396件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙北市議会 2021-03-05 03月05日-04号

今回ですね高橋豪議員一般質問でも触れられてございますし、また、ほかの議員皆さん方質問なさってる今回の水道の休止に至った問題なんですが、結果的にはいろいろな豪雪なり、または非常に台風並みの大風が吹いたために取水管のほうにいろいろその枝木やごみがファイバースコープでやれば出てきたと、発見されたというんですが、まあそれを防ぐためにですね、答弁の中でも、今後、まあ質問もなさってますけども、細かい網等

北秋田市議会 2021-02-19 02月19日-03号

次に、4)停電時の避難所開設についてのご質問でありますが、台風地震暴風雪などの災害に伴い停電が発生し、住民避難が必要と判断される段階で避難所を開設しておりますが、災害以外の停電についても、停電が長期にわたり市民生活影響がある場合には避難所を開設することとしておりますし、避難所に配置する非常用発電機は備蓄をいたしております。 

北秋田市議会 2020-12-15 12月15日-03号

このたびのコロナウイルス感染症影響により、密集した首都圏はリスクが高いという認識は日本国民全員が改めて認識したところであると思いますし、北秋田市は台風集中豪雨などの災害も少なく自然災害影響も少ないこと、また豊かな森林資源農業資源もあり、本来の人間らしい暮らしができることもアピールに加えて、今こそ我が市へと移住を喚起するべきと思います。 

由利本荘市議会 2020-12-08 12月08日-03号

最近は地球温暖化により、台風豪雨規模が以前に比べて大きくなり、降水量も時間雨量が100ミリを、日雨量で300から500ミリと桁違いの雨量を記録し、土砂崩れや河川堤防の決壊で多くの死者や住宅の流出・浸水が発生しています。 これまでのハザードマップは、数十年から100年に一度程度の大雨だったかと思いますが、今は1000年に一度の大雨を考慮したもので検討されていると思います。 

能代市議会 2020-12-07 12月07日-02号

初めに、エネルギー政策についてのうち、菅総理の示した2050年温室効果ガス排出実質ゼロの政策を市としてどう捉えているかについてでありますが、昨今の台風や大規模洪水等による被害地球規模における海面上昇による島国での高潮被害拡大等を引き起こす、異常気象原因とされる地球温暖化を緩和するため、温室効果ガス排出削減対策は世界的にも求められているところであり、菅総理所信表明もそうした状況を反映したものと

由利本荘市議会 2020-09-18 09月18日-05号

今後も台風等による被害が懸念されるが、市民の安全・安心のため迅速に対応されたいとの発言がありましたことを申し添えます。 続いて、本日追加提案されました議案第165号一般会計補正予算(第15号)でありますが、当委員会が審査いたしましたのは、歳入21款、歳出6及び11款でありますが、9月4日の大雨災害に伴う復旧費の追加が主なものであります。 

鹿角市議会 2020-09-14 令和 2年第5回定例会(第2号 9月14日)

○16番(兎澤祐一君) 選択肢が広がるということは非常に大事なことだなと思いますし、今回の九州台風のときの避難状況を見ていましても、地元のホテルに宿泊するケースが結構あったようですので、十分に検討いただいて、よろしくお願いしたいと思います。  次に、分散避難の定着についてお伺いいたします。  避難とは難を逃れることであり、必ずしも避難所に行くことではありません。

仙北市議会 2020-09-11 09月11日-03号

このごろでは、台風や長雨はもちろんそうでありますけども、これまで経験していない現象、事象も起きていることから、今後は水稲以外の農家の方々にも、危機管理を図るために農家のニーズに沿った加入促進をさらに進めていきたいというふうに考えております。 なお、新ビジョンを探る会で議論なったことでありますけれども、それらを持ち帰って現在があるという事業支援メニューもあります。

男鹿市議会 2020-09-07 09月07日-04号

私からは議案第101号男鹿一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、先ほど佐藤部長からも若干御説明がありましたけれども、今回の台風10号もあのぐらいのあらかじめ国等も相当の強い台風だということで危機意識を訴えて対策等を講じて、この後どのくらいの被害になるのかまだ現在では未定ですけれども、いずれにしても先回の台風9号を初め、今年はたまたま台風発生数は少ないわけですけども、大型の台風

男鹿市議会 2020-09-04 09月04日-03号

その規定の第2条では、放送事項、簡単にいうと、どういうものが放送できるのかということでありますけれども、一つとして、地震、津波、火災台風等の災害情報周知徹底に関すること、二つとして、住民の人命に関わる緊急・重要な事項に関すること、三つとして、気象警報に関すること、四つとして、市の一般行政連絡及び情報の伝達に関すること、五つとして、国・県、その他公共的団体等の広報・連絡に関すること等となっております

由利本荘市議会 2020-09-04 09月04日-04号

いずれにしましても、これまでの災害時の避難マニュアルなどについては、今回の新型コロナウイルス感染症を踏まえた対策などに改定するとともに、台風シーズンを迎える時期に入ることから早期に市民に案内・周知することが重要であると認識します。 当市における現時点のマニュアル策定状況や今後の方針を伺います。 以上、壇上からの質問といたしますので、答弁方よろしくお願いいたします。