹿市は減少率が63.5パーセントと県内13市で最も高く、推計人口は1万352人とショッキングな数字で驚かされました。  昨年10月現在での高齢化率が44パーセントと、これも13市で最高であります。

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

なお、国立社会保障人口問題研究所、いわゆる社人研の将来推計人口をもとに、将来の老年人口指数を推計すると、平成32年には、生産年齢人口の減少により69.4まで上がり、約1.4人で1人の高齢者を支えることになります。  その後は老年人口が減少に転じると予測されており、老年人口指数につきましては、微増で推移すると予想されます。  

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

国立社会保障人口問題研究所、いわゆる社人研の2013年3月推計によると、2040年には2万7,810人となり、生産年齢人口は約36%も減少するとしています。そして、生産年齢人口の中には15歳から18歳のうち約90%といわれる中高校生も含まれているため、支え手は実際はもっと少ないことになります。  

北秋田市議会 2017-02-27 平成29年  3月 定例会-02月27日−02号

平成27年に策定をいたしました「北秋田市人口ビジョン」は、国立社会保障人口問題研究所による将来人口推計をもとに、地域要素を勘案しながら目指すべき将来人口を示したものでございまして、平成27年は3万3,027人、平成32年は2万9,958人、平成52年は1万9,388人、平成72年には1万1,944人という推計をいたしております。  

能代市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会-12月12日−02号

国立社会保障人口問題研究所が、結婚意思のある未婚者を対象に、結婚の障害となる理由を調べたところ、挙式や新生活の準備のための結婚資金との回答が、男性で43.5%、女性で41.5%に上り最多です。結婚のための住居との回答も、男性が19.3%、女性が15.3%です。結婚を望みながらも経済的な理由から踏み出せない人がふえれば、子供出生率の低下につながり、少子化がさらに加速します。

男鹿市議会 2016-09-07 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月07日−03号

国立社会保障人口問題研究所結婚意思のある未婚者を対象に、結婚の障害となる理由を調べたところ、結婚資金、挙式や新生活の準備のための費用との回答が、男性で43.5パーセント、女性で41.5パーセントに上り、最多を占めました。結婚のための住居との回答も、男性で19.3パーセント、女性で15.3パーセントに上ります。

能代市議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会-03月09日−04号

(1)人口の推移と動向では、人口減少の推移と今後の見通し、また表1−1(1)及び表1−1(2)では、国勢調査及び住民基本台帳における人口の推移を、それから表1−1(3)では、国立社会保障人口問題研究所による人口の今後の見通しを記載しております。それから、(2)では、産業の推移と動向について、表1−1(4)で、産業人口の動向についての表を掲載しております。  

由利本荘市議会 2016-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号

この数値は、国立社会保障人口問題研究所が推計する平成27年の数値8万582人と比較して600人近い減少であり、人口減少の勢いは衰えていないと思うわけであります。  新創造ビジョンで人口減少に歯どめをかけることを最大の課題とする本市にとって、新たな情報が加わるたびに敏感にならざるを得ないのでありますが、この速報値についてどのような見方をされているか、市長の見解を伺うものであります。  

北秋田市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会-12月15日−02号

秋田市の人的資源の充実についての①の人口ビジョンによる人口増についてのご質問でありますけれども、北秋田市人口ビジョンでは、さまざまな人口減少対策が着実に効果を上げることにより、国立社会保障人口問題研究所が発表した人口推計に比較して、平成72年において約1,100人分の人口減少が抑制されるという推計をしておりますが、人口減少そのものは歯どめがかからずに継続するという見込みとしております。  

男鹿市議会 2015-09-17 男鹿市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月17日−05号

審査の趣旨といたしましては、人口減少に歯どめがかからない中、国立社会保障人口問題研究所の将来推計によれば、2040年の本市の人口は全国平均を大きく上回る49.4パーセント減の1万6千328人、また、人口移動が収束しない場合は54.7パーセント減の1万4千635人まで減少すると見込まれるなど、非常に厳しい見通しが示されております。  

能代市議会 2015-09-08 平成27年  9月 定例会-09月08日−03号

しかし、昨年度人口減少を考慮し、国立社会保障人口問題研究所が推計した平成52年度における能代市の人口をもとに計画を見直ししたところ、計画人口が2万8000人、計画下水量が1万8500立法メートルで、処理施設が3系列との結果となりました。終末処理場の整備は、老朽化に伴う3系列目の増設を終了しており、今後県から増設に伴う費用を負担していただくことはないと考えております。

能代市議会 2015-03-24 平成27年  3月 定例会-03月24日−06号

審査の過程において、区域を広げているのに処理人口と処理水量の増加が少ないと思われるが理由はあるか、との質疑があり、当局から、人口については、国立社会保障人口問題研究所が予測した人口を基に推計しており、処理人口と処理水量は人口減少から区域が広がっても若干の増加になると見込み計画している、との答弁があったのであります。  審査の結果、本案は原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  

由利本荘市議会 2015-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月06日−04号

このデータの特徴は、御案内のとおり、出生率中心の人口論から母体の中心となる20歳から39歳の若い女性の人口動向に焦点を合わせるとともに、一昨年発表されました国立社会保障人口問題研究所の推計による、地方から大都市への流出が徐々に減るという前提に対しまして、同じ傾向が続いていくとの前提に立ったものであります。

由利本荘市議会 2015-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−02号

平成25年3月に国立社会保障人口問題研究所が公表した各市町村の将来人口は、推計の出発点となる平成22年10月1日現在、国勢調査基準人口男女年齢人口をもとに推計されたものであります。  しかしながら、平成22年国勢調査から既に4年余りが経過し、ことし10月には次の国勢調査が実施されるため、将来人口目標の設定に当たり、より新しい人口データによって最新の傾向を把握する必要があります。  

由利本荘市議会 2015-02-17 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-02月17日−01号

次に、国の動向でありますが、2008年をピークに減少し続ける日本の将来人口は、国立社会保障人口問題研究所の推計によると、2060年には約8,700万人まで減少するとされています。このような状況を受け、政府は将来の人口展望をまとめた長期ビジョンの中で、政府として初めて2060年の人口を1億人程度を維持するという人口目標を設定しました。  

男鹿市議会 2014-12-11 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月11日−05号

国立社会保障人口問題研究所日本地域別将来推計人口によりましても、本市の75歳以上の高齢者は2030年までは増加していくと見込まれております。今後、財政状況も厳しくなると予想される中で、この敬老祝金支給事業をある程度持続性を高めていくためにも見直しは必要というふうに考えたところであります。