152件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-06-21 平成30年第5回定例会(第3号 6月21日)

次に、議案第61号物品の購入について((新)鹿角市学校給食センター備品(移動台他25品目))及び議案第62号物品の購入について((新)鹿角市学校給食センター備品(Nキューブポット他107品目))についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から、給食センターに関連して、以前原材料等の納入業者向けの説明会が開催されたが、納入業者は既に決まったものかただしております。  

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

それで、何に使われているかというと、命の母Aの原材料になっているそうなんです。だから、そういった根っこ物であればさっき市長が言いました寒いところでもうまくやれるのかなと思いますけれども、どうでしょうか。 ○議長(宮野和秀君) 産業部長。 ○産業部長(田口善浩君) いろいろご意見は頂戴いたしました。

能代市議会 2017-06-13 平成29年  6月 定例会-06月13日−03号

確かにそういうことでやれる可能性はあるのだろうと思いますけれども、では幾らお金かかってもそういうことをやらなければならないかというと、先ほども申し上げたとおり、安全・安心な作物が、原材料が手に入るのであれば、そういうところに転嫁することも必要だと思っています。ただ、議員が指摘するように、できるだけ地元のものを使うという、そういう努力はしていかなければいけないと思っています。  

由利本荘市議会 2017-02-23 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号

28年度には、コミュニティ・スクールの事業として、教育委員会原材料費を予算計上し、広くボランティアを募り、住民の協力も得ながら、芝生の植栽を実施いたしました。  29年度も引き続き植栽事業を行う予定となっており、計画では、次の30年度には200メートルトラックの内側部分が芝生となる予定でありますので、御理解をお願いいたします。  以上でございます。

能代市議会 2016-03-24 平成28年  3月 定例会-03月24日−06号

審査の過程において、伝統的工芸品等後継者育成支援事業費の補正の概要について質疑があり、当局から、春慶塗を再現するための原材料費の整理と後継者育成奨励費補助金の2人分の予算に対して実績が1人だったことにより減額するものである、との答弁があったのでありますが、これに対し、春慶塗の後継者育成について質疑があり、当局から、二人の方が3カ年計画で再現活動に取り組んできたが、能代の春慶は他のものに比べて漆の調合

能代市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会-03月07日−02号

そのために行政は、最初の種となる部分についてお金を補助したり、原材料を提供したり、そういうことがある意味では原材料提供事業と変わりませんから、ぜひともやりたいので、そういうことをやって軌道に乗ったら自分たちで進めていく、そういうようなまちづくりができないかということでいろいろ話をさせていただく地域もあります。

由利本荘市議会 2016-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号

しかしながら合板価格が低下した場合は、本市で供給している原材料である原木価格に影響が出ることが予想されます。  市といたしましては、国がTPP対策として始める合板・製材生産性強化対策事業を活用しながら、間伐材の生産と路網整備を一体的に進め、低コスト化による原木供給体制を推進してまいります。

仙北市議会 2015-12-01 平成27年 12月 定例会-12月01日−01号

10月8日に社長が雄和の食肉流通公社に出向き、原材料の確保について相談している。食肉流通公社では、既に供給先が決まっているため、約2年後ぐらいであれば可能になる旨の話があった。企業締結している覚書では、進出期限は明記していないが、覚書期限が12月末であるため、それまでには現地法人の設立をしていただきたいと考えている。  

仙北市議会 2015-06-11 平成27年  6月 定例会-06月11日−02号

2点目でありますけれども、原材料の確保については、山林内で既に自生成長している自然樺の採取というものが一つと、山桜の人工植栽で将来にわたって樺を育て採取をする方法の、二つが大きく考えられます。いずれも角館工芸協同組合主体的に取り組んできております。  まず自然樺の採取に関してでありますけども、現在、青森県岩手県宮城県など東北を中心に行っています。

北秋田市議会 2015-06-03 平成27年  6月 定例会-06月03日−02号

平成26年度においては、上小阿仁森林管理署より路面の整備として原材料の砕石が提供されておりました。今後も安ノ滝の道路整備につきましては、粘り強く継続要望してまいります。  次に、②のブナ森線、まずもって、仙北市と北秋田市でもって期成同盟会を立ち上げるべきというご質問であります。

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

第1条、この条例は、由利本荘市内で製造された、又は市内産の原材料で製造された日本酒ワイン、地ビール焼酎等の酒類以下地酒という、による乾杯の推進について、市民の自主的な取組を後押しすることにより、地酒を愛飲する気運を醸成するとともに、地域食文化に対する理解を図り、もって地酒の消費拡大をはじめとする地産地消の促進、市内の観光産業並びに地酒の生産及び販売を業とする事業者以下事業者等という、の振興に資