60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北秋田市議会 2017-09-15 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号

その他の事業費につきましては、医療機器等整備にかかわる経費や解体費などがありまして、候補地によって解体する施設等が違いますので、概算事業費に約2,000万円の差がありますが、概算事業費が多い候補地では合計で約5億5,000万円の総事業費を見込んでおります。  次に、大きな項目の2番です。

男鹿市議会 2017-09-01 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月01日−01号

第10点として、薬剤及び医療機器の購入方法について。  第11点として、地域医療連携や訪問介護、2025年問題などへの取り組みについて。などの質疑に対し、当局からそれぞれ答弁があったのであります。  以上の審査経過により、本委員会に付託されました議案第82号平成28年度男鹿みなと市民病院事業会計決算の認定については、原案のとおり認定すべきものと決した次第であります。  

仙北市議会 2017-08-30 平成29年  9月 定例会-08月30日−04号

そこには、1つとして、医療機器航空機部品、新素材等の先進ものづくり分野。2つ目として、農林水産、農水産品の海外市場獲得等を目指す地域商社等の事業分野。3つ目として、第4次産業革命関連分野、AI、IoT、ビッグデータ等の活用でございます。4つ目として、新たなニーズをターゲットにした観光スポーツ文化、まちづくり関連分野。5つ目として、環境エネルギー分野。

仙北市議会 2017-06-02 平成29年  6月 定例会-06月02日−01号

費用は、患者数の減少に伴い材料費は大幅な減少となりましたけれども、新病院の開院に伴う移転経費や病院建築による新たな長期前払消費税償却や資本的経費による外構工事等、医療機器等購入などの控除対象外消費税を費用化したことなどの増額も要因となっております。  医療局については、一般会計からの繰り入れにより、事業費用と累積欠損金の解消に向け取り組んでいる現状があります。

北秋田市議会 2017-04-25 平成29年  4月 臨時会(第1回)-04月25日−01号

最後に、地域医療確保促進事業補助金は、市内に新規開業されるお医者さんに対しまして、開業助成金として500万円を補助するとともに、現在開業していらっしゃるお医者さんに対しましても、診療所の増改築や医療機器購入費の一部について助成する制度を創設しようとするものでございます。  次に、7款でございます。7款商工費では、商業振興子育て応援事業委託として1,200万円計上してございます。

由利本荘市議会 2016-12-01 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月01日−01号

同工場では、自動車部品や医療機器などの自動化生産設備の製造を行い、今月下旬に操業を開始する予定となっております。  次に、岩田光学株式会社についてであります。  由利地域に工場を置くカメラレンズ製造の岩田光学株式会社ですが、去る11月24日に東京地裁に民事再生法の適用を申請いたしました。受注状況が急速に悪化し、現状のままでの再建が難しいとの判断から、申し立てを行ったと伺っております。  

北秋田市議会 2016-06-20 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

それを例えば、内陸線を存続させたい、僻地の学校を維持したい、市民病院に特殊な医療機器を導入したい、廃校を利活用したい、という具体的な課題を提案することで、寄附者がプロジェクトに投資できるイメージをつくることができるのではないでしょうか。大館市では使途を特に指定しない方が35%もいるそうですが、これがなければ高額返礼品の過当競争が続いていくと危惧いたします。  

仙北市議会 2015-12-10 平成27年 12月 定例会-12月10日−03号

◎市長(門脇光浩君) 大変重要な御質問でありますので、少しお時間をいただいて御説明やら思いをお伝えさせていただきたいと思いますけれども、現在の市立角館総合病院医療連携業務でありますけれども、開業医等との高度医療機器、MRIだったりCTだったりでありますが、の共同利用であったり、紹介・逆紹介などが主なものとなっているという現状があります。

仙北市議会 2015-09-30 平成27年  9月 定例会-09月30日−05号

当局からは、医師住宅が2件、ほか耐用年数の過ぎた医療機器の除却で、内視鏡光源装置歯科超音波殺菌装置、電子内視鏡システムなどであるとの答弁がありました。  本案については、病院経営が厳しくなっている中、更に努力し業績を上げることの意見を付した賛成討論があり、全会一致で認定するべきものと決定いたしました。  以上をもちまして、市民福祉常任委員会の報告を終わります。

