運営者 Bitlet 姉妹サービス
12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-06-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号 市長のトップセールスをもって民間企業と協議し、民間施設と公的施設を組み込んだ公民連携事業を立ち上げていただきたいと以前から申し上げておりました。ぜひ実現させていただきたいものであります。市長の前向きな考えをお聞かせください。  次の第4問目は、漁業環境の改善と安全対策についてであります。   もっと読む
2016-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号 ですから、そういうふうなこともありますので、これをぜひ公民連携事業の模範となるような事業になるように、市の方からも受け身じゃなくて積極的にやってもらいたいんですよ。やっぱりこれは、のるかそるか、男鹿市の大きな一つの課題だと思いますので、積極的にやっていく意思はおありですか。 もっと読む
2016-06-13 能代市議会 平成28年  6月 定例会-06月13日−02号 また、次世代に負担を残さない持続可能な財政運営のため、PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)、いわゆる公民連携手法の研究や、脱補助金依存、また公務員の民間経営意識の醸成の必要性を主張してまいりました。地方創生とは、あくまで国が主導するもの。国が敷いたレールの上を進むのではなく、地方が主導でレールをつくる。 もっと読む
2016-06-13 仙北市議会 平成28年  6月 定例会-06月13日−03号 その際に、先ほど後段の御質問でありましたけれども、計画的な長寿命化対策、統廃合、転用、PPP、これは公民連携であります、具体的には指定管理等という制度があったり、包括的な民間委託であったり、アウトソーシングであったりがありますけども、など幅広に検討することが必要だと考えております。 もっと読む
2016-03-08 能代市議会 平成28年  3月 定例会-03月08日−03号 能代公園整備に当たっては、市から委嘱された市民によって編成される能代公園利活用懇談会が設置されており、市民からの意見や要望を直接集約する場を設けて整備方針を模索した姿勢は、今後公民連携のまちづくりを進める上でも望ましい手法であると思います。 もっと読む
2015-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月07日−02号 それらのことから、今後事業をするとしたら、公設民営ではなく公民連携手法を取り入れるべきです。初期投資を官民がパートナーを組んで行い、行政任せではなく民間が運営主体となる公民連携施設として計画を立て直すべきです。  さらに、奥まった船川地区に9億円もの税金を投入し、複合観光施設をつくることの是非を問います。現状から見て、船川地区は人が集まる商業圏としての発展は望めないのではないでしょうか。 もっと読む
2015-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月07日−04号 たくさんの議員の中でも、そういうふうな考えを持っている方が多いわけでございますけれども、そういうふうにまず指定管理者制度じゃなくてですね、やっぱりあそこの場合はですね、複合施設の場合は、やはり、できれば公民連携施設にしていただければありがたいんですが、公設民営としていますよね。 もっと読む
2015-09-03 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月03日−02号 逆に、公民連携の手法のように、事業規模に対応した初期投資を官民がパートナーを組んで行い、より高い利益を生み出そうとして売り上げの水準を上げていこうという、そういうサイクルの先にこそ、活性化が見えてきます。公設民営方式では、経費面でもマイナス効果を生み出します。 もっと読む
2015-06-22 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月22日−04号 プロジェクトの事業実態は、公民連携手法による民間の提案を生かしたPPP事業です。  まちづくりの手順、運営手法などについて研修し、エリア内を見学してきました。主な施設内容としては、直売所、飲食コーナーなどの民間部門と図書館、子育て応援センターなどの公営部門、情報交流館などの共有スペースです。現地を視察し、なるほどと感心いたしました。  そこでお尋ねいたします。 もっと読む
2014-12-08 鹿角市議会 平成26年第6回定例会(第2号12月 8日) 国、県、町の補助金は使わず、パブリックプライベートパートナーシップによる公民連携の開発であり、このプロジェクトは2009年に紫波町が策定した紫波町公民連携基本計画に基づき、若い世代の人口流出や商店街区の活性化、子育てしやすい環境、雇用の確保といった課題に、民間と行政が一体となって取り組んでいる事業と聞いております。 もっと読む
2014-12-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月08日−02号 例えば、公民連携事業を打ち上げるとかですね、いろんな方面に話をかけて、公と民が一緒になってあそこに何かをつくると、そういうふうな事業をこれからやはり市でも取り組んでいかなければ、ますますあそこに来るところがなくなります。今もどんどん人口が減っておりまして、船越も減っております。 もっと読む
2014-12-08 鹿角市議会 平成26年第6回定例会(第2号12月 8日) 国、県、町の補助金は使わず、パブリックプライベートパートナーシップによる公民連携の開発であり、このプロジェクトは2009年に紫波町が策定した紫波町公民連携基本計画に基づき、若い世代の人口流出や商店街区の活性化、子育てしやすい環境、雇用の確保といった課題に、民間と行政が一体となって取り組んでいる事業と聞いております。 もっと読む
  • 1