9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2017-11-30 平成29年第7回定例会(第1号11月30日)

3の事件の概要は、平成26年2月28日に発生した市立十和田中学校のスキー教室中の死亡事故は、当時指導に当たっていた教諭らが注意義務を怠ったことが原因であるとして、死亡した生徒の保護者国家賠償として金3,667万2,093円及びこれに対する遅延損害金の支払いを市に求めて提訴したものでございます。  4、和解の当事者は、原告が鹿角市十和田大湯字上ノ湯28番地16号、阿部さおり氏。  

仙北市議会 2006-03-02 平成18年  2月 定例会-03月02日−08号

いろいろな事例というのは、さまざまな国家賠償法の事例があるそうですが、認められたもの、認められないもの、さまざまあるようでございます。  以上です。 ○議長(佐藤峯夫君) 44番。 ◆44番(熊谷佳穹君) 私の質問は、この101万9,000円の中身についての質問であって、今たまたま、既に先例としてあります訴訟の経過をお尋ねまでさせていただきました。  

鹿角市議会 2000-06-19 平成12年第4回定例会(第4号 6月19日)

次に、継続審査となっておりました陳情第18号治安維持法犠牲者国家賠償法の制定を支持し政府に対し意見書の提出を求める陳情についてご報告を申し上げます。  本来、この種の内容は国会で議論すべきであり、地方議会の審議にはなじまぬものと思われるが、諸外国における戦後補償の実態及び秋田県内においても一部を除き本陳情を採択している自治体が多数ある実態等をも踏まえ、趣旨採択すべきものと決定いたしております。  

鹿角市議会 2000-03-15 平成12年第2回定例会(第5号 3月15日)

次に、継続審査となっておりました陳情第18号治安維持法犠牲者国家賠償法の制定を支持し政府に対し意見書の提出を求める陳情については、さらに慎重精査を要するものとし、継続審査すべきものと決定いたしております。  以上が、当総務財政常任委員会に付託されました議案及び陳情の審査の経過と結果であります。  

鹿角市議会 1999-12-01 平成11年第6回定例会(第1号12月 1日)

     │議案第88号 平成11年度鹿角市一般会計補正予算(第3号)中       ┃  ┃     │      条文                           ┃  ┃     │      歳入全款                         ┃  ┃     │      歳出 1款議会費 2款総務費               ┃  ┃     │陳情第18号 治安維持法犠牲者国家賠償

鹿角市議会 1999-03-19 平成11年第1回定例会(第5号 3月19日)

次に、陳情第2号治安維持法犠牲者国家賠償法の制定を支持し、政府に対し意見書提出を求める陳情についてでありますが、本陳情については、さきに当委員会で不採択と決定して以来、状況に大きな変化はなく、また賠償の根拠を明確に把握できるか疑問であるとした前回の意見は変わらないとして、不採択すべきものと決定をいたしております。  

鹿角市議会 1997-09-24 平成 9年第6回定例会(第4号 9月24日)

次に、陳情第14号治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定を支持し、政府に対し意見書の提出を求める陳情についてでありますが、本陳情については以前に不採択となってから、状況に大きな変化はなく、また賠償の根拠を明確に把握することができるかどうか疑問であるなどの意見が出され、審査の結果、不採択とすべきものと決定いたしております。  

  • 1