3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

次に、医療の確保についてでありますが、医師不足の解消につきましては、昨年7月に改正された医師医療法において、三次医療圏、二次医療圏ごとに医師の偏在の状況を全国ベースで客観的に示した医師偏在指標を踏まえ、都道府県医師確保計画を策定することが義務づけられました。  秋田県では平成31年度中に計画の策定作業が行われますが、これに基づき医師不足医師偏在対策を進めていくことになります。

男鹿市議会 2014-09-05 男鹿市議会 会議録 平成26年  9月 定例会-09月05日−01号

第7点として、男鹿みなと市民病院における医師標準数について質疑があり、当局から、当院における医師に基づく医師標準数は14.81人となっており、現在、常勤医師のほか、臨床研修医、非常勤医師大学からの派遣医師を合わせると充足率は112パーセントとなっているが、常勤医師だけでは充足していないとの答弁があったのであります。  

男鹿市議会 2005-06-14 男鹿市議会 会議録 平成17年  6月 定例会-06月14日−02号

次に、心肺機能の停止効果を発揮するAED、自動体外式除細動器の普及促進についてでありますが、昨年国の機関において一般市民がAEDを使用することは反復性、継続性を伴わないことなどから、医師違反にならないことが確認され、救急現場での利用が可能となりました。

  • 1