8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北秋田市議会 2016-06-21 平成28年  6月 定例会-06月21日−03号

県南部の可児市は、名古屋まで電車で約1時間。多くの若者は、高校卒業と同時に進学や就職で町を離れ、近接する都会へと流れる。主権教育とはまちづくりを主体的に考え、行動する人材を育てること。自分の手で町をつくる楽しさを知れば、地域への愛着も深まり、戻ってくる若者もふえるはず。主権教育がこの現状から町を救うかもしれないと期待の声が上がっています。  

北秋田市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会-12月15日−02号

ちなみに、名古屋では、実際に交付されるのが年度途中であっても、平成27年度一年分として来るのだからとして、今年度当初からその分を引き下げました。名古屋は、国保基金がゼロです。役所市民から預かった税金をためておくところではない。市民のために有効に使う、その仕事をするところだという市長の政治理念からです。

仙北市議会 2013-08-28 08月28日-04号

名古屋の市長は税金を下げるというふうなことを一番のキャッチフレーズといいますか、公約にして常に選挙を戦っておりますが、仙北市ではそれは全く無理なものでしょうか、ちょっと失礼な質問ですけれども、その点についてお答え願いたいと思います。 ○議長(佐藤峯夫君) 羽川市民生活部長。 ◎市民生活部長(羽川茂幸君) 初めに、短期保険者証、それから資格証明書の交付実績と交付理由についてでございます。 

鹿角市議会 2011-06-16 平成23年第4回定例会(第2号 6月16日)

特に名古屋の方とか、私も研修で名古屋に行ったことあるんですけれども、ここら辺ですと日中30度ぐらいなっても朝は涼しいんですけれども、名古屋は朝6時から暑いと。6時からクーラーをかけないと7月ごろは暮らせないということを、ちょっとですけれども体験させていただきました。名古屋の暑さは半端でないよということで、そういう話も聞いております。  

鹿角市議会 2010-09-14 平成22年第6回定例会(第2号 9月14日)

また、愛知県名古屋に本社を置きます大手スーパー、こういったところでも取り扱いが実績として報告を受けております。また、県内におきましては、AコープなどのJAグループの各店舗、それから生活協同組合、さらには県南、秋田市に本拠地を持つ大手スーパー、こういったところを中心として販路が確立されている状況にございます。以上でございます。 ○議長(黒澤一夫君) 田村富男君。

  • 1