155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙北市議会 2020-03-06 03月06日-04号

逆に離されちゃうというか、そういうのも伺っておりますし、ですので、この秋田県にせっかく秋田大学医学部っていうのがあるんだから、だとすれば、きちっと医師の偏りというか、秋田市は充足率はもう100%超えてるわけで、ほかが足りない足りないって嘆いている、全県的に。そしたらやっぱりこれ県の役割っていうのも非常に大事じゃないかな。

仙北市議会 2020-03-05 03月05日-03号

そこの東温市は四国で一番お医者様の数が多い、医学部がありますので多いということがあって、その東温市さんとの交流のときに行ってお話をさせていただいたということですので、わざわざ行ったということもありません。ですので、議員は随分その医師不足で全国駆け巡ったという話をよく私の前でもされますけども、その度にそうでなくてですねという話をさせてもらっているということをどうか御理解いただきたいと思います。 

北秋田市議会 2020-02-27 02月27日-01号

市民病院医師充足については、秋田大学医学部及び県に対する医師派遣要請や、常勤医師奨励金制度を継続してまいります。また、将来の医師看護師等養成に向け、高校への進路ガイダンスインターンシップ受入れなどで、指定管理者とともに人材確保に取り組みながら、一層の経営改善と質の高い医療サービス提供に努めてまいります。 国民健康保険合川診療所米内沢診療所阿仁診療所。 

能代市議会 2019-12-18 12月18日-05号

次に、整理番号第28号医師養成定員を減らす政府方針の見直しを求める意見書提出についての陳情は、採択すべきであるとの意見として、厚生労働省は、2033年には医師需給が均衡するとの将来推計根拠に、2022年度以降の医学部定員の減員に向け、医師養成数方針等を見直していくべきとし、2022年度以降の医学部定員減について検討することを打ち出した。

北秋田市議会 2019-12-10 12月10日-03号

去年話題になりました女子の受験生が性別を理由に不当な扱いを受けていた医学部の入試問題とかセクハラ、性被害を今告発するミートゥーという運動が世界的にも広がっております。まだ男性中心の社会ではないかと思われます。今、男女平等と言われておりますが、先ほど説明ありましたように賃金の格差、それだけでなく今なお女性への差別という言葉がまだまだあるのではないかと思います。

仙北市議会 2019-12-10 12月10日-03号

大体私は来たときにすぐ話したけども、あなた、医師招聘事業なんかやったって、これもう、ここは秋田大学医学部の縄張りだから、医学部長のもう反発買うばかりで何もならねえよという話もした記憶もございますけれども、その後、よその話あまりしなくてもいいんだかもしれませんけれども、北秋田市でもやっぱり津谷市長も非常に北秋田病院医師が足りないということで、あの後ですけれども、工藤進英さんという大腸がんの権威

男鹿市議会 2019-06-19 06月19日-03号

現在までの具体的な取組としましては、小・中学生国際教養大学秋田大学医学部の訪問や首都圏大学スポーツ合宿理科実験教室、メディカルサイエンスカフェ、野球少年向け投球障害予防教室のほか、文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」として秋田大学が実施したセルフケア講座などが挙げられます。 

北秋田市議会 2019-02-28 02月28日-01号

市民病院医師充足については、引き続き秋田大学医学部及び秋田県に対し医師派遣要請するほか、招聘策として常勤医師奨励金制度を継続してまいります。また、今後の医師看護師等確保についても、高校への進路ガイダンスインターンシップの実施を行うなど、指定管理者とともに人材確保に取り組んでまいります。 

仙北市議会 2019-02-25 02月25日-01号

また、懸案となっている精神科医師確保は、秋田大学首都圏医学部附属病院関係者との協議を継続しております。国にもこの窮状を説明し、改善要請中であります。秋田県からの派遣医師は、昨年同様3人の派遣が内定したほか、医師修学資金貸与者産婦人科医師1人の赴任を予定しております。 なお、退職される西野院長については、4月以降も非常勤医師として週数回の診療をお願いしております。 

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

この医師のみならず看護師確保も極めて非常に難しいという状況、そして産婦人科における大館市立病院への分娩集約化秋田大学医学部、岩手医科大学医学部そして弘前大学医学部の3教授主導で進められたということで、将来の医療提供体制を見据えた機能の分化が既に始まっているんだということだと思います。

男鹿市議会 2018-09-03 09月03日-01号

また、7月24日には、小学生18人と中学生9人が秋田大学医学部を訪問し、シミュレーションによる医療技術体験医学部生との懇談を行いました。この事業も、ことしで5年目を迎え、医師看護師など医療仕事関心をもってもらうことを目指しております。 次に、男鹿ナマハゲロックフェスティバルについてであります。 

能代市議会 2018-06-18 06月18日-02号

最近、いわゆる国有地売却価格をめぐる森友問題、そして大学獣医学部誘致の文部科学省と加計問題、自衛隊の日報問題などに見る公文書管理のあり方及びあってはならない公文書の改ざんが、国会論議をにぎわしております。 親元のこのような中で、それでは地方自治体は何を頼りに、何を指針にしながら行政を進めているのであろうか、との思いがあります。