826件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-24 令和元年第4回定例会(第4号 6月24日)

次に、議案第55号令和元年度鹿角市一般会計補正予算(第2号)中、歳出4款3項水道費、5款労働費、6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費、11款災害復旧費についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から出されました質疑・意見等の主なる内容について申し上げます。  初めに、5款1項1目労働総務費の若年者資格取得支援補助金について、どのような資格の取得を想定しているかただしております。  

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

次に、議案第29号平成31年度鹿角市一般会計予算中、歳出4款3項水道費、5款労働費、6款農林水産業費、7款1項1目商工総務費、2目商工振興費、4目企業誘致対策費、2項観光費、8款土木費、11款災害復旧費についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から出されました質疑、意見等の主なる内容について申し上げます。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

通年での生産を行うための経営資金の調達と安定した労働力、労働者の確保も大変大切であると考えております。市では、生産者や事業を検討している方へ今後どのような支援、指導を行っていくものかお尋ねいたします。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

雇用拡大策推進との整合性につきましては、国全体が人手不足となっている中、企業誘致等による雇用拡大策だけを推進することは、地域労働力の分散による生産性の低下を招きかねないという懸念もありますが、一定の人口規模を維持することを目指す本市の実情を踏まえると、企業誘致は選択肢がふえることによる若者の流出防止や潜在的労働力を掘り起こすことによる地域経済の活性化を誘発する側面もありますので、地元企業への支援とともに

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

雇用の安定については、秋田労働局との雇用連携協定や、管内5つの機関との共同宣言の連携のもと、地元企業情報発信と労働力のマッチング機能を強化するとともに、大手就職支援サイトとの連携や移住者の地元就業への支援のほか、若年者の資格取得支援策を拡充しながら地元就職につなげてまいります。  

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

次に、30陳情第6号「介護労働者の労働環境及び処遇の改善」のために国に対し意見書の提出を求める陳情、30陳情第7号看護師の全国を適用地域とした特定最低賃金の新設のために国に対し意見書の提出を求める陳情、30陳情第8号安全・安心の医療介護の実現と夜勤改善と大幅増員のため国に対し意見書の提出を求める陳情、30陳情第9号75歳以上の後期高齢者医療自己負担を2割にしないことを国に求める陳情及び30陳情第10

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

○16番(兎澤祐一君) 次に、厚生労働省は、ことし3月、2016年度の介護施設職員による高齢者虐待が452件に上ったことを公表しております。これは、10年連続の増加で、過去最多となってきております。その種類を見ると、暴力などの身体的虐待が65.5%を占め、心理的虐待介護放棄もそれぞれ3割に達しております。虐待を受けた高齢者の38.3%は、過剰に身体を拘束されていたとの報告があります。

男鹿市議会 2018-09-21 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号

5款労働費1項労働諸費は59万1,000円の追加で、旧総合技能センター災害復旧費であります。  10款教育費5項社会教育費は77万1,000円の追加で、民俗史料収蔵庫災害復旧費などであります。  11款災害復旧費は366万6,000円の追加でありますが、2項公共土木施設災害復旧費は58万円の追加で、倒木撤去の手数料であります。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

また、本市全体の取り組みといたしましては、ハローワーク鹿角、秋田県障害者就業・生活支援センター等の関係機関と連携し、障害者の生活、雇用、就労を支援しており、加えて平成30年2月には、厚生労働秋田労働局との間で鹿角市雇用対策協定締結し、障害者雇用に関し目標値を定めるとともに、働きやすい環境づくりと雇用の促進について連携して取り組みを進めているところあります。

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

製品の規格基準を定めた改正厚生労働省令が8月8日施行されました。市販されるようになるまでは1年以上かかる見通しですが、液体ミルクは常温で保存でき、容器に吸い口を装着すればすぐ飲めるもので、粉ミルクのようにお湯でとかしたり、哺乳瓶の洗浄や消毒をする必要はなく、海外では広く利用されています。

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

また、ケアシステムの持続可能性確保の観点からも、効率的なサービス提供推進のため、医療従事者等構成する人材の確保や労働環境の整備は、喫緊の課題であります。これらを踏まえ、以下、質問致します。  一つとして、男鹿版地域包括ケアシステム実現に向けた現状と、目指すべきケアシステムの方向性の明確化や、効率化・適正化を図ることを可能にするための共通基盤構築について。  

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

計画は、市が所有する市有林については市が作成し、私有林については、林業労働力の中心的な担い手である森林組合へ経営委託し作成しております。  市では、今後も間伐をはじめとする森林施業を計画的に実施していくため、森林組合森林所有者と連携し、森林経営計画の面積拡大に努め、森林振興を図ってまいります。  次に、CLTの取り組みについてであります。  

男鹿市議会 2018-06-26 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号

また、明日の日本を担う子どもたちを育む学校現場において、教職員人間らしい働き方ができるために長時間労働是正が必要であり、そのための教職員定数改善は欠かせません。  義務教育費国庫負担制度については、小泉政権下の「三位一体改革」の中で国庫負担割合が2分の1から3分の1に引き下げられ、自治体財政を圧迫しています。