6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2016-05-27 平成28年第4回定例会(第1号 5月27日)

中嶋氏は昭和39年国税庁仙台国税局採用以来各地の税務署を経て平成14年に弘前税務署長を退官されましたが、平成15年には市内に税理士事務所を開かれております。また、平成16年から鹿角市監査委員を務めていただいており、会計事務に精通された方で監査委員として適任であると確信いたしておりますので、ご審議の上、ご同意くださいますようお願いを申し上げまして提案の説明といたします。

鹿角市議会 2012-06-22 平成24年第3回定例会(第4号 6月22日)

中嶋氏は、昭和39年国税庁仙台国税局採用以来各地の税務署を経て平成14年に弘前税務署長を退官されましたが、平成15年には市内に税理士事務所を開かれております。また、平成16年から鹿角市監査委員を務めていただいており、会計事務に精通された方で監査委員として適任であると確信いたしておりますので、ご審議の上、ご同意くださいますようお願い申し上げまして提案の説明といたします。

鹿角市議会 2007-03-14 平成19年第1回定例会(第4号 3月14日)

国税庁の調べでは、ここ10年間で年収200万円以下の労働者が4%も増加しているとなっております。  当市の平均市民所得は、数年の状況も含め、近年低下の一途をたどって、現在200万円を切るまでになっております。花輪のある商店では、時給400円で使用しているところもあると聞いています。また、ある経営者は、従業員の賃金をどのようにすれば下げられるか悩んでおられました。

鹿角市議会 2002-09-26 平成14年第4回定例会(第4号 9月26日)

なお、これらの全容解明に向けては大館税務署においても鋭意調査中であるとのことですが、大館税務署の判断だけによらないところもあり、仙台国税局や国税庁の判断を仰いでいる部分もあるとのことで、追徴課税額等についてもまだ確定していないとのことでした。  

  • 1