356件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-09-09 令和元年第5回定例会(第2号 9月 9日)

しかし、認証を取得することで、農場の見える化による衛生意識の向上や、飼養管理体制の強化、安全食品を提供する生産者であることのPR効果なども見込まれますことから、今後につきましても、認証取得を希望する農場に対し、指導助言等の支援を行ってまいります。 ○議長(宮野和秀君) 兎澤祐一君。

鹿角市議会 2019-08-30 令和元年第5回定例会(第1号 8月30日)

これは従来から利用しているポータルサイト「ふるさとチョイス」に加え、新たに「楽天」サイトの利用を開始し、それぞれのサイトが持つ機能を効果的に活用するとともに、返礼品の取り扱いを市内事業者に委託したことで、返礼品となる特産品の特徴や生産者の思いなどもアピールできたことが本市の魅力向上と寄附の増加につながったものと分析しております。  

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

また、高齢者への免許証の自主返納のPRについては、出前講座や交通安全市民大会などの機会を通じて、認知機能の低下による運転の危険性や安全意識の向上の啓発にあわせ、免許証の自主返納についても呼びかけておりますが、家族や周囲の人からの勧めも効果的であることから、社会全体で自主返納しやすい環境づくりを進めてまいります。 ○議長(宮野和秀君) 栗山尚記君。

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

市内のスーパー等において年末のそばの需要期に合わせて販売されているケースもあり、PRによる波及効果があらわれてきていると考えているとの答弁がなされております。  さらに委員からは、松館しぼり大根についての情報共有を行い市民がPRできるような方法をつくることができないかただしております。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

すばらしい景観やセラピー効果の中での観光や自然体験などを団体客や家族個人客に対しても十分にアピールできる材料がたくさんあります。残念ながらここ数年の十和田八幡平観光はしぼんでしまったように思いますが、その原因についてどのように捉えておりますか。また、国立公園満喫プロジェクトはどのような効果をもたらすのか、また十和田八幡平観光の本格的な再生に向けた考えはあるのかどうか伺います。  

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

ですので、どこの部門をてこ入れすれば一番鹿角に産業活性化の効果が高いか、いわゆるお金が回るか、落ちるかといったところを見きわめるのに大変いい資料になると思っています。ですので、平成27年に鹿角市が6次総の後期基本計画をつくる際に、政策研究所で鹿角の基幹産業は何かということで調べるためにこの連関表を作成いたしました。

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

観光宣伝の推進については、大手旅行ウエブサイトと連携した集中プロモーションを継続するほか、葛飾区で開催されるイベントに参加し、食や歴史文化を初めとする本市の魅力を発信し、首都圏に向けて効果的なPRを展開してまいります。また、新たに整備する鹿角花輪駅前観光案内所については、施設機能を充実させ、観光客へのおもてなしと利便性の向上を図ってまいります。  

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

さきの葛飾区実行委員会において、来年度の出演は可能との回答をいただいており、盆踊りを通じた区民同士の交流や葛飾の魅力発信を目的としたこのイベントには2万1,000人もの参加があることから、PRの場として高い効果が期待されますので、首都圏における本市の国重要無形民俗文化財の魅力発信はもとより、毛馬内盆踊り保存会の活性化にもつながるよう協議を進めてまいります。  

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

毎年実施するアンケートの実施目的は、第6次鹿角市総合計画において将来あるべき姿として、笑顔がつながり活力を生むまち・鹿角を将来都市像として定め、その実現を目指していることから、行政評価制度の外部評価の一環として施策の効果とニーズを調査、把握するとともに、市民意識や意見等を集約し、今後の施策推進に活用することを目的としております。  

鹿角市議会 2018-06-21 平成30年第5回定例会(第3号 6月21日)

さらに、委員からは、登録を受けることにより期待できる効果についてただしております。  これに対し、登録を受けることにより、担い手の増加、取引の拡大、模倣品の排除、価格の上昇などの効果が期待できるが、「松館しぼり大根」については、生産量を二、三年で劇的に増加させるのは難しいと考えており、付加価値による価格の上昇を目指していきたいと考えているとの答弁がなされております。  

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

また、地域への経済波及効果は、全国中学校スキー大会が保護者の応援など来場者が多いことから最も大きく、次いで国体、インターハイ、インカレの順となっております。前回、平成26年のインターハイの経済波及効果は約1.8億円と試算しており、宿泊、飲食業などを中心に本市の冬場の地域経済にもたらす効果は非常に大きいものがあります。 ○議長(宮野和秀君) 児玉政明君。