667件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2020-05-28 05月28日-02号

ほかに市の商工主体となって、落ち込んでいる消費の拡大を目指すプレミアム付クーポン券発行事業に3,000万円の補助も決定しました。市民がコロナウイルス発生前と同様な生活が営めるように、一日も早く終息宣言が出され、安心して元通りの生活に戻れる日の来ることが待ち遠しい思いです。 秋田県内では16人の感染者が出ました。

能代市議会 2020-03-13 03月13日-05号

まずはこのたびの市独自の支援策についての周知についてでありますが、このことにつきましては、能代市のホームページ等での周知ももちろんでありますが、金融機関、それから信用保証協会商工会議所商工等の関係機関とも連携をしまして、相談に来た場合には、こういった制度があるということをお知らせできるように、そういった体制を組んで周知をしてまいりたいと思っております。

能代市議会 2020-03-09 03月09日-02号

また、二ツ井中心部活性化については、これまで二ツ井商工、二ツ井観光協会二ツ井きみまち商店会等関係団体で構成する二ツ井地域にぎわい創出推進会議で様々な議論を続けてまいりましたが、跡地の具体的な活用方法がまとまっていないことから、市といたしましては、現時点で無償譲渡をお願いすることは考えておりません。 

由利本荘市議会 2020-03-04 03月04日-02号

商工市内金融機関に、暖冬に伴う経営融資についての相談状況等を伺ったところ、除雪業者数社から相談があったとの回答をいただいております。 市といたしましては、暖冬影響により経営に支障を来している中小企業者に対しましても、現行の中小企業融資あっせん制度を幅広く活用し、資金支援を行ってまいりたいと考えております。 

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

どういうことかというと、どうしてもやっぱり観光に関する業者のチームプレイというか一体感、そしてまた観光以外の業者商工会、建設業、福祉、その含めたいろんな団体オール男鹿観光を推進していくんだと、そういうことが大事だと思っているので、そのことを何とかできないかなと。ニセコの町長の講演の話を聞いて、今までどうも投資したことが間違いだったのかなと、DMOを推進していきたいと。

仙北市議会 2020-02-25 02月25日-01号

商工会による起業創業を目指す方の知識向上のための創業塾への支援であったり、起業等設備投資費用支援移住定住促進空き店舗を活用した場合の家賃支援も行います。 また、民間企業が先頃市内に開設をした起業創造創業支援拠点を応援しながら、ビジネスマッチング人的ネットワークの機会を提供し、起業機運を高めることで地域産業振興を図ります。 

鹿角市議会 2019-12-10 令和元年第6回定例会(第3号12月10日)

起業創業数につきましては、市の助成制度を創設した平成19年度以降、28件の利用があったほか、かづ商工市内金融機関連携して実施している創業支援事業計画では、市の補助金を活用しない起業創業数については、平成29年度は5件、平成30年度は8件あることを確認しており、公的な支援の有無にかかわらず毎年一定数の起業家が誕生しております。 ○議長宮野和秀君) 舘花一仁君。

北秋田市議会 2019-12-10 12月10日-03号

◆8番(久留嶋範子)  この北秋田市内では、私方4人の議員のほかにも婦人会、それからJAとか商工女性部などという形で女性中心として活躍している任務分担もありますので、私は、それはそれですばらしいことだと思います。でも、地域に行きますと、なかなか女性の活躍の場が本当に少ないということが、特に議員になってからすごく感じていることがあります。 

仙北市議会 2019-12-10 12月10日-03号

平成31年の3月に、観光協会だったり、商工だったり、各種団体が手を携えて、DMO日本版DMO候補法人を立ち上げていただきましたけれども、その後、DMO高校生なども含めた若い方々のワーキンググループの開催していただいて、地域意見課題等の抽出などを行って、それらを4つの専門部会を通じて取り組むべき事業等を絞り込んで、実施に向かう財源の確保対策などを検討しながら、多様な関係者も市の観光施策に参画

鹿角市議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第2号12月 9日)

また、かづ商工若者地元就職促進を図ることから鹿角版地元就職情報誌を発行しており、関係機関としても若者地元就職に一生懸命に取り組んでいることがわかります。  市として、第7次総合計画の策定に当たり、市の将来を担う中学生、高校生を対象に、地元定着意識や市の将来像についての考えを調査したとされ、その結果について、またそれに対する今後の取り組みについて伺います。 ○議長宮野和秀君) 市長

男鹿市議会 2019-12-09 12月09日-03号

あそこ辺り、JR、それからオガーレ、商工会、観光協会、市と、連携してあの広場を何として使っていくかと。そのことを使って、男鹿市全体にどういうふうな、いい影響を及ぼしていくかと、そういうことをずっと長く付き合わなきゃだめだ間柄で、はったりや駆け引きは通じるもんではないと思います。私は、価格っていうのは神様が決めた一点しかない、お互いに納得できる一点しかない。

能代市議会 2019-12-09 12月09日-02号

この点では教育県ですので、教育分野のところでは、ぜひ名乗りを上げてほしいなと思うのですが、あとはいろいろな教育ではなく医療だとか商工関係、いろいろな幅広い分野でも、例えば企業誘致だとか、そういったものにもつながる大きなチャンスなのかなと思いますので、そういったところに対しての取り組みというところで、例えば今後、庁内検討するだとか、商工関係教育関係、いろいろな幅広い分野を含めた意見交換の場というものをつくるというのも