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

次に、議案第39号定住自立圏共生ビジョン形成方針の変更についてでありますが、これは、平成21年9月25日に議決されました形成方針に、地域中核病院医療機器整備等支援、子育て支援のためのネットワークづくりの推進、中山間地域資源活用事業、高付加価値農業導入支援事業、コミュニティ・スクールの推進と地域格差の解消、町内会機能の維持と活性化及び移住定住に関する取り組みの推進を加えるなどの変更であります。  

由利本荘市議会 2015-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月06日−04号

大館市では医療機器医薬品製造のニプロが札幌医科大との共同研究において、再生医療として脳梗塞や脊髄損傷の臨床試験に取り組んでおり、早ければ2020年にも薬剤製造を始めるということであります。また、ニプロのグループ会社ニプロパッチも大館市にアルツハイマー型認知症の貼り薬などを製造する新工場を建設する方向とのことであります。  

由利本荘市議会 2015-03-05 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月05日−03号

今年度は、診療所長が地域に出向き、健康地域医療に対する考えや、医療機器の整備により機能が充実した診療所の状況について直接住民に説明する機会を設け、理解とコミュニケーションの向上に努めているほか、新年度から訪問看護を開始し、訪問診療から入院治療まで切れ目のない在宅医療体制を整備することにより、より信頼される診療所運営と収入確保に努めてまいります。

北秋田市議会 2014-12-04 平成26年 12月 定例会-12月04日−01号

内容といたしましては、人件費と当初の見込み額調整によるもの、老朽化した医療機器の購入となっております。2款1項1目11節の医薬材料費につきましては、阿仁診療所と同様、ワクチン等の薬品不足による補正となってございます。  前ページをお願いいたします。  歳入でございます。歳入は、先ほどの歳出の補正額を歳入の関係項目に補正するものでございます。  よろしくご審議をお願いいたします。

由利本荘市議会 2014-03-19 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月19日−05号

次に、議案第55号診療所運営特別会計予算についてでありますが、歳入においては、診療収入一般会計繰入金及び診療所整備事業債、歳出では、新しい医師を迎えるに当たっての医療機器等備品購入費を初めとする各診療所運営費が主なものであり、歳入歳出予算の総額を4億7,184万8,000円とするものであります。  また、地方債として診療所整備事業の起債限度額等を設定するものであります。  

仙北市議会 2014-02-18 平成26年  3月 定例会-02月18日−01号

歳出につきましては、ほぼ経常的な内容でございますけれども、医療機器の整備として心電計、血球計数器、スパイルの更新をお願いしております。  なお、国保特別会計事業勘定及び施設勘定につきましては、2月13日に国保運営協議会に諮問しまして了承する旨の答申をいただいております。  以上で国民健康保険特別会計事業勘定及び施設勘定の説明を終わります。  

由利本荘市議会 2013-12-24 由利本荘市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月24日−04号

また、債務負担行為として、老朽化した医療機器を更新するための購入費を今年度から来年度までの期間、2,000万円を限度額として追加しようとするものであり、歳入歳出それぞれ219万7,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算総額を4億4,543万1,000円にしようとするものであります。  

由利本荘市議会 2013-09-06 由利本荘市議会 会議録 平成25年  9月 定例会-09月06日−03号

MRI、CTなどの高額医療機器の共同利用や、検体センターとして今後の医療の進歩や地域医師不足、偏在等に対応すべく、医療連携ネットワークの構築に努めておるようです。  しかしながら、現在の医療を取り巻く環境は非常に厳しく、大変難しいものがあると伺っております。  

男鹿市議会 2013-09-06 男鹿市議会 会議録 平成25年  9月 定例会-09月06日−01号

第9点として、個人病院との連携について質疑があり、当局から、個人病院からの紹介者の受け入れや、当院の医療機器を利用していただくことなどで個人病院との連携を深めており、また、地域医療に関する窓口を院内に設置し、定期的な話し合いをもっているとの答弁があったのであります。  

能代市議会 2013-03-07 平成25年  3月 定例会-03月07日−05号

◆17番(畠貞一郎君) 衛生費の山本組合総合病院に対する補助金に関してちょっとお伺いいたしたいのですけれども、今回約5000万円強の補助を出すということで、要望書等も見せていただきましたけれども、この要望書を見るにおいては、「中核的医療機関である山本組合総合病院は、改築から20年以上が経過し、施設設備の大規模改修や救急医療等に不可欠な高額な放射線医療機器等の早急な更新が求められています」ということで